猫を室内飼いするメリットとデメリットは?必要な準備も解説

猫を室内飼いするメリットとデメリットは?必要な準備も解説

猫を室内で飼っている人は近年では多くなってきました。 自由に外に行き来できる放し飼いは様々な危険があり、室内飼いの方が安全だからです。 ですが、室内飼いには良い点もあれば悪い点もあります。 「猫を室内で飼いたい」と考えている場合、まず飼い主さんが室内飼いの特徴を知っておきましょう。 そこで今回は、猫の室内飼いのメリットやデメリットを紹介し、室内飼いをする際に必要な準備などもお伝えしていきます。

1719view

猫を室内飼いするメリット

家でくつろぐ猫

外よりも危険が少ない

室内飼いのメリットの1つは、外よりも危険が少ないことです。外に自由に行き来できる放し飼いは、刺激的な環境なので良いこともありますが、外は車が多いため、交通事故に遭う危険性が高いです。
実際に、外に行き来できる猫で最も多い死因は交通事故とされています。

また、猫は習性上、他の動物よりも交通事故に遭いやすい傾向があります。 猫は車などの前に飛び出した時、驚いて固まってしまい、素早く来た道を引き返すこともできず、事故に合ってしまうのです。

他にも、猫は車のボンネットの上やタイヤの間などでも寝ることがありますが、突然車が動き出すと驚いて飛び出してしまうこともあります。

そのため、他の動物よりも猫は車に轢かれるなどの事故に遭いやすく、外は常に危険と隣り合わせです。 ちなみに、室内飼いは外に自由に行き来できる放し飼いよりも平均寿命が長いと言われています。

感染症などの病気になりづらい

猫を放し飼いにすると、ノミやダニなどが寄生する可能性があります。 ノミやダニは皮膚病の原因にもなり、人間にもアレルギーや皮膚病を発症させてしまうこともあります。

また、猫には縄張りがあるため、間違って他の猫の縄張りに入ってしまうとケンカになる場合があります。 ケンカで怪我をする可能性も十分に考えられ、もしケンカした相手が病気を持っていた場合、その猫から菌が感染し、病気になる危険性もあります。

縄張り争い以外にも、メス猫を奪い合うケンカや、交尾によって病気が感染することも考えられます。もし猫エイズに感染してしまうと、現在では根本的な治療法はなく、対症療法を行っていくしかありません。

猫エイズは毎日の食事や住環境が病気の進行に大きく関わるため、飼い主さんにも負担がかかることになります。

迷子にならない  

猫を室内で飼うことにより、迷子の心配がなくなります。 というのも、猫が自由に外に行ける場合、遠くに行ってしまい、家に帰ってこないことがあるからです。

また、他の猫や犬に追いかけられたり、大きな道路を超えてしまい戻れなくなるなど、家に帰りたくても帰れなくなる場合もあります。

ご近所トラブルになりづらい

猫を放し飼いにすると、ご近所の迷惑になることがあります。 放し飼いにすることで、被毛の飛散、糞尿の被害、発情期の鳴き声など、ご近所トラブルになる原因は沢山考えられます。

猫は一度おしっこやウンチをした場所は匂いで覚え、また同じ場所でするようになります。 もし、ご近所の家の玄関や庭でおしっこやウンチなどをした際には、何度もその場所で繰り返す可能性があります。 そうなればトラブルの火種となってしまいます。

発情期であれば、猫は夜中にも大きな鳴き声を発し、その場合、飼い主さんだけでなく、ご近所にも迷惑をかけてしまいます。 ご近所の中には、猫が苦手な人や猫アレルギーの人がいる可能性も十分にあります。

室内飼いの方であれば、そのような方への心配もなくなり安心です。 野良猫が増えれば、糞の被害などが増える可能性があり、2005年から環境省も猫を室内で飼うよう推奨していて、外に行き来できる放し飼いをする場合は、野良猫が増えないよう不妊や去勢を行うことを求めています。

虐待などの被害にあわない

猫を室内で飼うことで、他人からの虐待も防げます。 猫を放し飼いにすれば、外にいる間に人からの虐待を受ける場合があり、そして虐待の犯人を探し出そうにも犯人の特定も難しいのが実情です。

