猫に床暖房を使用する時は低温やけどに注意!正しい使い方

猫に床暖房を使用する時は低温やけどに注意!正しい使い方

床暖房は足元が暖かく、コードもない、風もないなど、床暖房は猫にも飼い主さんにもメリットがある暖房器具ではないでしょうか。そんなあったかい床暖房でとろけてしまう猫が続出しているそうです。ただ、猫に床暖房を使うときは注意したいことがあります。床暖房と他の暖房器具の注意点も併せてご紹介します。

1171view

猫は暖かい所が好き

お腹を出して寝る二匹の猫

床暖房でとろける猫続出!

暖かい場所が好きな猫が、とろけてしまう暖房器具があります。それは床暖房です。床暖房があるおうちで、猫を飼っている飼い主さんは見たことがあると思いますが、床暖房をつけると、床にべったり貼りついて寝てしまい、ヘソ天になり、床暖房の暖かさでとろけてしまう「ダメになる猫」が続出するんです。

猫にとって最適な室温は?

床暖房でとろけてしまい暖かい場所が好きな猫ですが、健康な成猫であれば、最適な室温は20℃~28℃とされています。体温調節がまだ十分にできない子猫は29℃~32℃老猫は28℃前後の室温が最適です。体調を崩さないようにするには床暖房などの暖房器具の温度だけでなく湿度もチェックしてみましょう。60%が猫にとって過ごしやすいとされています。

猫は寒がり?

床暖房で猫がダメになってしまうことと、童謡にもあるように、猫は寒がりなイメージが強いと思いますが、実際はどうなのでしょうか。猫の祖先は北アフリカの砂漠が広がる熱帯地域に生息していました。なので暑さには強いが、寒さに弱いと言われています。ただ原産国の気候や個体差による違いもあります。例えば、寒さの厳しい国が原産国の猫は、被毛が二重構造なので寒さに強くても暑さに弱いです。

運動が好きで筋肉が多い猫は寒さに強い、筋肉が少ない猫や老猫は寒さに弱いと言えますが、健康な猫であれば床暖房等の暖房器具に頼らずとも、ある程度寒さに順応することもできます。個体差によって違いはありますが、子猫や老猫、病気の猫などを除けば、猫は自分で快適な場所を探して移動します。寒い日は日当たりの良い場所や、床暖房など暖房器具のある場所などを見つけて過ごします。

寒がりにも見えますが、体温が人間よりも高いため、人間と比べてしまうと寒さに敏感に見えるでしょう。また我慢せず、猫がとろける床暖房など快適な場所を見つけて移動する様子も寒がりに見えますね。

猫のいる部屋で床暖房を使う時注意する事

床の上で仰向けで寝る猫

床暖房は空気が乾燥しにくく風がないので、ホコリや猫の抜け毛が舞いにくい、床暖房の熱が伝わり部屋全体が温まる、床暖房の上で猫がとろけるかわいい姿が見られるなど、良い点もありますが、注意点もあります。

脱水

猫は積極的に水を飲まない子が多く、それが原因で病気になってしまうこともある生き物です。そして猫は、体の大きさから人間よりも床暖房の床に近い位置にいることや、体の面積の割合が人間よりも床暖房床に接することが多いです。そのため、床暖房の使用で体が熱くなりすぎてしまい、脱水になることもあります。

低温やけど

床暖房の暖かさが気持ちよくて、何時間も床暖房の上で寝てしまう猫や、自分で移動するのが難しい老猫などは、床暖房による低温やけどに注意が必要です。低温やけどは40℃~50℃のものに長時間接していると起こります。脱毛や水ぶくれ、ただれなどの症状が出ますが、被毛に覆われていることで気が付かないこともあるので、猫が体を舐めて気にしているなど、普段と違う様子があったら体をチェックしてみましょう。

猫のいるお部屋で床暖房をつけるには?

