ブリティッシュショートヘアってどんな猫?特徴や性格、毛色など

ブリティッシュショートヘアってどんな猫?特徴や性格、毛色など

「ブリショ」の愛称で親しまれるブリティッシュショートヘアってどんな猫?チェシャ猫のモデルになったとも言われるその外見的特徴や美しい毛色、性格、歴史などについて詳しく解説します♪ブリショファンの方はもちろん、これからお迎えしようと考えている方も是非チェックしてください♪

1038view

ブリティッシュショートヘアの特徴

ひろ太くん

ブリティッシュショートヘアは筋肉質な猫

ブリティッシュショートヘアの特徴は、骨太で筋肉質ながっしりとした体型です。中型からやや大型のセミコビータイプに分類され、その胸部は幅広で厚く、太めの脚はやや短め、頭部は丸く重量感があります。被毛や目の色についてはブルーやカッパーなどの印象が強いブリティッシュショートヘアですが、実はさまざまな毛色、目の色が認められています。

不思議の国のアリスに登場するチェシャ猫のモデルとも言われるそのずんぐりとした愛嬌のある姿がかわいいと、日本国内でも「ブリショー」の愛称で根強い人気を誇る猫種です。

ブリティッシュショートヘアの大きさ

ブリティッシュショートヘアの平均的な体長は、40cm~50cm。ずば抜けて長い体長を持つわけではありませんが、骨太で筋肉質な体格を持つブリティッシュショートヘアの場合、一般的な大きさの猫よりもずっしりとした重量感ある体型になる傾向にあります。

ブリティッシュショートヘアの年齢別の特徴

年齢 人間の年齢 特徴
生後10日 生後1ヵ月 まだ目が開いていない
生後2週間 生後6ヵ月 目が開く
耳が曲がり始める
生後1ヵ月 1歳 歩き出す
乳歯が生え始める
生後2ヵ月 3歳 離乳が終わる
肥満に注意
生後3ヵ月 5歳 動きが活発になる
生後6ヵ月 10歳 発情期を迎える
生後7ヵ月 12歳 永久歯が生え始める
1歳 15歳 成長が止まる
2歳 24歳 少年期
発情期がさかんになる
5歳 36歳 歯の先端が丸みがかる
6歳 40歳 白髪が出てくる
7歳 44歳 シニア期
9歳 52歳 老猫となる
10歳 56歳 歯が抜け始める
12歳 64歳 病気にかかりやすくなる
14歳 72歳 白内障などが出てくる
16歳 80歳 痴呆症が出てくる

ブリティッシュショートヘアの年齢別の特徴は、生活環境や個体の体質によって異なる場合もあるため上記の表はあくまでも目安としてご覧ください。ただ、ブリティッシュショートヘアの場合、一般的な猫種と大きく異なる点として成長期の長さが挙げられます。

一般的な大きさの猫は生後1年、つまり大人の猫(成猫)になる頃には骨格、体型が完成しますが、ブリティッシュショートヘアの場合は約3年~5年もの間成長を続けます。急激に成長するのはやはり生後1年頃までですが、それ以降も徐々に更に逞しく成長を遂げていくため、体重や体型の管理をしっかりと行いましょう。

また、ブリティッシュショートヘアは遺伝性疾患なども少なく、丈夫で健康な猫種であるとされており、その平均寿命は14歳~17歳と長めになっています。しかし、筋肉質なその体型は運動不足や加齢によって肥満になりやすい傾向にあるため、適度な運動と食事管理を徹底することが大切です。

ブリティッシュショートヘアの子猫の体重推移

ブリティッシュショートヘアの子猫の体重推移

ブリティッシュショートヘアの体重は、メスで3kg~5kg、オスで5kg~7kgとされています。平均体重は3kg~7kgと非常に個体差が大きいため、愛猫自身の適正体重を見極めることが重要となります。生後半年を過ぎれば将来的なおおよその体重、体型が予測できる場合もありますので、かかりつけの獣医師に体重推移について相談しておくと安心です。

また、ブリティッシュショートヘアの場合は成長期が長く、約3年程成長し続けるとされていますが、急激に体重が増加するのはやはり生後1年頃までの子猫期です。ブリティッシュショートヘアの丈夫で健康な体作りの基礎となる時期でもありますので、自宅での体重測定を習慣づけて体重推移を把握できるようにしたいですね。

ブリティッシュショートヘアの性格

  • おとなしい
  • 甘えん坊
  • 独立心が強い
  • 利口
  • 穏やか
  • やさしい
  • 辛抱強い

ブリティッシュショートヘアは非常に静かで控えめ、おとなしい性格をしています。なかには甘えん坊な個体もいますが、どちらかと言えば独立心の強い猫種であり、知的でプライドも高く、まさに猫らしい性格であると言えます。家族に対しては誠実で愛情深くやさしいものの、あまりベタベタとした付き合いは好みません。