もし猫が虐待を受ければ、人間不信になってしまう可能性もあり、人間不信になれば、飼い主にも寄り付かなくなったり、問題行動を起こすことも十分にありえます。

猫を室内飼いするデメリット

ソファーの上でくつろぐ猫

運動不足になりやすい

猫を室内だけで飼うと、運動不足になります。 家の中だけだと体を動かすことも少なくなり、じっとする時間が長くなるからです。 猫が1日に必要な運動量は種類によって変わりますが、長毛種で1日10分〜15分、短毛種で1日20分〜30分程度です。

外に行き来できる放し飼いであれば、行動範囲が広いため運動不足になりにくいですが、室内飼いだと行動範囲は狭く運動不足になりがちです。

そのため、意図的に愛猫に運動をさせていかないといけません。 もし、運動のために外に散歩に連れて行くのであれば、安全な場所で散歩をさせましょう。

最初はベランダや敷地内などがおすすめです。 また、ハーネスとリードは必ず必要なので準備しておきましょう。 家の近くを歩くだけでも猫には良い刺激となります。

猫の運動不足は肥満にも繋がりますし、関節や筋肉、骨も弱くなり、関節炎や骨祖しょう症などの病気の原因にもなります。 室内飼いを考えているのであれば、愛猫に定期的に運動をさせましょう。

ちなみに、室内飼いは放し飼いよりも行動範囲が狭く、運動不足にはなりがちですが、ストレスの原因にはなりません。 室内でも適度な運動ができれば、ストレスを溜め込むことはないからです。

猫がストレスを感じるのは、居住環境が悪いときです。 自分が使っているトイレが汚い、飲み水やご飯のお皿が汚い、猫の苦手な匂いである柑橘系の食べ物が近くにあるなど、居住環境が悪いとストレスとなるので気をつけましょう。

室内の危険な場所で事故が起きやすい

猫を室内飼いにすると、交通事故などの危険はなくなりますが、その分部屋の中での事故は起きやすいです。 高層階に住んでいるのであれば、窓やベランダは危険な場所です。 誤って窓やベランダから落下する危険性があるからです。

割と多い事故で、フライングキャット症候群とも言われています。 鳥や虫に飛びつこうとして落ちる説や、遠近感が掴めずに落ちるなどの説がありますが、原因ははっきりと分かっていません。 また、マットをベランダにかけていると、猫がそこに飛び乗って滑り落ちることもあり、危険です。

窓やベランダ以外にも危険な場所はあり、お湯の張ってあるバスタブに誤って転落して溺れてしまったり、コードをかじることで感電、ガスコンロやストーブなどでやけどをするなど、室内でも事故の原因は沢山あります。

室内飼いをするのであれば、猫が危険な場所に近づかないよう対策が必要になるでしょう。 夏場であれば、熱中症などの危険もあります。

部屋を散らかされる

室内飼いにすると、部屋を荒らされることも多々あります。 モノを壊したり、トイレじゃない場所でおしっこやウンチなどの粗相をしたり、食べ物を食い散らかしたりなど、室内飼いをしている家ではよくあることです。

モノを壊す原因は、飼い主さんがいないことに不安を感じている場合や、好奇心、退屈などがあります。 トイレでない場所でおしっこやウンチをしてしまう場合は、トイレが気に入らなかったり、縄張りの主張などが原因です。

また、病気になり、頻尿が原因でトイレに間に合わないことも考えられます。 食べ物を食い散らかす原因は、いたずら心や好奇心などがあります。 室内飼いをする場合は、飼い主の外出中に部屋を散らかすことは何度かあることなので、対策をしていく必要があるでしょう。

メスの発情期が長くなる

猫を室内で飼う場合、メス猫の発情期が長くなる傾向があります。 メス猫の発情期は日照時間が長い時期に訪れるためです。 室内飼いだと人工灯などの光があるので、その光によっても発情に影響を与えてしまい、発情期が長くなるんです。

一般的な猫の発情期は2月〜4月と6月〜8月の2回ですが、室内飼いの猫だと、年中発情期の猫も沢山います。

そのため、季節に関わらず年に3〜4回ほどの発情が起こることがあります。 発情期のメス猫の症状は、大きな声で鳴いたり、あちこちにおしっこをしてマーキングをしたり、尿の匂いも発情している時は強くなります。

