猫をペットショップで購入するメリットや注意点

猫をペットショップで購入するメリットや注意点

ペットショップに行くとショーウィンドウに様々な猫種の子猫達が私達の事を出迎えてくれて、見ているだけでとても楽しくなってしまいますよね。今回は、ペットショップで猫を購入する際に覚えておきたい事を、「メリット」と「デメリット」に分けて詳しく紹介してみたいと思います。

8044view

子猫をペットショップで購入する前に

ペットショップ

ペットショップでは人気猫種の子猫が沢山いて、どの子もとても可愛くてついついお家にお迎えしたくなってしまいますよね。ショーウィンドウの中で家族になってくれる飼い主さん達を待っている子猫達。子猫達をペットショップで購入する前に少し考えてみましょう。

ペットショップで子猫を購入する事のメリット

カートと猫

ペットショップで子猫を購入するメリットは、気軽にペットショップに行けて、誰でも子猫を購入する事が出来ると言う事です。ペットショップでは、幼少期の子猫が多く販売されていて、スタッフさんに子猫の様子を聞いたり、子猫と触れ合う事も出来ます。子猫のうちから一緒に生活をしたいという飼い主さんにとって、ペットショップで購入する事は、子猫の状態を見たり聞いたりできるのでメリットが多いと思います。また、純血腫の子猫の購入を考えている飼い主さん達にとって、血統証付きで販売されている子猫は、猫種が血統証で証明されていますので安心ですよね。

そして、ペットショップで販売されている子猫達は、入念な健康チェック、健康管理をきちんとした上でのワクチン接種を行っているペットショップが大半ですので、とても安心です。また、わずかな期間ではありますが、購入してからの生体保証もされていますので、病気が発見された場合等に対応してくれるので、その点においても安心できると思います。

ペットショップで子猫を購入する時の注意点

子猫達

ペットショップで販売されている子猫達を自宅に迎える為には、もちろん高い金額を払う事になります。猫達は安くても5万円程、血統が良い子猫であれば100万円を超える高額の場合もあります。

ペットショップで販売されている子猫達は、人や物音に慣れていますが、ストレスが多い生活をしています。そして、幼少期に親猫と離れてしまう為、社会性に乏しい子猫達が多いと聞きます。

我が家の猫達は、ほとんどの猫が保護猫ですが、過去にペットショップで購入した猫が1匹だけいました。その猫は、血統証を紛失してしまったと言う理由で、ペットショップで売れ残ってしまい1年近くをペットショップのショーウィンドウの中で暮らしていました。よく通っていたペットショップだったので、その猫が売れ残っている姿を見て、不憫に感じてしまった私は2万円で購入しました。

自宅に連れて帰った猫は、先住猫にあまり慣れる事が出来ずに1匹で過ごす時間が長く、乱暴な性格だったので他の猫達から避けられてしまい可哀想でした。また、私達にも中々慣れてくれずに威嚇ばかりされていました。私達と一緒に生活をしていた事が、その猫にとってストレスだったのかもしれません。結局、2年間一緒に生活をしていましたが、ちょっとした隙に脱走をしてしまい、いくら探しても見つからないままどこかに行ってしまいました。反省してしまう事ばかりでした。

ペットショップで子猫を迎えるデメリットは、その他にも親猫の状態が見れないので、子猫が育った後の想像がつきにくい事です。その為、親猫からの遺伝病等の病気の情報が得られない事です。ペットショップで店舗販売員として勤務している多くのスタッフさん達は、知識不足のスタッフさんが多いので、猫種の遺伝的な病気についてまで知識を持っているスタッフさんが少ないので、遺伝的病気についてまで教えてはもらえません。

ペットショップで子猫を購入する以外の方法

ブリーダー

ペットショップで子猫を迎える他にも、子猫を迎える方法は沢山あります。ブリーダーさんから子猫を譲渡する、保護猫を迎える等です。

ブリーダーさんから子猫を迎える

ブリーダーさんから子猫を迎えるメリットは、ブリーダーさん達のお家で生まれた子猫達は、親猫や兄弟猫達と過ごす時間が長い為、きちんと社会化が出来ている子猫達が多いです。何よりも安心なのが、親猫の様子が見れる事です。ブリーダーさんから親猫のお話を詳しく聞く事が出来るので、遺伝的な病気や親猫の性格等のお話を聞く事が可能です。

また、子猫を迎えてから困った事があった場合、ブリーダーさんに相談する事も出来ますので安心です。しかし、ブリーダーさんから譲渡して貰う方法にも、デメリットはあります。良心的なブリーダーさんを見つける事が難しい、求める猫種のブリーダーさんが近所では、見つかりにくい事、中には健康状態を無視した繁殖を行っているブリーダーさんもいるので気を付けなければいけません。

保護猫を迎える

保護猫を保護する事にもデメリットとメリットがあります。メリットは勿論、生体代がかからないという事です。そして、保護猫を保護するという事は、明日死んでしまうかもしれない命を救う事にもなります。

猫カフェや猫の保護団体には、色々な模様や性格の猫達がいてとても楽しいですよ。保護猫を保護するデメリットは、医療費などのお金がかかる場合があるという事です。これは、どんな方法でお家に迎えられた猫達にも言える事ではありますが、保護した猫達は初めのワクチン代がかかります。そして、保護してから疾患が確認された場合は、医療費が高額になってしまう可能性もあります。

最後のデメリットは、ペットショップやブリーダーさん達から子猫を購入するのとは違い、審査があるという事です。この審査内容は施設によって異なりますが、厳しい事には変わりがありません。保護団体のよっては高齢者には、子猫を譲渡しない等のルールがあります。これらの審査には、保護された猫達に幸せになってもらいたいと言う気持ちが込められているので、仕方がない事ではありますが。審査では、飼い主さんとして適した人格、猫と生活するのに適した環境なのかを面接で審査されます。

まとめ

愛猫

我が家には現在、元野良猫の高齢猫が2匹暮らしています。勿論、元野良猫なので誕生日も分かりませんが、自分達で勝手に猫達の誕生日を決めて、ささやかなお祝いをして楽しんだりしています。2匹とも10年以上生きていますが、今まで病気等にもかかった事が無く、後からやって来た犬達を叱ったり、時には甘やかしたりして、犬達とも仲良く元気に暮らしています。若い犬達が来てから、気のせいか元気になったような気がします。おじいちゃん猫もおばあちゃん猫も犬達の親代わりになってくれています。

この様に子猫を自宅に迎える方法に、どのような方法にも必ずメリット、デメリットがあります。子猫を迎えるのに自分に合った方法で、子猫を迎える事をお勧めします。どんな方法で迎えたにせよ、家族の一員になった猫達は、飼い主さんにとっては掛け替えのない存在です。いつまでも素敵な猫ライフが出来るといいですね!

人気のキーワード