このような性格から多頭飼いに不向きと言われることもありますが、こればかりは猫同士の相性の問題です。ブリティッシュショートヘアは基本的に辛抱強く、落ち着いた性格をしているため、よほど相性が悪くなければ多頭飼いであっても程よい距離感で上手く付き合えるケースが多いようです。

性別による性格の違い

ブリティッシュショートヘアは性別によって性格に違いがでると言われることもあります。もちろん、生活環境や個体差はありますが主に以下のような違いが挙げられます。

オスの性格

ブリティッシュショートヘアのオスの場合、メスに比べて甘えん坊な性格をした個体が多いと言われることもあります。ブリティッシュショートヘアに限らず、オス猫の場合は去勢手術の有無が性格に関わることも多く、特に去勢手術済のオス猫の場合はいつまでも子猫のようなわんぱくで甘えん坊な性格をしている個体が多い傾向にあるようです。

メスの性格

ブリティッシュショートヘアのメスの場合、オスに比べてクールで猫らしい「ツンデレ」な性格であることが多いようです。特に子猫期、若猫期を過ぎると一人でのんびりと過ごすことを好む傾向にあります。

ブリティッシュショートヘアの性格がわかる動画

関連記事
ブリティッシュショートヘアの性格でみる飼い方
ブリティッシュショートヘアの性格でみる飼い方

不思議の国のアリスに出てくるチェシャ猫のモデルとなった「ブリティッシュショートヘア」。ずんぐりむっくりな体に丸い顔が特徴的の猫ですよね。そんなブリティッシュショートヘアはどんな性格なのでしょう?見た目と同じで性格も丸いのでしょうか?(笑)

  • 猫の種類
  • ブリティッシュ・ショートヘアー

ブリティッシュショートヘアはなつかない?

前述したようにブリティッシュショートヘアはベタベタと触られたり、抱っこされたりすることをあまり好まない傾向にあります。もちろん個体差はありますが、他の猫種と比べても独立心が強くお留守番も得意、一人でのんびりと過ごすことを好む個体が多いため、なつかないと勘違いされてしまうことも多いようです。

そもそも猫の愛情表現は膝の上に乗ったり、抱っこを求めたりすることだけではありません。きっと飼い主さんに対してブリティッシュショートヘアなりの愛情表現をしているはずです。

猫の愛情表現にはすり寄ったりゆっくり瞬きをしたりするものもありますので、なつかないと不安になる前にまずは愛猫の行動をしっかり観察してみてくださいね。

関連記事
ブリティッシュショートヘアは抱っこが嫌い?好きになってもらうには
ブリティッシュショートヘアは抱っこが嫌い?好きになってもらうには

「ブリティッシュショートヘアは抱っこが嫌い」というのは、猫好きさんの中では有名な話です。高級絨毯のような美しい被毛を持ち、堂々として貫禄のある体型をしているブリティッシュショートヘアですが、日本でもとても人気のある猫種です。今回は、ブリティッシュショートヘアの性格や抱っこ好きにする方法を皆さんにお届けいたします。

  • 猫の種類
  • ブリティッシュ・ショートヘアー

ブリティッシュショートヘアの毛色と柄

ブルー

アッフィーくん

ブリティッシュショートヘアは、元々「ブリティッシュブルー」と呼ばれていました。ブリティッシュショートヘアの代表的な毛色とも言えるブルーは「灰色がかった青」「青みがかったグレー」などと表現され、その美しさから「永遠の傑作」とも言われます。また、ブルーは他の毛色と比べて被毛が厚めであるという特徴も持ちます。

クリーム

弦之介くん

ブリティッシュショートヘアの毛色のなかでブルーに次いで高い人気を集めているのが、クリーム系の毛色です。ホワイトよりも濃く、ブラウンやレッドよりも淡いクリームには、ソリッド(単色)だけではなく、ブルーやホワイトとのバイカラーやタビーなどの模様も存在します。

ブラック

ブラック

ブリティッシュショートヘアのブラック系の毛色は、ソリッド(単色)はもちろん、1本1本の被毛が2色構成になった「ティッピング」と呼ばれる被毛によってソリッドブラックよりもやや薄みがかって見える「スモークブラック」なども存在します。

キャリコ

キャリコ

ブリティッシュショートヘアにも「キャリコ」と呼ばれる毛色が存在します。「キャリコ」とは一般的に日本で「三毛(猫)」と呼ばれる黒、白、オレンジ(茶)の3色で構成される毛色であり、このキャリコよりも淡い色のパステル三毛をダイリュートキャリコと呼びます。ブリティッシュショートヘアにおいては、一般的なキャリコよりもダイリュートキャリコのほうが多く見られる傾向にあります。

ハチワレ

ルークくん

近年、額の被毛の色が八の字に分かれる「ハチワレ」柄のブリティッシュショートヘアの人気が高まっています。ブリティッシュショートヘアのハチワレの毛色は、ホワイトのベースにブルーの柄を持つブルー&ホワイトであることが殆どですが、ハチワレ柄そのものには個性があり、表情が豊かに見えることも相まってとても魅力的です。

関連記事
ブリティッシュショートヘアの被毛と目の色はバリエーションが豊富!
ブリティッシュショートヘアの被毛と目の色はバリエーションが豊富!