ちなみに発情期のオス猫の症状は、メス猫と同じで大きな声で鳴いたり、匂いの強いおしっこをします。 他にも、外に出たがったり、攻撃的になりケンカもしやすいです。

猫を室内飼いするために必要な準備

ベッドでくつろぐ猫

トイレや寝床などを整える

猫を迎え入れる前に、まずはトイレや寝床の準備をしておきましょう。 猫は本能的に、砂のある場所をトイレだと認識します。そのため、トイレとトイレ砂を用意しておくことで、排泄の失敗なども防ぐことができます。

最初のうちはしつけとして、猫が臭いを嗅いで回り、場所を探すしぐさをすれば、用意したトイレに連れていくようにしてください。

それを2〜3回繰り返すことで、次からはそこでトイレをするようになります。 今は屋根付きのトイレや自動で掃除をしてくれるトイレ、おまる型のトイレなど沢山種類があるので、設置場所などに合わせて用意しておきましょう。

ちなみに、人間のトイレは食卓と離れており、人通りが少なくて静かな場所であるため、猫がリラックスして用を足せる為にも、猫用トイレは人間のトイレの場所に置くのがおすすめです。 ただ、子猫が誤ってトイレに落ちてしまうかもしれないので、フタは閉めておく必要があります。

トイレの他に大切なのは寝床です。 猫にとって1人でリラックスできるスペースは必要なので、猫用のベッドを準備しておきましょう。 もしベッドを設置しても使ってくれない場合は、猫がいつも寝ている場所にセットしてあげることで使ってくれるようになります。

また、室内飼いをするにしても、猫を狭い場所に閉じ込めるのはよくないです。最低でも一部屋分の過ごせるスペースを与えるようにして、その中にベッドなどを置くようにしましょう。

必要なグッズを用意する

トイレやベッドの他にも、猫を迎え入れる際にいくつか必要なものがあります。 キャットフードや、餌を入れる食器、爪とぎなどです。 爪とぎを用意することで、室内にある家具や壁、床に爪とぎをするのを防ぐことができます。

また、病院などに連れていく場合に必要なキャリーバッグなども買っておくと便利です。 他には、キャットタワーを置いておくことで、猫の運動不足の解消や爪とぎの場所、寝床にもなりおすすめです。

また、ノミ予防のために、ノミ駆除薬を用意しておきましょう。 猫は室内飼いでもノミに感染することがあるからです。 飼い主が外に出た際にノミが衣服などにつき、そのまま室内に持ち込んでしまうことが原因です。 猫にノミを感染させないためにも、ノミ駆除薬で予防しておきましょう。

猫に危険なものを置かない

猫の室内での飼い方として大切なことは、家の中を安全にすることです。 猫は観葉植物や小物などに興味を示して口に入れてしまうことがあるので、猫の届かない場所に置くか、片付けておくなどの対策をしておきましょう。

猫はラベンダーやユリ、スズランなどの植物を食べてしまうと、中毒を起こすことがあります。 猫の健康面に悪影響となるので、事前に片付けることをおすすめします。

また、裁縫道具や箸や薬、ビニール袋なども猫にとっては遊び道具の1つとなります。誤飲の原因にもなりますし、ビニール袋は首に絡んでしまう場合もあり、危険です。

前述しましたが、電気コードも猫の遊び道具になり感電の危険性があります。家具の後ろに通すか、コードカバーをつけるなどの工夫をしましょう。

まとめ

ソファの上の猫

猫の室内飼いには、様々なメリットやデメリットがあります。 室内飼いを考えている方は、今回紹介したことを参考にしてみてください。

室内飼いをすると決めた場合は、猫が誤って有害なものを食べてしまわないように、猫を迎え入れる前に家の中を掃除して整えておくことが大切です。 猫が幸せで快適に過ごせるよう危険なものは片付けておきましょう。

30代 女性 ひなた

猫ちゃんを、家の中で飼うメリットは伝染病にかかりにくいということもあります!
我が家の猫ちゃんは、保護する前に虐待を受けていたみたいですがその心配もないですものね。あとは、交通事故を防ぐことができます。
しかし、交通事故は家の中で飼っていても脱走してしまうと危険になりますので、二枚扉にしたり工夫をして猫ちゃんを脱走から守ってあげたいと思います。昨年に、二枚扉にしてからは脱走しかけることもなくなり、ヒヤヒヤせずにすんでいます。一度、外に出てしまうと喧嘩でも猫エイズがうつってしまったりと大変なことになりますので、注意が必要です。
多頭飼いの飼い主さんも、猫ちゃん同士の喧嘩で興奮しているときに扉を開けないように気を付けましょう。