スコティッシュフォールドの成猫は飼いやすい?性格や特徴から長所・短所を解説

スコティッシュフォールドの成猫は飼いやすい?性格や特徴から長所・短所を解説

スコティッシュフォールドの成猫を飼いたいと思ったことはありますか?丸い顔と折れ曲がった耳が特徴のスコティッシュフォールドは、とても人気のある猫です。スコティッシュフォールドを成猫から飼う場合、飼いやすさはどうなのでしょうか。成猫のスコティッシュフォールドを飼う場合の長所や短所についてご紹介します。

1253view

スコティッシュフォールドを成猫から飼うことのメリット

耳がおれた丸顔のスコティッシュフォールド

スコティッシュフォールドの成猫の性格から考えられるメリット

猫を飼う時、子猫から飼い始める理由の一つに、かわいいから、という単純なものがあるかも知れません。

しかし、子猫でいる間はとても短いものです。特に性格は、子猫の頃にはどのようなものでどんな長所があるのかがまだわからない場合も多いのです。

生後1年以上の成猫になっていれば、どのような性格なのかが固まってきているため、希望に応じたスコティッシュッフォールドを選ぶことができます。

スコティッシュフォールドの持つ一般的な性格の長所は、人懐こいことや、環境の変化にあまり動じないといった点があげられます。

そして、スコティッシュフォールドそれぞれが生まれながらに持つ個性もあります。

甘えん坊の猫もいれば、抱っこが好きな猫、あまり触られたくない猫、よく鳴く猫、おとなしい猫など、様々なスコティッスフォールドがいますが、どのような性格の猫なのかは、成猫であればほぼわかります。

成猫のスコティッシュフォールドを探せば、希望の性格をした猫が見つかりやすいと言えるでしょう。

スコティッシュフォールドの成猫の身体の特徴から考えられるメリット

体全体については、1歳以降のスコティッシュフォールドを迎えると、すでに成猫になっているため、大体どのくらいの大きさに成長し、どのくらいの体重になるのかがわかります。

耳については、生まれたばかりの子猫の頃は耳が曲がっておらず、どのような耳になるのかはわかりません。

生後3週以降くらいから耳は曲がり始め、生後1年を超え成猫になった頃には、ほぼ耳の成長は完了しています。もちろん曲がらないままの立ち耳のものもいます。

つまり、成猫になったスコティッシュフォールドを探せば、好みの耳の形になったものを見つけることができるということです。

また、スコティッシュフォールドは、成猫になっても顔の丸さがあるため、かわいさが感じられます。

そして、スコティッシュフォールドのかわいい長所とも取られている体の柔らかさやスコ座りですが、実際にはスコティッシュフォールドが持つ関節や腰などの形成不全が関係していると言われています。

スコティッシュフォールドは、骨軟骨異形成症という遺伝性の疾患にかかりやすく、折れ耳を持っているということは、この疾患がいつ現れてもおかしくないとされています。

骨軟骨異形成症を発症すると、軟骨部分に瘤ができたり、手足の骨が変形したり、痛みのためにうまく歩けなくなったりします。

骨軟骨異形成症は、スコティッシュフォールドが成長するにつれて悪化していく進行性のものです。

そのため、すでに成猫となり、手足に異常が現れていないスコティッシュフォールドは、その後に骨軟骨異形成症を発症する可能性が低いことが期待できます。

スコティッシュフォールドを成猫から飼うことのデメリット

白背景のトラ柄のスコティッシュフォールド

スコティッシュフォールドの成猫の性格から考えられるデメリット

あえてデメリットをあげれば、成猫からスコティッシュフォールドを迎えた場合には、性格がほぼ決まってしまっているため、変えることは難しいということになります。

性格はそれぞれの猫によるもので、性格には短所などはなく、どんな猫でも持って生まれた個性があり、尊重するべきものです。

例えば、おとなしいスコティッシュフォールドが欲しい、という時に、おとなしくないスコティッシュフォールドの成猫を迎えて、しつけで変えようとしてもそれは難しいということです。

また、飼い主さんに慣れやすいという点では、成猫よりも子猫の頃から飼ったほうがうまくいきやすいと言えるでしょう。

もちろん、成猫でもとても飼い主さんに愛情を持ってくれるスコティッシュフォールドもいますから、一概に言えるものではありません。

スコティッシュフォールドの成猫の身体の特徴から考えられるデメリット

スコティッシュフォールドの体の特徴としては、遺伝性の病気を発症し易い種類であることが短所だと言えるでしょう。

ただし、子猫の頃から猫を飼ったからといって、病気をしないわけではありません。

また、別の見方では、子猫よりも成猫のほうがかわいくない、といった意見もあることでしょう。しかし子猫の時期はあっという間に過ぎ、成猫になってからの方がずっと長く一緒に暮らしていくことになります。