「ブリティッシュショートヘア」と聞いて頭に浮かぶのは、灰色の毛色にゴールドの瞳のブリティッシュショートヘアではないでしょうか?しかしブリティッシュショートヘアには実は毛色も目の色もいろんな種類が存在するのです!ブリティッシュショートヘアの色にまつわる情報をまとめました。

  • 猫の種類
  • ブリティッシュ・ショートヘアー

ブリティッシュショートヘアの子猫の値段・相場

ペットショップ ブリーダー・キャッテリー 里親
13万円~25万円 20万円前後 1~4万円(医療費のみなど)

ブリティッシュショートヘアの子猫の値段は20万円前後であることが多いようです。ただ、その相場にはかなり幅があり、10万円以下である場合もあれば40万円以上の高額な値段である場合もあります。

また、ブリティッシュショートヘアを里親制度でお迎えする場合では生体価格そのものは無償であることが殆どですが、お迎えまでに要した医療費の一部を負担することになる場合もあります。

価格差が生じる理由

ブリティッシュショートヘアの子猫の値段について価格差が生じる理由には、血統や毛色、柄、月齢などが挙げられます。特に子猫の両親がキャットショーなどでチャンピオン経験がある場合や、ダイリュートキャリコなどのレアカラーの毛色を持つ場合などは価格が高額になることも少なくありません。逆に月齢が半年を超えている場合や、ハチワレなどの毛色や模様のバランスによって価格がかなり下がる傾向にもあるようです。

関連記事
ブリティッシュショートヘアの価格と飼うために必要な費用
ブリティッシュショートヘアの価格と飼うために必要な費用

ブリティッシュショートヘアはどのくらいの価格なのでしょうか。購入する際の価格と準備やその他にかかる費用を知り、ブリティッシュショートヘアを飼う前に最高の環境を整えてあげましょう。

  • 猫の種類
  • ブリティッシュ・ショートヘアー

ブリティッシュショートヘアの子猫の迎え入れ方と選び方

ペットショップ

ブリティッシュショートヘアの子猫をペットショップからお迎えする場合、いつでも自由に子猫を見に行けることや、すぐに自宅へ連れ帰ることが可能なこと、必要な猫用品をその場で購入できるなどのメリットがあります。お迎えしたいブリティッシュショートヘアの毛色が決まっている場合は、事前にペットショップのホームページで確認してから来店すると良いでしょう。

ただ、ペットショップからブリティッシュショートヘアをお迎えする時は、子猫の出生元のブリーダーや母猫、健康状態などの来歴を必ず確認するようにしましょう。基本的にペットショップはブリーダーから子猫を仕入れて販売しているため、出生元などの来歴が全く分からないということはあり得ません。

曖昧な返答をしたり、頑なに出生元のブリーダーを明かさなかったりする場合は、健全なブリーダーの元で生まれた子猫ではない可能性もあるため注意が必要です。

関連記事
猫をペットショップで購入するメリットや注意点
猫をペットショップで購入するメリットや注意点

ペットショップに行くとショーウィンドウに様々な猫種の子猫達が私達の事を出迎えてくれて、見ているだけでとても楽しくなってしまいますよね。今回は、ペットショップで猫を購入する際に覚えておきたい事を、「メリット」と「デメリット」に分けて詳しく紹介してみたいと思います。

  • 猫を飼う前に
  • 準備する物・事

ブリーダー

ブリーダーやキャッテリーからブリティッシュショートヘアをお迎えする場合、事前に子猫が生活している環境や母猫、兄弟猫などを見学させてもらえることや、アフターフォローへの期待などのメリットが挙げられます。

特にキャットショーのチャンピオン血統の子猫をお迎えしたい場合などは価格が高額になる可能性はありますが、ブリティッシュショートヘア専門のブリーダー、キャッテリーからのお迎えを検討するのが良いでしょう。

優良なブリーダーやキャッテリーの元で生まれた子猫は、健全な離乳や適齢期まで母猫や兄弟猫と過ごせる環境から社会性が高く、性格の良い子が多いとも言われています。

ただ、残念ながら中には「悪徳ブリーダー」と呼ばれる存在もありますので、理由なく事前見学を拒否したり、母猫についての質問に曖昧な返答をしたりする場合は注意してください。

関連記事
猫をブリーダーからお迎えする時のポイント
猫をブリーダーからお迎えする時のポイント

猫を家族に迎える方法のひとつに、ブリーダーさんを通して譲ってもらうという方法があります。見学をすることで子猫の性格が分かったり、気軽に猫についての相談にのってもらえるなど、メリットがたくさんあります。しかし、中には悪徳ブリーダーもいるので、注意が必要です。猫をブリーダーから迎えるときの注意点、選び方を紹介します。

