スコティッシュフォールドはどんな猫?特徴や値段、飼い方まで

スコティッシュフォールドはどんな猫?特徴や値段、飼い方まで

スコティッシュフォールドは、猫好きの人やこれから猫を飼いたい人にとても人気のある猫の種類です。スコティッシュフォールドとはどんな猫なのでしょうか?スコティッシュフォールドの特徴、値段、そして飼い方についてご紹介します。

1758view

スコティッシュフォールドの特徴と性格

白い背景のスコティッシュフォールド

特徴

スコティッシュフォールドは、イギリスのスコットランド地方にいた、1匹の耳の折れた猫が始まりと言われています。

スコティッシュフォールドの一番の特徴は、耳が折れている、折れ耳の猫であることだと言えるでしょう。ただし、スコティッシュフォールドの全てが耳折れではなく、小さめの立ち耳を持っているものもいます。割合は、全体のうち折れ耳は3割という説や、同じくらいだという説もあります。

スコティッシュフォールドは生まれた時には全て耳が立っており、将来折れ耳になるものは、生後3週間を過ぎた頃から耳が折れ始めます。また、スコティッシュフォールドは長毛も短毛もいて、毛色もあらゆるものが存在します。

遺伝疾患の影響を少なくするために、アメリカンショートヘア、ブリティッシュショートヘア、エキゾチックショートヘアなどと交配したために、様々なスコティッシュフォールドが生まれたと考えられます。

更に顔が丸く、目も丸く、体はがっしりとしていますが、丸みがあり、かわいらしいところもスコティッシュフォールドの特徴だと言えるでしょう。折れ耳の様子や全体的に丸くて柔らかそうな姿から、ふくろうやテディベアのようだと言われることもあります。

スコティッシュフォールドの行動の特徴では、腰を抜かして座っているような、通称スコ座りという特徴的な座り方をするものが多くいます。このスコ座りに魅力を感じる猫好きも多いのですが、これは股関節や腰の形成不全が原因で、このような座り方をするのではないかと言われています。

スコティッシュフォールドは、近親交配がなされてきた歴史があるため、遺伝性の疾患に気をつける必要があります。

スコティッシュフォールドによくある病気は、骨瘤というものができる、遺伝性骨軟骨異形成症というものです。手足の関節や尻尾などの軟骨に瘤ができて、痛みを伴い、歩行困難になることもあります。

そのため、スコティッシュフォールドは、折れ耳同士の交配をしないようにし、アメリカンショートヘアやブリティッシュショートヘアとの交配をすることで、遺伝性の病気を防ぐようにすることが推奨されています。

性格

スコティッシュフォールドの性格は人懐っこくて家族が大好きで、他のペットともうまく付き合うことができます。ただ、家族の中にお気に入りがいて、その人に特に懐くということもあります。

また、模様替えや引っ越しなどの環境の変化にもあまり動じることがなく、比較的早く慣れることができると言われています。来客があっても、あまり怖がらずに寄っていくことが多く、人に興味があって好奇心旺盛な性格をしています。

スコティッシュフォールドは活発で遊ぶのが好きな猫ですが、落ち着いていて穏やかで、声は小さく、おとなしくしていることもできる性格です。

餌が欲しい時や遊んでほしい時には、じっと見つめてきて、鳴かずにすり寄ってきて静かにアピールをするような控えめな面もあります。膝に乗ってくることは好きですが、抱かれるのは好きではないという個体も多いようです。

スコティッシュフォールドの価格

スコティッシュフォールドの子猫3匹

スコティッシュフォールドのブリーダーさんから譲り受けると、価格の平均は17万円ほどです。ペットショップでは、ブリーダーさんから譲り受けるよりも数万円高くなる傾向があります。価格の幅としては、数万円から30万円ほどが一般的です。

血統の良いものや、理想的な体型に近いもの、またスコティッシュフォールドの月齢によっては、価格は更に高くなることもあります。

立ち耳よりも折れ耳、短毛よりも長毛、毛色は三毛や混じり毛なしホワイトなどのスコティッシュフォールドが、高い価格になる傾向があります。

スコティッシュフォールドと出会える場所

キャリーケースから出るスコティッシュフォールド

ペットショップ

猫がいるペットショップでは、スコティッシュフォールドは人気のある種類のため、必ず1匹入る可能性が高いと言えるでしょう。ただし、必ず折れ耳や好きな毛色のスコティッシュフォールドがいるかどうかは、店舗に行ってみないとわかりません。

