スコティッシュフォールドの値段の相場と子猫のブリーダー紹介

スコティッシュフォールドの値段の相場と子猫のブリーダー紹介

スコティッシュフォールドの値段をご存知ですか?丸顔で折れ曲がった耳がかわいい人気の猫種なので、ペットショップなどでもよく見かけ、お迎えすることは難しくありません。ただ、スコティッシュフォールド値段は、一般的に幅が大きいです。ペットショップかブリーダーどちらからお迎えするかによっても値段は変わりますし、そのスコティッシュフォールドの特徴によっても、値段が違います。スコティッシュフォールドの値段の相場は、どれくらいでしょうか?スコティッシュフォールドの子猫をお迎えできるブリーダーと合わせてご紹介します。

1608view

スコティッシュフォールドの値段

テーブルの上の2匹のスコティッシュフォールド

ペットショップで販売されている場合の値段

スコティッシュフォールドは、人気の猫種なので、ペットショップでもよく見かけますね。ペットショップでスコティッシュフォールドの子猫を購入する場合のお値段は、10~20万円が相場です。

ブリーダーで購入する値段より高めですが、ペットショップなら、気に入ったスコティッシュフォールドがいれば購入手続きを経てすぐに連れて帰ることができますし、スコティッシュフォールドを飼うのに必要なグッズも店員さんにアドバイスをしてもらいながら、その場で用意することができます。

ブリーダーから購入する場合の値段

ブリーダーからスコティッシュフォールドを直接購入すると、中間業者を挟まないため、ペットショップで購入するよりも値段が下がります。ブリーダーからスコティッシュフォールドをお迎えする場合の値段の相場は10万円前後です。

ハイクラスなブリーダーであるキャッテリーからスコティッシュフォールドをお迎えする場合は、一般的なブリーダーから購入するよりややお値段が上がることが多いです。

キャッテリーは、TICA(The International Cat Association)かCFA(The Cat Fanciers’ Association)の厳しい審査を経て認可され、飼育・繁殖を行っていますので値段が上がりますが、信頼性の高いブリーダーなので、安心感があります。

スコティッシュフォールドのタイプによる値段の違い

籠の中のスコティッシュフォールドの子猫たち

折れ耳と立ち耳の値段の違い

  • 折れ耳の値段:10~20万円
  • 立ち耳の値段:5~6万円

スコティッシュフォールドというと、折れ曲がった耳をイメージするのではないでしょうか。しかし、折れ曲がった耳になるのは、スコティッシュフォールド全体の3割程度だけなのです。

耳折れのスコティッシュフォールドは、希少価値が高いので、立ち耳のスコティッシュフォールドの平均的な値段が5~6万円なのに対し、折れ耳の子では倍以上の10~20万円という値段になります。

生まれて間もないスコティッシュフォールドの子猫はすべて、耳が立っています。耳が折れ曲がってくるのは生後3週間~1ヶ月ほどたってからです。

長毛と短毛の値段の違い

スコティッシュフォールドは、一般的に短毛なのですが、稀に長毛の子が生まれることがあります。

長毛種のスコティッシュフォールドは、非常に珍しいので、値段も高いです。立ち耳でも20~30万円、長毛に加えて折れ耳のスコティッシュフォールドの値段は20~35万円ほどです。

色や柄の値段の違い

スコティッシュフォールドは、色や柄で値段の違いはありません。

ただ、キャリコと呼ばれる黒、白、赤あるいは茶の3色の毛色のスコティッシュフォールドは、値段が高くなることがあります。キャリコは、ほとんどがメスですが、非常に稀にオスのキャリコが生まれることがあり、その確率は3万分の1といわれています。

それほど珍しいので、オスのキャリコには数百万円の値段がつくこともあるそうですよ。

性別の値段の違い

大きな差はありませんが、性別によっても値段が変わることがあります。スコティッシュフォールドは、オスの方が甘えん坊で人懐こいので、メスよりも値段が上がることがあるのです。

スコティッシュフォールドの子猫がいるブリーダー

キャットタワーの上のスコティッシュフォールド

スコティッシュフォールドのブリーダーを探すには、多数のブリーダーが登録しているブリーダー仲介サイトや、ブリーダー個人で立ち上げているブリーダーのホームページなどで探すのがおすすめです。