  • 猫を飼う前に
  • 猫の選び方

里親

ブリティッシュショートヘアをお迎えする時、里親制度を利用するのも一つの方法です。ブリティッシュショートヘアを里親制度でお迎えする最大のメリットは、人間の身勝手で奪われてしまう可能性がある命を救うことができるということです。

しかし、里親制度でブリティッシュショートヘアをお迎えする場合では、血統や出生元、月齢などが不明である場合も少なくありません。また、飼育放棄や虐待によって心に傷を負っている可能性もあります。

近年では里親になる条件が厳しすぎるという声も多く、お迎えまでに時間を要する場合もあり、これらを覚悟してお迎えする必要があるのも事実です。

ただ、今この瞬間にも数多くのブリティッシュショートヘアが新しい家族を待っています。血統や月齢などにこだわりがないという場合は、近隣で里親募集をしているブリティッシュショートヘアがいないかどうか、それだけでも是非チェックしてみてください。

関連記事
子猫の里親になる方法や譲渡までの流れ、必要な費用まで
子猫の里親になる方法や譲渡までの流れ、必要な費用まで

子猫の里親ってご存知ですか?小さくてかわいらしい子猫を飼いたい、猫を子猫から育ててみたい、そんな時はペットショップやブリーダーからお迎えすることを考えるのではないでしょうか?でも、それだけではなく、子猫の里親という方法もあります。保護猫というと、成猫が多いですが、中には子猫の里親を募集している所もあるのです。子猫の里親になるには、どうしたらいいでしょうか?お迎えするまでの流れや必要な費用についてまとめました。

  • 猫を飼う前に
  • 里親

ブリティッシュショートヘアの飼い方

環境

ブリティッシュショートヘアは非常に利口でおとなしい性格をしており、生粋のハンター気質を持ちながらも自ら危険な遊びや行動をすることは殆どありません。そのためマンションなどでの飼育も問題ありませんが、騒がしい環境や来客などを苦手とするため、愛猫の気分によっていくつかの部屋を行き来できるような環境づくりを心がけましょう。

室温管理

ブリティッシュショートヘアは短毛ですが、被毛が密集しているため暑さには非常に弱いと言われています。熱中症などを防止するためにも、エアコンや除湿機などを利用して夏場の室温管理を徹底しましょう。

猫が快適と感じる室温は20度~28度、湿度は50%~60%とされていますので、これらを目安に愛猫の様子を観察しながら調節してください。また、愛猫自身が体温調節ができるようにエアコンの効いた部屋と、そうでない部屋を行き来できる環境が理想です。

しつけ

ブリティッシュショートヘアは非常に利口なため、しつけはそう難しくありません。お迎えした時にトイレや爪とぎ、入ってはいけない場所などを教えるくらいのもので、その他の生活力は自然と身に付けていくことができます。

ただ、ブリティッシュショートヘアは頑固な一面を持つため、後に必要となるお手入れなどはお迎えした頃から徐々に慣れさせておくことが大切です。特にブラッシングや爪切りなどは早めから慣れさせておきましょう。

シャンプーは必ずしも必要なわけではありませんが、お尻や口周りなど汚れやすい部分を濡れタオルで拭くなどの方法でお手入れできるようにしておくと安心です。

関連記事
ブリティッシュショートヘアの飼い方について
ブリティッシュショートヘアの飼い方について

ブリティッシュショートヘアの飼い方で大切なのは健康管理です。ブリティッシュショートヘアの飼い方や特徴を理解し家族の一員として迎え入れましょう。ブリティッシュショートヘアの飼い方を詳しく解説していますのでお役立てください。

  • 猫の種類
  • ブリティッシュ・ショートヘアー

ブリティッシュショートヘアの子猫の飼い方

ブリティッシュショートヘアはおとなしく静かな猫として知られていますが、ハンター気質で遊び好きな一面も持ちます。特に赤ちゃん猫~若年猫の場合、ハンターごっこを好むためお気に入りのおもちゃで思いっきり遊ばせてあげましょう。

他の猫種と比べて一人でのんびり過ごすことを好み、ベタベタと触られることを嫌がると言われるブリティッシュショートヘアですが、子猫期からしっかりとコミュニケーションをとることでそれらの気質を多少緩和させることも可能と言われています。ただ、無理に構いすぎることで逆効果になる場合もありますので注意してください。

ブリティッシュショートヘアのお手入れ

ブラッシング

ブリティッシュショートヘアは短毛で抜け毛も少ないため、被毛のお手入れは難しくありません。ただ、換毛期になると抜け毛が増えるため、日頃からブラッシングを習慣づけておきましょう。1回の時間は短くても良いので、抜け毛を取り除くための短毛種用のブラッシングブラシや毛艶を出すための獣毛ブラシなどで1日1回程度軽くブラッシングしてあげてください。

関連記事
ブリティッシュショートヘアは抜け毛が少ない!でも換毛期には対策が必要
ブリティッシュショートヘアは抜け毛が少ない!でも換毛期には対策が必要

ネズミ対策の為に飼育され、ハンター猫として活躍してきたブリティッシュショートヘアですが、短毛種で毛も多く、抜け毛がすごそう。実際のところはどうなんでしょうか?また抜け毛対策はどんなのがあるの?掃除方法は?