ペットショップでスコティッシュフォールドを購入する時には、子猫がどこで生まれたのかをお店の人に聞いてみると良いでしょう。これは、しっかりとしたブリーダーさんの元で生まれた子猫かどうかを確認するためです。

子猫がどのようにして生まれてきたのかを確認することで、そのペットショップが、正しく子猫を仕入れているかどうかを知ることができます。

納得のいく説明ができなく、あやふやな答えが返ってくるようなペットショップでは、猫を買わない方が良いでしょう。

ブリーダー

スコティッシュフォールドをブリーダーさんから購入する時には、ペットショップよりも良いところがいくつかあります。

まず、どのような環境で生まれて育ってきたかが、わかるということです。折れ耳同士の交配によって生まれたものではないか、母猫とちゃんと過ごしてきたかどうか、良い環境で育ってきたかどうかなどが確認できます。

また、ブリーダーさんに連絡をとっておくことによって、毛色や耳の状態を確認して、好みのスコティッシュフォールドの子猫を手に入れられる可能性が高くなります。

さらに、直接ブリーダーさんから購入することで、ペットショップで手に入れるよりも少し安い価格で子猫が手に入ることもあります。

里親募集サイト

保健所、動物愛護センター、動物保護センターなどといったところで猫を見つけることで、捨てられたり保護されたりした猫の里親になることができます。

里親募集をしている施設は、それぞれの施設によって、愛護センターや動物ネットワークなどと、名前が違っている場合もあります。

各都道府県に、動物愛護センターや動物管理センターが配置されていますので、住まいの地域にある施設のサイトを見て、譲渡会の情報を手に入れましょう。

里親募集サイトでは、募集が月に何回あるか、毎週なのか、開催時間など、譲渡会の情報が記載されています。事前に予約が必要な場合もあるので、よく確認をしてから行きましょう。また、必ずスコティッシュフォールドがいるとは限りませんので、定期的にサイトのチェックをしておくと良いでしょう。

猫の里親募集は、民間の団体でも行っているところが多数あります。
猫の保護を自ら行って里親探しをしている団体もあれば、猫を保護して里親探しをしている人と、猫の里親になりたい人を仲介してくれるという団体もあります。

しっかりと保護団体の審査をしているところも多いので、そのようなサイトから子猫を譲り受けることで、安心してスコティッシュフォールドを迎えることができます。保健所などで殺処分が行われる予定の猫を保護して、里親募集を行っているところもあります。

スコティッシュフォールドの飼い方

餌のお皿とグレーのスコティッシュフォールド

スコティッシュフォールドは、短毛も長毛も、定期的にブラッシングをしてあげる必要があります。特に長毛のスコティッシュフォールドは柔らかい被毛を持っているため、毛が絡まりやすいのと、抜け毛を飲み込むことで毛球症になりやすくなっています。

また、折れ耳のものは、耳が汚れやすい傾向があるので、こちらも定期的に耳をチェックして、汚れていれば綿棒などで優しく掃除をしてあげましょう。さらに、スコティッシュフォールドには遺伝性骨軟骨異形成症という病気や、内臓の病気になりやすいとされています。

スコティッシュフォールドの遺伝性の疾患は、5歳頃に成長するまでに発症することが多いので、ふだんの様子をよく観察して、症状が出たら早めに病院に連れていくようにしましょう。

穏やかでおとなしく、鳴き声も小さいスコティッシュフォールドですが、好奇心も旺盛で賢いという面もあります。キャットタワーなどで適度に上下運動ができるようにして、猫じゃらしなどでも遊んであげると良いでしょう。

まとめ

スコ座りをするスコティッシュフォールド

スコティッシュフォールドは、イギリスを原産とする、折れ耳特徴のとても人気のある猫です。

スコティッシュフォールドには耳が立ったものもいますが、一般の猫よりも小さめな耳で独特な姿をしています。折れ耳でかわいらしい丸い顔や体、スコ座りという座り方がかわいい、といった特徴は、遺伝性の疾患を持つ可能性があるということでもあるため、動物病院での健康診断も大切になってきます。

スコティッシュフォールドは、ペットショップやブリーダーさんから手に入れることもできますが、里親募集サイトで探して、運命の出会いを見つけるのも1つの方法です。

どのようなスコティッシュフォールドでも、ひとつの大切な猫の命です。スコティッシュフォールドとの素敵な出会いがあるといいですね。

人気のキーワード