強運のサバイバー猫・ポキ!保護から家猫になるまでの軌跡vol.2

強運のサバイバー猫・ポキ!保護から家猫になるまでの軌跡vol.2

現在、他の3匹の家猫たちと幸せに暮らしているポキ。実は高速道路で発見された保護猫でした。(1)では保護直後の様子をお伝えしました。(2)では、保護の翌朝から、病院の検査結果までをどうぞ。

502view

シモの自己管理できるたくましい猫

保護時のポキはこちら

前回の様子は、「強運のサバイバー猫・ポキ!保護から家猫になるまでの軌跡vol.1」こちらの記事でご紹介しました。

翌朝のポキ

先住猫(コハク)から離れた部屋に設置したケージにポキを入れ、ケージのとびらは開けておきました。ケージのすぐ外には砂なしトイレ(余分な砂がなかったので…)を。トイレに敷いてある段ボールのようなものは、尿取りパッドだそう。するとどうやら、朝までにオシッコは無事、トイレにしてくれたようです。

で、当のポキはというと…病院に連れて行くまで午前中ずっと、部屋の隅のキャットツリーの下にいました。いちばん落ち着く場所だったのですね。

一方、ポキは排便場所に困ったよう。やっぱり大の方は、砂がないとね…。ポキが用を足したのは、ゴムの木の鉢植えの中でした!ポキ、偉い!ちゃんと土を引っかいて穴を掘ったのねえ。動画ではカメラが植木鉢に寄って行くと、コロンとした、それらしいのが、見えるか見えないか、微妙なところ…。

ケア

車で病院に向かいます。ポキ、疲れているからか、性格なのか、段ボール箱の中に大人しくしています。動画では初めて、「ナーァ」としっかり鳴く声を聞けました。

切り替わった場面では、ポキを馴染みの獣医師に預け、いったん帰宅する車の中。レイチェルさんがこの動画で初めて顔出しです。全面的に信頼できる医師とのこと。それは猫飼いさんにとって貴重ですね。レイチェルさん、ポキが骨折もしているのではないかと心配しています。

そしてその翌日。病院を再訪して、いよいよポキの体の状態を頭のてっぺんから尻尾の先まで確認しましょう!

まず、ひとつ。ポキはオス(♂)でした。レイチェルさんはずっと、ポキを「彼女(She)」と表現していたのです。そして、まだ生後半年か7カ月程度の若い子でした。

上半身は問題なし。問題は下半身です。シッポの状態は見ての通りで、断尾が必要です。そして思った通り左足に2か所骨折していましたが、観察を続けながら手術せずに自然治癒を目指すことになりました。

血液検査の詳しいレポートももらいました。問題ありません。

猫白血病ウィルス、猫エイズウィルスも陰性です!よかったねえ。

胃には寄生虫が見つかりました。これからしっかり駆除します。

ポキ、エリザベスカラーをつけて盛んに元気に鳴いています!実はこれまでまだ、ポキは名無しでした。この時に初めて、「ポキ」になったのです。漢字もあるんですよ、ポ=歩、キ=生。歩いて生きる。生きて歩く。いい名前!

ここでレイチェルさん、全ての検査と処置の代金明細を大公開!(病院名は伏せてます。)

実はいちばん高額になったのは、ポキの入院滞在費。明細上は「ペットホテル」と記載されていますが、病院で預かってくれるそう。この後2カ月にわたってレイチェルさんの母国米国に夫婦で滞在することになっていたのです。2カ月入院は高額になるので、入院費は半額の出血大サービスしてくれたとか!ありがたいですねえ。ポキの様子も把握してもらえます。ひたすらありがたい!

それから

帰宅する車中のレイチェルさん、色々な面でかなりホッとした様子。

2カ月後、ポキが元気になって家に連れ帰る時の問題は、先住猫、若くてエネルギッシュなオスのコハク(ハク)。さらに、まもなくもう1匹が加わることになっているのでした。(ナギですね。)つまり、ポキも合わせて、3匹になる予定!みんな仲良くなってくれるかなあ?レイチェルさん、苦笑いです。

その心配は無用だったことは、これまでに紹介したコハク、ポキ、ナギの動画でもう証明済みですね。

レイチェルさんの口に時々「ヒナ」という名前があがります。彼らが以前に飼っていて、たった7カ月で遺伝病のためなくした猫さんです。ずっと心に刻まれているんですね。…あれ?ポキ、生後7か月。全くタイプの違う猫、骨折、断尾、寄生虫を背負って、それでもたくましく生きる子。図太くたくましい。それは飼い主にとって何よりの安心材料になるのかもしれませんね。

入院2カ月、その後すっかり家族の一員になったポキを、後日の動画記事で一気にお見せします。引き続きお楽しみに!

仲良しコハク、ポキ、ナギの動画

可愛い練習風景は「【猫は「お手」を覚える!?「お散歩」は?? 愛猫の個性を見極めて!」こちらの記事でご紹介しました。

こんな技も「まるでコント!仲良し3猫のベル鳴らし芸♡」おてのもの♡

微笑ましい日常に「3匹の個性豊かな猫たち!にぎやかで楽しい毎日に思わず笑顔♡」思わずほっこりします。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:『Rachel & Jun』『Rachel & Jun's Adventures!』『JunsKitchen』

Rachel & Jun

日本人のジュンさんと米国人のレイチェルさんのご夫婦が運営するYouTubeチャンネルでは、猫の「コハク」「ナギ」「ポキ」それに一時預かりの「ピチ」との生活を見せてくれています。

▼▼ YouTubeチャンネル『Rachel & Jun』 ▼▼
https://www.youtube.com/channel/UC4yqcgz49APdbgj0OMv7jpA

▼▼ YouTubeチャンネル『Rachel & Jun's Adventures!』 ▼▼
https://www.youtube.com/c/RachelandJunExtra

▼▼ YouTubeチャンネル『Jun's Kitchen』 ▼▼
https://www.youtube.com/channel/UCRxAgfYexGLlu1WHGIMUDqw

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/RachelAndJun

▼▼ 公式Instagramはこちら ▼▼
https://www.instagram.com/rachelandjun/

スポンサーリンク