  • 猫の種類
  • ブリティッシュ・ショートヘアー

耳掃除

ブリティッシュショートヘアは立ち耳、短毛であるため、健康な状態であれば耳の汚れはさほど気にならないことが殆どです。しかし、長期間に渡って耳掃除を怠ると汚れが溜まり、外耳炎などの原因となる場合もありますので定期的に耳の中をチェックし、汚れがある場合は濡らしたガーゼなどで優しく拭き取りましょう。

関連記事
猫の耳掃除について その方法と注意点
猫の耳掃除について その方法と注意点

愛猫の耳掃除はしていますか?そもそも猫に耳掃除は必要なのか、やり方はどうしたらいいのか、迷う飼い主さんもいる事でしょう。猫の耳の中を覗くと奥の方に耳垢があるのが見える時がありますが、全てキレイにしようと思って綿棒を使ってガシガシやるのは御法度ですよ!それでは、どのように猫の耳掃除すれば良いのでしょうか?

  • 猫のお手入れ
  • その他のお手入れ

歯磨き

3歳を超えた猫の8割が歯周病であると言われるほど、口腔内トラブルは猫にとって身近なものです。ブリティッシュショートヘアの場合も、早い段階からの口腔ケアが大切になります。ただ、口の中を触られることを嫌がる猫は非常に多いため、歯磨きの方法は愛猫にあったものを選ぶ必要があります。

猫のデンタルケア用品にも、おやつタイプや液体タイプ、歯磨きシートなど様々な種類のものが販売されていますので、毎日行っても負担にならない方法を見つけましょう。

関連記事
猫の歯磨きの正しい方法とその必要性
猫の歯磨きの正しい方法とその必要性

一昔前では、猫に歯磨きをする事など考えた事もない、という時代でした。最近はペットの健康管理の情報が増えているので、歯磨きする事を意識される方も多いでしょう。ですが、やり方が分からない・・・出来ない・・・という場合もありますよね!この記事では、基本的な歯磨きの仕方や、歯ブラシ以外の歯磨きの方法もお伝えします。是非、愛猫の健やかな生活の為、デンタルケアを行ないましょう!

  • 猫のお手入れ
  • その他のお手入れ

ブリティッシュショートヘアの食事の与え方

子猫

ブリティッシュショートヘアは、約3年程度の月日をかけて成長しますが、そのなかでも最も急激に成長し、丈夫で健康な体作りの基礎となるのが生後1年頃までの子猫期になります。この時期は1日の総給餌量の目安を「体重(㎏)×160kcal~240kcal」で計算し、これを1日3回~4回に分けて与えるようにしましょう。

この時期は、目安量よりも多少食べ過ぎることはさほど問題ではなく、目安量を下回って食べないことや、痩せすぎることのほうが心配です。また、猫の場合生後6ヶ月までに食べたものしか受け付けなくなるネオフォビア現象を引き起こすこともありますので、なるべく様々な種類のフードを食べさせてあげることも大切です。

関連記事
子猫に与える餌の適正な量と回数とは
子猫に与える餌の適正な量と回数とは

子猫の餌の量、どのくらい食べさせたらいいのか分からない!とお困りではないですか?子猫があっという間に大きくなることは実際に猫を飼ったことがある人ならご存知でしょう。そして、その子猫たちの成長で重要なのが「餌」です。成長が著しい子猫に与える餌の量は成猫とは異なります。子猫の健やかな成長のためにも適切な餌の量を知って、健康な猫に育てましょう。

  • 猫の基礎知識
  • 猫の体

成猫

ブリティッシュショートヘアの成猫の1日の給餌量はおおよそ「体重(㎏)×80kcal」で計算します。ただ、他の猫種と比べて成長期が長いブリティッシュショートヘアの場合は成猫用、つまり生後1年を過ぎた大人の猫用の食事への切り替えは慎重に行う必要があります。

生後1年時点での体重や体格などによってフードの切り替え時期を見極める必要があるため、かかりつけの獣医師に相談しておくと安心です。また、この時期になると食事回数は1日2回で問題ありません。

しかし、ブリティッシュショートヘアは太りやすい体質を持つため、生後1年を過ぎたら与えすぎには注意する必要があります。あまりに何度も食事の催促するようであれば1日3回程度に小分けにして与えるのも一つの方法です。

関連記事
猫の食事の与え方と気をつけるべき点
猫の食事の与え方と気をつけるべき点

人間と同様、猫にとっても食事は健康維持に大切な要素です。特に室内で飼われている猫は飼い主が責任を持って食事を管理する必要があります。ここでは猫の食事について、注意すべき点も踏まえて紹介したいと思います。

