猫を飼うのに必要なもの7選と準備しておくこと

猫を飼うのに必要なもの7選と準備しておくこと

初めて猫を飼うとなると必要なものや準備しておくことなど知らないことが多くありますね。また、必要な物にはどのくらいの費用がかかるのか知っておくことも大切です。今回は、「猫を飼うのに必要なもの7選と準備しておくこと」について詳しくご紹介します。ぜひ初めて猫を飼われる際のご参考にしてみてくださいね。

2138view

猫を飼うのに必要なもの

抱っこされているアメリカンショートヘアの子猫

猫を飼うのに必要なものの一つとして、飼い主の方の心の準備も行いましょう。現在はペットショップなどで、気軽に可愛い猫たちが選べますが、猫たちにも命と感情があります。

猫たちを家族として迎えたら、どんなことがあっても最期まで飼い続けるという責任が飼い主に求められます。「何があっても手放さない」という覚悟が必要であり、飼い主として必要なものである「責任」という心の準備ができたら、可愛い猫たちを迎え入れましょう!

初めて猫を飼うのに必要なもの7選

部屋で猫と遊ぶ女性

初めて猫を飼うのに、必要なものを揃えて猫を迎え入れてあげるのが一番ですね。もしも、ご近所の方から、猫の預かりを頼まれた際にも、あると便利なものですので、初めて猫を飼うのに必要なもの7選を参考にしてみてくださいね。

まずは、猫を飼うのに必要なものを、以下で一通り確認してみましょう。

  • 猫用トイレ(トイレと猫砂)
  • 猫用ベッド
  • 猫用食器(エサ入れと水入れ)
  • キャットフード
  • 爪とぎ
  • キャリーバッグ
  • 首輪と迷子札

以上の7つです。これは猫を飼うのに最低限必要なものと言えますね。

猫を迎えて、飼い主の方の生活が落ち着いたら、猫のおもちゃ、キャットタワーなどの猫の遊び場も徐々に増やしてあげると良いでしょう。

また、上記の猫を飼うのに必要なもの7つにはどのくらいの費用がかかるのか知っておくことも大切です。では、初めて猫を飼うのに必要なもの7選をそれぞれ詳しく見ていきましょう!

1.猫用トイレ(トイレと猫砂)

猫を飼うのに必要なものとして、「猫用トイレ(トイレと猫砂)」は欠かせません。猫たちは、砂がある場所をトイレと認識してくれるため、猫用のトイレを部屋に置くことで、絨毯やソファーなどに粗相をしてしまうということがなくなります。

また、猫用トイレを置く場所は、人間のトイレがスペース的にもオススメと言えますね。(子猫がトイレに落ちてはいけないので、トイレのフタは必ず閉じておきましょう)

もし、お部屋に粗相をしてしまうという猫には、粗相をする場所やお部屋に、もう一つ置くと粗相の失敗を防ぐ対策になります。

以下は猫を飼うのに必要なものとして、おすすめの猫用トイレです。参考にしてみてくださいね。

花王 ニャンとも清潔トイレセット
2,045円(税込)

商品情報
取り替えなしで1週間ニオわない

2.猫用ベッド

猫を飼うのに必要なものとして、「猫用ベッド」が挙げられます。猫と一緒に寝る予定であっても、猫が安心できる居場所を作るためには、猫用ベットを一つ置いてあげることが大切です。

猫用のものが置かれていることが、猫にとって居心地の良い部屋作りの一つになります。猫を飼うのに必要なものとして、猫用ベッドを部屋においてあげましょう。

以下は猫を飼うのに必要なものとして、おすすめの猫用ベッドです。

猫ベッド
2,580円(税込)

商品情報
・クッションは取外し可能
・手洗いできます

3.猫用食器(エサ入れと水入れ)

猫を飼うのに必要なものとして、「猫用食器(エサ入れと水入れ)」は必要なものと言えますね。人の食器を猫用食器としても良いですが、猫たちが快適に食べやすいと言える高さがありませんので適切な高さの台があると良いでしょう。