椅子の上にいる茶色の猫

床暖房から逃げられる場所

床暖房は、床面全体に入っていることがほとんどです。猫が暑いと感じたら、床暖房から逃げられるようなキャットタワーや、家具の上などの場所があるといいでしょう。

長時間つけない

猫が床暖房で低温やけどにならないように、床暖房を長時間つけないようにし、体位を変えてあげる必要があります。猫の様子を見て対応が必要です。

猫の暖房対策

カーペットの上で横たわる猫

こたつ

猫がこたつにすっぽり入ってしまうと、熱中症になってしまう恐れがあります。腎臓の機能が低下している猫は、脱水によって危険な状態になることも考えられるので、こたつ布団を少し持ち上げてトンネル状にしたり、時々こたつの中をのぞいて、出してあげたりしましょう。温度が高くなりすぎないペット用こたつというものもあります。

エアコン

エアコンの危険度は低いですが、乾燥とホコリに注意しましょう。空気が乾燥すると、猫風邪や肉球のひび割れなどを引き起こす可能性があります。また、エアコンフィルターのホコリは、呼吸器が弱い猫には悪影響となるので、こまめに掃除をしましょう。

ホットカーペット

ホットカーペットも床暖房と同じように、脱水や低温やけどに注意が必要です。活動量が少ない老猫などは、床暖房同様、長く同じ場所で寝ていることで低温やけどになってしまう可能性が高いので、敷物や座布団などを重ねて温度調節して、体の位置を変えてあげましょう。ホットカーペットの下や敷物の間に入って、のぼせてしまう猫もいるので注意が必要です。また、低温やけどを絶対に防げるわけではありませんが、ペット用ホットカーペットもあります。

ストーブ

石油ストーブ、電気ストーブとありますが、直接触れて、猫がやけどをしてしまう可能性があります。熱くなったストーブの天板に乗って、肉球をやけどしてしまうことや、ずっとストーブの前にいて、気付かずにやけどをすることがあります。また、多頭飼育で追いかけっこやケンカでぶつかる可能性もあるので、ストーブガードを使用する、もしくはストーブは使用せずに床暖房など他の暖房器具を使う、というのが対策ではないでしょうか。

湯たんぽ

地域や住宅設備などによっても違いがあると思いますが、飼い主さんが留守のときは、床暖房やその他の暖房器具の電源を抜くことを、対策の一つに入れることをおすすめします。猫が電源コードをかじって感電、暖房器具によるやけどの心配があるからです。

電気や火を使わない方法として、湯たんぽが挙げられます。湯たんぽも、床暖房や他の暖房器具と同じように低温やけどの心配があるので、適切な温度のお湯を入れ、タオルにくるんで使用しましょう。

まとめ

床に横たわるサバトラ猫

ねこは寒さに弱いイメージがありますが個体差もあります。暖かい場所を自分で探すなど、環境に順応する能力もあるので、極端に寒がりではありません。ですが、やはり暖かい場所は大好きで、床暖房にとろけてしまう猫もたくさんいます。

とても便利な床暖房ですが、猫のいる部屋で使用するには、床暖房による脱水と低温やけどに注意が必要です。長時間つけないようにして、床暖房から猫が逃げられる場所を用意したりしましょう。床暖房以外の他の暖房器具も、床暖房と同じように、脱水や低温やけどに注意が必要な物があります。猫の体質や体調などに合わせて使いましょう。

女性 匿名

床暖房から猫が逃げられる場所を用意しても殆どの猫は逃げません。

猫がいる家庭ではエアコンが一番安全なように思います。電源コードを囓りようがないし、低温火傷もしません。
ちなみに、当然ながら人間も床暖房や湯たんぽ等で低温火傷しますから、ご注意を。

多くの暖房器具と同様に室内が乾燥しますが加湿器で対応可能ですし、エアコンのフィルターのゴミは、今どきの多くのエアコンに付いている自動掃除機能付きの機種で対応可能ですから大丈夫です。
人気のキーワード