インターネットを利用すれば、簡単にスコティッシュフォールドのブリーダーを見つけることはできますが、中には無資格であったり、衛生状態が悪い環境での飼育、無理な繁殖を行うなど悪質なブリーダーもありますので注意しましょう。

優良ブリーダーの見極め方としては、まず第一に動物取扱業の登録があるかどうか。ブリーダーの公式サイトに登録番号が記載されているか、確認して下さい。

気に入ったブリーダーが見つかったら、必ず猫舎を見学させてもらいましょう。猫舎を見せてもらえない場合は、何か問題があることも考えられます。見学の際には、スコティッシュフォールドの飼育環境や、親猫、きょうだい猫も見せてもらいましょう。

ブリーダーさんが専門的な知識を持ち合わあせているか、健康管理体制がしっかりしているか、などもチェックします。

KAZUSA Banzai House

所在地 埼玉県和光市
KAZUSA Banzai Houseは、社会性に富み、誰からも愛される子猫を目指して、スコティッシュフォールドを愛情を持って育てているブリーダーさんで、子猫優良店に認定されています。

スコティッシュフォールドの子猫をお迎えする場合、予約時に生体の値段の50パーセントが内金として必要です。スコティッシュフォールドは、ケージに入れずにお部屋でのびのびと育てられています。

極近親交配による繁殖や、折れ耳同士の交配・繁殖は行っていません。ホームページでは、出産情報や子猫の写真だけでなく、母猫や父猫の写真や血統も掲載しています。

タイニータイニー

所在地 千葉県柏市
タイニータイニーは、スコティッシュフォールドを中心にラグドール、トイプードル、ミニチュアダックスフンドを繁殖・飼育するブリーダーでTICA(The International Cat Association)登録キャッテリーでもあります。

愛情を込めて育てられたスコティッシュフォールドは、人懐こく、優しい子が多いので猫を飼うのが初めてという方にも好評だということです。

スコティッシュフォールドの子猫をお迎えする場合、2万円の予約金が必要です。また、生体の値段の他にワクチン代もかかります。アフターフォローも万全なので、わからないことはご相談を。

スコティッシュフォールドの特徴と飼い方

スコティッシュフォールドの子猫の横顔

折れ耳のスコティッシュフォールドは病気に注意

スコティッシュフォールドの特徴は、折れ曲がった耳と丸い顏、丸い目、丸みを帯びた体つきです。

ただ実際は、立ち耳のスコティッシュフォールドの方が多く生まれます。立ち耳のスコティッシュフォールドは、折れ耳の子に比べて値段は安いですが、耳の病気になるリスクが少ないです。

スコティッシュフォールドの折れ耳は、通気性が悪く、雑菌が繁殖しやすいので、外耳炎や、耳ダニ感染症などの耳の病気になりやすくなります。折れ耳のスコティッシュフォールドは、週に1回程度耳掃除をしてあげる必要があります。

また、折れ耳のスコティッシュフォールドは、骨瘤(遺伝性骨形成異常症)という遺伝性の病気を発症しやすいといわれています。耳が折れているのは、実はこの遺伝性疾患が原因なのです。

骨瘤は成長期に発症しやすく、骨が変形したり、軟骨にコブができます。治療は難しいのですが、鎮痛剤、放射線、外科手術によって症状を抑えられます。

鎮痛剤の値段は1回5,000~10,000円ほど。放射線の値段は50,000円程度かかります。手術ではさらに高額で20万円ほどかかってしまいます。

スコティッシュフォールドは太りやすい

スコティッシュフォールドは、性格的には、穏やかで人懐こく、人見知りをしません。猫を飼うのが初めてという方にも飼いやすい猫種といえるでしょう。

スコティッシュフォールドの寿命は10~13年です。一般的な猫の寿命と比べると短めですが、飼い方によっては、それ以上生きることもあります。

気をつけなければいけないのは、スコティッシュフォールドは太りやすいということです。食事の管理はしっかり行い、欲しがるだけ餌やおやつを与えるのはやめましょう。肥満になると、様々な病気の原因になります。