また、猫たちの食器は雑菌が増えやすく、「バイオフィルム」というぬめりが出やすいので、洗うときは分けて洗うことがおすすめです。

人の食器と形を変えることで猫の食器が混ざってしまうことを避けることができます。以下は猫を飼うのに必要なものとして、おすすめの猫用食器(エサ入れと水入れ)です。

猫壱 脚付フードボウル
1,290円(税込)

商品情報
電子レンジ、食洗機対応

こちらは高さのあるフードボウルなので、猫が比較的楽な姿勢でご飯を食べられます。

猫壱 脚付ウォーターボウル
1,390円(税込)

商品情報
・内側の目盛で飲水量を把握
・電子レンジ、食洗機対応

内側にメモリが付いているので、猫がどれくらい水を飲んだか把握できますね。

4.キャットフード

猫を飼うのに必要なものとして欠かせない「キャットフード」。猫たちの楽しみとして、ふだん食べるドライフードと併せて、ウェットフードやおやつを用意してあげると更に良いでしょう。

また、猫たちのキャットフードには市販で売られているお手頃価格のキャットフードから、無添加、無着色、穀物不使用の猫の体に優しいキャットフード(高価格)のものまでがあります。

飼い主の方の予算や、猫の体質に合わせてキャットフードを選んであげると良いでしょう。以下は猫を飼うのに必要なものとして欠かせない、おすすめのキャットフード2種類です。グルメな猫ちゃんにもおすすめできるキャットフードなので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

懐石 2dish 海のおいしさ
585円(税込)

商品情報
産地限定の贅沢な具材を添えたミックスタイプのドライフード!

国産の小魚がトッピングされた贅沢な一品です。

カナガンキャットフード チキン(1.5kg)
4,968円(税込)

商品情報
イギリス最高級のグレインフリー (穀物不使用) キャットフード!

珍しいグレインフリーのキャットフードです。

5.爪とぎ

猫を飼うのに必要なものとして、「爪とぎ」を部屋に一つ、または複数個を置いておくと良いでしょう。猫は本能的に爪をとぐ習性があるので、爪をといで家具を傷つけてしまうこともあります。

猫の習性と言える行動なので、完全に防ぐことはできませんが、爪とぎを部屋にいくつか置いておくことで、猫の爪とぎ対策ができます。

また、キャットタワーやおもちゃなどを部屋に置いてあげると、運動不足を解消してストレスを軽減できるので、爪とぎと併せて用意してあげるのもおすすめです。以下は猫を飼うのに必要なものとして、おすすめの猫の爪とぎグッズです。

ミュー (mju:) ガリガリサークル スクラッチャー ビッグ
2,063円(税込)

商品情報
・幅X奥行X高さ :44.0×44.0×15.5 cm
・猫が丸くなって爪とぎできます

猫が大好きな段ボール素材でできた爪とぎです。

ミュー (mju:) ガリガリウォール スクラッチャー プラス
2,409円(税込)

商品情報
・幅X奥行X高さ :35.0×32.0×90.0 cm
・背面折り畳み式で持ち運びしやすい

壁際に設置して使う爪とぎです。賃貸のお部屋に住んでいる方も気軽に使えそうですね。

6.キャリーバッグ

猫を動物病院に連れて行く際に必要になる「キャリーバッグ」は、猫を飼うのに必要なものと言えますね。キャリーバッグは様々なタイプがありますが、上から入れるタイプのものを選ぶことで、猫をキャリーバッグの中に入れやすくなります。

また、キャリーバッグを開けた際に、猫が飛び出さないように洗濯ネットに入れてからキャリーバッグに入れるなど、事前に脱走防止をしておくことが大切です。以下は猫を飼うのに必要なものとして、おすすめのキャリーバッグです。

ペットキャリー
2,550円(税込)

商品情報
長さ 43 cm 高さ 26 cm 幅 19 cm

7.首輪と迷子札

猫を飼うのに必要なものとして、「首輪と迷子札」の準備をしておきましょう。猫たちにマイクロチップを入れることも大切ですが、猫たちが脱走してしまった際に、首輪と迷子札は飼い猫であるという目印になるだけでなく、探すときの特徴にもなります。

また、迷子札には首輪に取り付ける名札タイプと、キーホルダーのようなチャーム型タイプの2種類があります。以下は猫を飼うのに必要なものとして、おすすめの首輪と迷子札です。購入の際の参考にしてみてくださいね。