例外として、とても高齢のスコティッシュフォールドを家族として迎え入れれば、寿命を考えると、一緒にいられる期間が短くなってしまう可能性は高いと言えるでしょう。

一般的にスコティッシュフォールドの寿命は13年から15年とされ、20年生きる猫も珍しくなくなっています。他の猫種と比べても短すぎることはありません。逆に、高齢のスコティッシュフォールドを迎えて、幸せに過ごさせてあげるということも素敵なことではないでしょうか。

スコティッシュフォールドの成猫の飼い方と注意すること

スコ座りのスコティッシュフォールド

スコティッシュフォールドを成猫から迎え入れた時、飼い方としては、よく猫の様子を見るということが大切です。成猫は、子猫よりも環境や人に慣れるのに時間がかかると考えられるためです。

また、成猫の場合は、窓やドアの隙間から脱走しやすいので、戸締りはしっかりしておきましょう。

スコティッシュフォールドの場合、体で一番気をつけたいのは遺伝性の病気を持っていないかどうかなので、手足に異常がないか、動きがおかしくないかなどをチェックしましょう。

スコティッシュフォールドが発症しやすい病気である骨軟骨異形成症ですが、成猫になってからも注意が必要です。

健康診断を定期的に受けるようにして、予防できる病気のワクチンも受けるようにしてくださいね。

成猫だからといって、懐かないようなことはありません。ただ、子猫よりも時間がかかるかも知れない、という覚悟があれば大丈夫です。

スコティッシュフォールドの成猫をブリーダーから買う方法

2匹のグレーのスコティッシュフォールド

ブリーダーの探し方

スコティッシュフォールドの成猫を販売しているブリーダーは、インターネットで探せるほか、近くで探したい時には獣医さんやペットショップに問い合わせてみると良いでしょう。

インターネット上では「みんなのスコティッシュフォールド子猫ブリーダー」のサイトを参考にしてみてはどうでしょうか。

こちらで、成猫の販売をしているブリーダーさんを検索できます。ただし、常に成猫がいるわけではありませんし、扱っているブリーダーさんも子猫よりずっと少なくなっています。

以下は、評価が高い・評判が良いスコティッシュフォールドのブリーダーさんとしてサイトで紹介されている方々です。

  • 久保田彩ブリーダー
  • 五木田利奈ブリーダー
  • 宮嶋亜岐ブリーダー

他にもたくさんのブリーダーさんがありますが、成猫を扱っているかどうかは、直接問い合わせをしてみる必要があります。

子猫だけの取り扱いや、ネット上に紹介していない猫以外は問い合わせられないこともありますので、よく紹介文を確認してくださいね。

値段の相場

スコティッシュフォールドの値段は、年齢と、耳の折れ具合や折れていない立ち耳かどうか、長毛か短毛か、などで異なります。

さらに、キャットショーで賞をとった猫の子供や、体型が理想に近いスコティッシュフォールド、人気のある模様のスコティッシュフォールドなどは、値段が高くなります。

金額は、最低で5万円ほど、平均価格は16万円ほどで、高いものは30万〜70万円までと幅広くなっています。

成猫でも20万円を超えるスコティッシュフォールドもいますので、成猫だから安い値段で譲り受けられるとは限りません。

スコティッシュフォールドの成猫の里親になる方法

クッションの上でくつろぐスコティッシュフォールド

スコティッシュフォールドの成猫の里親になるには、里親募集のサイトを利用するほか、獣医さんやペットショップで情報を仕入れる方法があります。

里親募集のサイトでは、ブリーダーのサイトよりも、1歳を超える成猫のスコティッシュフォールドが多く紹介されています。

参考になる猫の里親募集をしているサイトを2つご紹介します。猫の里親になるには条件がある場合がほとんどなので、よく確認するようにしてくださいね。

    まとめ

    長毛のスコティッシュフォールド

    スコティッシュフォールドの成猫を家族に迎えることは、とても素敵なことです。

    成猫になったスコティッシュフォールドであれば、耳の折れ具合もほぼ確定していますし、どんな性格をしているのかもわかります。

    さらに、成猫は子猫のように手がかからず、環境に慣れてくれさえすれば、とても飼い易いと言えるでしょう。

    子猫の時代は1年未満と短いものですから、成猫となってから一緒にいる時間のほうが長いのです。

    里親募集サイトでも成猫のスコティッシュフォールドがよく紹介されていますので、希望のスコティッシュフォールドを探してみてくださいね。