スコティッシュフォールドは被毛に毛玉ができやすい

スコティッシュフォールドの被毛は柔かく、厚みがあります。毛玉ができやすいので、ブラッシングはこまめに行って下さい。

スコティッシュフォールドは、甘えん坊で飼い主が大好き。たくさん遊んであげたり、スキンシップしてあげましょう。おもちゃで遊んだり、撫でてあげると喜びます。激しい動きは苦手なので、注意して下さいね。

スコティッシュフォールドの里親になる方法

キャリーケースから出てくるスコティッシュフォールドの子猫
  • 里親募集サイトで探す
  • 猫の譲渡会に参加する
  • 保護猫カフェで探す

成猫になったスコティッシュフォールドでも構わない場合、里親になるという選択肢もあります。スコティッシュフォールドを里親としてお迎えするには、里親募集サイトを利用したり、譲渡会や保護猫カフェに足を運ぶといいでしょう。

里親になるには、条件があり、トライアル期間を経なければ譲渡してもらえないなど、手間がかかりますが、実際に一緒に生活してみることで、スコティッシュフォールドとの相性を確認できます。

里親を募集しているスコティッシュフォールドは、保護されたり、飼えなくなってしまった子たちなので、成猫であることが多いですが、中にはかわいい子猫もいますよ。

里親としてスコティッシュフォールドを譲り受ける際の値段は、主にワクチン接種や去勢・避妊手術の費用のみです。

ネコジルシ

ネコジルシは、猫専用の情報サイトです。里親募集を始め、日記や写真を投稿したり、お友達機能やメッセージ機能などもコンテンツも充実。里親募集では、猫を飼えなくなってしまった飼い主さんが、新しい飼い主さんを探す場を提供しています。

利用者が多いので、気になる猫ちゃんが見つけやすいです。猫の種類だけでなく、柄や性別、地域、ワクチン接種や去勢・避妊手術の有無などの条件を入力して検索することができますので、希望の猫を絞り込んで探すことができます。

スコティッシュフォールドの里親募集もありますが、人気の猫種なので、応募者も多いです。

ペットのおうち

猫だけでなく、犬や小動物などペット全般の、里親募集サイトです。ペットを飼えなくなってしまったり、保護した飼い主さんと、里親希望者をつなぎます。

全国から情報が寄せられ、キーワード検索ができるので、スコティッシュフォールドを探している方も見つけやすいです。スコティッシュフォールドは人気が高く応募者も多いので、こまめにチェックしてみて下さい。

まとめ

女性に抱えられているスコティッシュフォールド

丸顔で、折れ曲がった耳がかわいいスコティッシュフォールド。人気の猫種で、ペットショップなどではよく見かけますが、お値段は高めになっています。

その点、ブリーダーからスコティッシュフォールドをお迎えすると、中間業者を挟まないので、ペットショップより安い値段で購入することがあります。

もちろん、値段だけでなく、ペットショップにもブリーダーにもメリット、デメリットがありますので、自分に合った方法でスコティッシュフォールドをお迎えすることを検討するといいでしょう。

成猫でも構わないという場合は、スコティッシュフォールドの里親になるという選択肢もあります。里親募集サイトを利用すれば、全国から条件を絞って検索できますので、見つけやすいです。

ただ、スコティッシュフォールドは人気の猫種なので、里親希望者も多いので、こまめにチェックしてみて下さいね。

関連記事
スコティッシュフォールドはどんな猫?特徴や性格、お迎えする時の費用について
スコティッシュフォールドはどんな猫?特徴や性格、お迎えする時の費用について

日本国内でも不動の人気を誇るスコティッシュフォールド。その特徴や性格、お迎えする時や生涯必要となる費用、お迎えする方法などについてご紹介します♪また、スコティッシュフォールドの遺伝疾患や歴史などについても詳しく解説していきます。

  • 猫の種類
  • スコティッシュフォールド

30代 女性 ひなた

スコティッシュフォールドの長毛種が飼いたくて、ブリーダーさんを探して電話をして猫ちゃんをみせていただくまではドキドキしました!
ですが、しっかりした方ですごく丁寧に対応してくださいまして、当時子猫だったスコティッシュフォールドと気が合いまして、1週間後に飼うことができることになり、準備をして迎えたのを思い出します。
スコティッシュフォールドを飼うのは初めてだったので、活発なところがすごく気に入りました。外耳炎になりやすかったので、特に気をつけていました。