  • 猫が食べて良い物・悪い物
  • キャットフード

老猫

食欲旺盛な個体が多いと言われるブリティッシュショートヘアも、老猫になると大きな粒や固い粒のフードが食べにくくなることがあります。

また、食そのものに対する興味が薄れてくる場合もありますので食べやすさや栄養面はもちろん、嗜好性にも気を配る必要があります。老猫用の柔らかいフードや手作りごはんなどを取り入れることで、愛猫が少しでも食事を楽しんでくれるよう工夫しましょう。

関連記事
老猫が食べやすい食事とおすすめのフード
老猫が食べやすい食事とおすすめのフード

猫はライフステージに合わせて食事を変えていく必要があります。老猫の食事はどのようにすると食べやすいのかまとめました。老猫といってもとても元気な子もいれば、食事に悩みがある子もいます。老猫におすすめのアイテムと手作りのごはんもご紹介します。

  • 猫が食べて良い物・悪い物
  • 全般・その他の食べ物

ブリティッシュショートヘアの飼育に必要なグッズ

トイレ

ブリティッシュショートヘアの飼育に必ず必要なのが猫用トイレです。猫用トイレにも一般的なトレイタイプやシステムタイプ、自動タイプなど様々な種類がありますが、一般的な猫よりも大きくなるブリティッシュショートヘアの場合は、将来的に窮屈にならないよう配慮してトイレを選ぶことが大切です。

トイレ砂

猫トイレに入れて使用するトイレ砂、猫砂にもおからや紙、木質ペレット、シリカゲル、鉱物系など様々な種類があります。ブリティッシュショートヘアに限らず、この猫砂に強いこだわりを持つ猫は非常に多く、少しでも気に入らないと粗相の原因になる場合もありますので、お迎えする前に使用していたものを選ぶのが無難とも言えます。

ケージ

ケージの必要性は生活環境によっても異なりますが、一人でのんびり過ごすことを好むブリティッシュショートヘアの場合、大きめのケージを準備しておくのがおすすめです。多頭飼いで他の猫から離れたい時、来客時に避難したい時…など、愛猫のストレス軽減にも繋がります。

ベッド

ブリティッシュショートヘアはのんびり過ごすことを好むため、いくつか猫用のベッドを準備してあげましょう。猫は時間によって日当たりや風通しなどに合わせて寛ぐ場所を選びます。そのため、窓際や静かな部屋…など状況に合わせて選べるようベッドを準備してあげられるのが理想ですね。

食器

ブリティッシュショートヘアをお迎えする時、食事用と水飲み用の2種類の食器を準備しましょう。食事用の食器は高さのあるものや傾斜になっているフードボウルがおすすめです。また、水飲み用については自動給水器などを取り入れるのも良いでしょう。

爪とぎ

爪とぎにも段ボールタイプや麻縄タイプなど様々な材質、形状のものが販売されています。おとなしく静かな性格をしたブリティッシュショートヘアですが、爪とぎは必ずしますので部屋にいくつか設置してあげましょう。

キャットタワー

おとなしい性格のブリティッシュショートヘアですが、他の猫同様に高い場所に登ることが好きで上下運動は欠かせません。そのため、少なくても1つはキャットタワーを設置しましょう。ブリティッシュショートヘアの場合、体重が5kgを超えることも珍しくないため大型猫用の安定したものを選んでおくと安心です。

キャリーバッグ

動物病院の通院時などに必要になるのがキャリーバッグです。一般的な猫に比べて大きくなるブリティッシュショートヘアの場合は犬用のキャリーバッグを利用するのも良いでしょう。重さが気になる場合はリュックタイプやスリングなども便利です。

首輪と迷子札

ブリティッシュショートヘアをお迎えしたら首輪と迷子札を装着しましょう。猫の場合、首輪を激しく嫌がる場合もありますが、万が一のことを考えるとなるべく迷子札の装着はしておきたいですね。首輪を選ぶときは必ず事故防止用のセーフティバック採用のものを選んでください。

関連記事
猫を飼うのに必要なもの7選と準備しておくこと
猫を飼うのに必要なもの7選と準備しておくこと

初めて猫を飼うとなると必要なものや準備しておくことなど知らないことが多くありますね。また、必要な物にはどのくらいの費用がかかるのか知っておくことも大切です。今回は、「猫を飼うのに必要なもの7選と準備しておくこと」について詳しくご紹介します。ぜひ初めて猫を飼われる際のご参考にしてみてくださいね。

  • 猫を飼う前に
  • 準備する物・事

ブリティッシュショートヘアの飼育に必要な費用

初期費用

猫の購入費
(生体費用)
ワクチン接種費 ノミダニ予防費 健康診断費 不妊手術費 日用品購入費
15万円~25万円 10,000円 1,500円 5,000円~10,000円 15,000円~30,000円 50,000円前後