猫用 肉球型 ドッグタグ迷子札
980円(税込)

商品情報
プレートサイズ:19×17 mm

オーダーメイドなので、猫の名前と連絡先を刻印できます。もしもの時に安心ですね。

猫 首輪 唐草
1,380円(税込)

商品情報
セーフティーバックル付

セーフティーバックル付なので、引っ張れば外れて安全です。鈴も取外しできるので、音が苦手な猫にもおすすめです。

猫を飼うときに準備しておくこと

ベットでくつろぐグレーの猫

猫を迎えるためには、必要なものを揃えるだけでなく、猫を飼う準備をしておくことがあります。それは、猫が住む家の中を安全にする必要があるということです。

猫たちが逃げ出してしまう隙間はないか?猫が食べてはいけない植物を室内に置いていないか?ここで、改めて確認してみましょう。それでは、猫を飼うときに準備しておく3つのことをご紹介します。

猫を飼うときに準備しておく3つのこと

猫を飼うときに必要な準備とは以下にあります。

  • 部屋を片付けておく
  • 窓や網戸が壊れていないか確認
  • お風呂場は立入禁止にしておこう

以上の3つです。では、それぞれ詳しく見ていきましょう!

1.部屋を片付けておく

割れた植木鉢に顔を入れる猫

猫たちが住む部屋の中に、危険な物はないか改めてチェックしましょう。興味を示して食べる可能性のある小物や植物です。

特に、猫たちが食べてはいけない植物とされる、ラベンダー、ユリ、スズラン、シクラメン、ポトスなどがあれば、片付けておく必要があります。

2.窓や網戸が壊れていないか確認

窓に手をかけて外を見る猫

猫が脱走してしまう可能性のある窓や、網戸は壊れていないか、改めて確認してみましょう。
また、入ってはいけない隙間は、埋めておくことが大切です。

猫たちは自力で扉をあけることもあるので、ドアノブなども開けやすいものであれば鍵を取り付けるなど、扉が簡単に開いてしまわないようにする対策も必要です。

3.お風呂場は立入禁止にしておこう

シャワーで遊んで水浸しになる猫

飼い主の方が知らない内に、猫がお風呂場に入ってしまうと大変危険です。家の中の事故では、お風呂場で溺れてしまい、亡くなるというケースが一番多く、水が嫌いな猫たちとって非常に危険な場所と言えます。

しかし、家の中を自由に歩く猫たちが、お風呂場に一人で入ってしまうという可能性がないとは言えません。万が一に備えて浴槽のお湯は抜いておくことや、猫たちがお風呂場に入れないように柵を置いたり、鍵を付けたりするなど初めから立入禁止にしておくことが大切です。

猫を飼うのにあると便利なもの

ソファーでくつろぐ女性と子猫

猫を飼うのに絶対に必要なものということではありませんが、猫を飼うのにあると便利なものを以下にご紹介させていただきます。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

  • 空気清浄機(猫の臭いを安全に消臭してくれます)
  • 除菌スプレーや消臭スプレー(芳香剤は置かない方が良いため)
  • コロコロクリーナー(猫たちの毛を取るのに便利)
  • 猫用ケージ(猫が落ち着けるケージを置くのも良い)
  • おやつ(好きなおやつがあるとしつけにも便利)
  • キャットタワー(ストレス発散、運動不足解消に便利)
  • おもちゃ(一緒に遊べて猫も満足してくれます)
  • 保護シート(壁や床の保護に便利です)

まとめ

青空をバックに凛々しい猫

今回は、猫を飼うのに必要なもの7選と、準備しておくことをご紹介させていただきました。初めて猫を飼う際には、様々な用意と準備が必要であり、猫砂やキャットフードなど猫を飼うのに継続して必要なものも多くあります。

飼い主となる以上、大切なのは「最期まで飼い続ける責任」です。可愛い猫たちもいつかは老猫になります、そのときは介護が必要になるかも知れません。

年老いたからと途中で投げ出すことはできません。猫たちの可愛い時期が永遠ではないことも、猫を飼う前に飼い主の方が改めて考える必要があると言えます。

飼い主さんにその準備ができたら、ぜひ可愛い猫たちを迎えてあげてくださいね。

人気のキーワード