ブリティッシュショートヘアをお迎えする時に必要になる初期費用は生体費用を除いても、約10万円前後となります。生体費用を含めると40万円を超えることも珍しくなく、決して安いものではありません。また、里親制度でお迎えした場合でも向こう数ヶ月で必要になる医療費や日用品購入費などで必要になる費用は殆ど同じです。

毎年かかる費用

ワクチン接種費 健康診断費 ノミダニ予防費 食費 保険料 雑費 生涯でかかる費用
5,000円~10,000円/1年 5,000円~10,000円/1年 1,000円~2,000円/1ヶ月 3,000円~6,000円/1ヶ月 500円~3,000円/1ヶ月 1,500円~3,000/1ヶ月 100万円~150万円程度

ブリティッシュショートヘアと暮らすためには、年に1度のワクチン接種や健康診断だけではなく、毎月のノミダニ予防薬の投与、食費やおやつ、おもちゃなどの雑費を含めて1ヶ月に1万円~3万円程度の費用が必要になります。

もちろん、加齢と共に通院回数が増えることもあれば、何らかの病気を患って高額な治療費が必要になる可能性もあります。いずれにしても、猫の生涯に責任を持つということはそれだけのお金も必要になるということです。ただ可愛いからという理由だけでお迎えするのではなく、それらに責任を持てるのかどうかをしっかり考えることが大切です。

関連記事
猫の維持費と初期費用~飼う前に知っておきたいお金の事~
猫の維持費と初期費用~飼う前に知っておきたいお金の事~

猫を飼う前に必ず考えておきたいのが、猫の初期費用と維持費です。猫を初めて飼う場合はどのくらいの費用が必要なのか、生涯でどのくらいの費用が必要なのか、二匹以上飼う場合はどのくらい維持費がかかるのかまとめたので参考にしてみてください。

  • 猫を飼う前に
  • 準備する物・事

ブリティッシュショートヘアがかかりやすい病気

多発性嚢胞腎

猫の多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)とは、腎臓に嚢胞(のうほう)ができていくことで徐々に腎機能が失われていく進行性の遺伝性疾患です。進行は比較的ゆっくりで初期症状は殆どなく、経年と共に慢性腎不全などの症状に陥ります。症状は多飲多尿や食欲不振、体重減少などが挙げられます。

この病気は不治の病とされており、完治させることはできません。しかし、早期に発見することで寿命を伸ばすことは可能です。生後10ヶ月を過ぎれば超音波検査で多発性嚢胞腎の診断をすることが可能とされていますので、獣医師に相談しておくと良いでしょう。

糖尿病

猫の糖尿病とはインスリンと呼ばれるホルモンが不足したり、インスリンに対する体の反応が低下することによって、血液中の糖が過剰になってしまう状態のことを指します。糖尿病の症状には多飲多尿、体重減少、食欲不振または増進、毛艶が悪くなるなどが挙げられます。

糖尿病を完治させる治療法は存在せず、インスリン注射や食事療法を用いた対症治療が主となります。太りやすい体質を持つブリティッシュショートヘアの場合、肥満はもちろん、早食いやドカ食いなどが原因となる場合もありますので日頃からしっかりとケアしましょう。

関節疾患

猫の関節疾患には、変形性関節症や関節炎などが挙げられます。一般的な猫よりも大柄な体格を持つブリティッシュショートヘアの場合、関節に負担が掛かりやすいため日頃から注意が必要です。関節疾患の症状には、運動を嫌がる、関節部分を触られるのを嫌がる、関節の動きが固いなどが挙げられます。肥満はもちろん、フローリングや高い場所から飛び降りるなどの日頃の行動が関節に負担を掛ける場合もありますので、生活環境にも気を配りましょう。

関連記事
ブリティッシュショートヘアがかかりやすい病気とは?遺伝病から生活習慣病まで
ブリティッシュショートヘアがかかりやすい病気とは?遺伝病から生活習慣病まで

ブリティッシュショートヘアはたくましい体をしているため、一見病気とは無縁そうに見えます。しかし、絶滅を免れるための交配による遺伝性の病気や、生活習慣によってかかりやすい病気があります。ブリティッシュショートヘアがかかりやすい病気とはどんなものでしょうか?

  • 猫の種類
  • ブリティッシュ・ショートヘアー

ブリティッシュショートヘアを飼っている有名人

FUJIWARA原西

大の猫好きとして知られるお笑いコンビFUJIWARAの原西さんは、ブリティッシュショートヘアの「ちょびまろ」くんと、スコティッシュフォールドの「ブラン」くんと暮らしているそうです♪

残念ながらSNSなどは見つかりませんでしたがテレビなどにも度々登場しています。ちょびまろくんは、鼻の横にある丸い模様がとってもキュートなんですよ~♪

  • 名前:ちょびまろ
  • 色:ハチワレ

ブリティッシュショートヘアの歴史

ブリティッシュショートヘアは、イギリス原産の猫種であると同時にイギリス最古の猫としても知られます。ローマ帝国襲撃の際にネズミ捕りとして持ち込まれた猫が土着、繁殖したことで誕生した猫種であり、自然発生種に分類されます。長きに渡ってその姿形を変えずに繁殖し続けていましたが、後にさらに優秀なネズミ捕りとしての選択繁殖が始まります。

この頃にはペルシャなどの長毛種との交配が行われており、現在のブリティッシュロングヘアとなる長毛種も存在していたといいます。しかし、猫血統登録団体の一つであるBCFFがペルシャとの交雑に反対したことや、第二次世界大戦の影響などで個体数は激減、絶滅の危機に陥ることとなります。

しかし、愛好家の尽力によってロシアンブルーや土着猫などとの交配により何とか危機を逃れ、戦後は人気も回復、1871年にはキャットショーでその存在感を示し、1890年代にはイギリスで猫種として公認されます。長い歴史のなかで数々の苦境を乗り越えてきたブリテッシュショートヘアですが、現在では短毛種のなかでも高い人気を根強く誇り続け、世界中で愛される猫種となりました。

ブリティッシュショートヘアに似た猫の種類

ロシアンブルー

ピノコちゃん

猫のブルー御三家と呼ばれる猫種の一つがロシアンブルーです。その名の通りロシアンブルーはブリティッシュショートヘア同様、美しいブルーの被毛を持ちますが、その見た目はフォーリンタイプと呼ばれるほっそりとした体型をしています。ロシアンブルーとブリティッシュショートはその歴史にも深い関わりがある猫種ではありますが、毛色以外の見た目や性格などは異なる部分が多いようです。

シャルトリュー

福ちゃん

シャルトリューも猫のブルー御三家と呼ばれる猫種の一つであり、原産国であるフランスでは宝と称されることも。シャルトリューの見た目は美しいブルーの被毛にがっしりとしたセミコビータイプの体型、丸みのある頭とブリティッシュショートヘアと共通する部分が非常に多くあります。また、上品に微笑んでいるように見える表情から「微笑みの猫」との愛称も。

シャルトリューの歴史を遡ると、ブリティッシュショートヘアとの交配が行われていたことはもちろん、一時期はブリティッシュショートヘアがシャルトリューと呼ばれていたこともあるほど、深い関わりのある猫種であると言えます。しかし、その性格は人懐っこく甘えん坊、大らかで従順なため「犬のような猫」と表現されることもあり、ブリティッシュショートヘアとは少し違いがあるようです。

アメリカンショートヘア

ジルちゃん

アメリカンショートヘアは、がっしりとしたセミコビータイプの体型にスクエアな顔立ちが特徴の猫種です。アメリカンショートヘアといえばシルバーグレーのクラシックタビーのイメージを持つ方も多く、その見た目はブリティッシュショートヘアにはあまり似ていないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこのアメリカンショートヘア種の基礎になったのはブリティッシュショートヘアであると考えられているのです。

アメリカンショートヘアは1620年、イギリスからアメリカへの移民のために出航したメイフラワー号に乗っていた猫の子孫であると言われています。このメイフラワー号に乗っていたとされる猫がブリティッシュショートヘアなのです。とは言っても、ブリティッシュショートヘアに比べて体重も軽い傾向にあり、性格も好奇心旺盛で陽気と違いも多く見られます。

ブリティッシュショートヘアのかわいい画像

大人のブリティッシュショートヘアの画像

チョウサイ

もふもふなブリティッシュショートヘアの画像

メルちゃん

クリームのブリティッシュショートヘアの画像

弦之介

ハチワレのブリティッシュショートヘアの画像

のんちゃん

ブリティッシュショートヘアのかわいい動画

ブリティッシュショートヘアのかわいい動画

ブリティッシュショートヘアの子猫の動画

ブリティッシュショートヘアの鳴き声がわかる動画

ブリティッシュショートヘアに関連するおすすめ記事

関連記事
ブリティッシュショートヘアの寿命と長生きするための3つのポイント
ブリティッシュショートヘアの寿命と長生きするための3つのポイント

ブリティッシュショートヘアの寿命は猫全体の中でも比較的長めとされています。ですがブリティッシュショートヘアはそのおっとりした性格上肥満になりやすく、寿命を縮めてしまうことにもつながります。せっかくの長めの寿命をまっとうさせるにはどうしたら良いのでしょうか?

  • 猫の種類
  • ブリティッシュ・ショートヘアー
関連記事
ブリティッシュショートヘアの画像25連発!被毛の色も比較してみよう!
ブリティッシュショートヘアの画像25連発!被毛の色も比較してみよう!

ブリティッシュショートヘアの可愛い画像をご紹介致します。そして可愛い画像と共に様々な被毛の認められているブリティッシュショートヘアの被毛の色を比較できるような画像もお伝え致します。ブリティッシュショートヘアの魅力をご堪能ください!

  • 猫の種類
  • ブリティッシュ・ショートヘアー