夏の夜は猫のためにエアコンをつけておくべき?適切な室内温度はいくつ?

夏の夜は猫のためにエアコンをつけておくべき?適切な室内温度はいくつ?

いよいよ夏本番ですね。飼い主さんにとって、猫のための暑さ対策は悩ましい問題でしょう。特に、寝苦しい夏の夜は「エアコンのつけっぱなしは猫にとってどうなのか…。」と悩みますよね。今回は、「エアコンをつけておくべきなのか、適切な室内温度はいくつか」について述べたいと思います。

2948view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

エアコンはつけておくべきか?

エアコンの真下で寛ぐ猫

猫には汗を分泌する汗腺が肉球にしかありません。そのため、暑い夏でも効率よく体温を下げることができないのです。さらに全身を毛で被われている猫の体は、毛皮を着ているのと同じ。たとえ夜でも、熱のこもった部屋では熱中症になってしまうこともあります。

猫が夜も快適に眠るためには、適温を保つことが大切なのです。近年の猛暑では、夜でも25℃を超えることがほとんどです。エアコンはつけたままにする方が良いでしょう。 

猫にとって適切な室内温度は?

ソファで気持ちよさそうに眠る猫

上述したように、猫は体温調節が苦手。また、気温の変化にとても敏感な動物とも言えます。そんな猫が、快適と感じる室温は26℃~28℃。

人間が少し暑いと感じる温度かもしれません。あまり冷やしすぎると、猫も風邪を引いてしまいます。そのため、エアコンは28℃に設定すると良いでしょう。しかし、部屋の大きさにもよりますので調節はしてください。

我が家の猫はエアコンが苦手。エアコンのついた部屋で長時間過ごすことはせず、気づくと玄関や洗面所で寝ています。人間にとっては暑いかもしれませんが、冷やしすぎるのは禁物です。

注意点は?

歩く猫

エアコンの効率を考えると、部屋のドアを閉めきった方が良いですよね。しかし、体温調節を上手にできない猫は、快適な温度の場所を求め移動を繰り返します。

エアコンがついている部屋で猫が寒いと感じたとき、自由に移動ができるよう、部屋のドアは開けておきましょう。

まとめ

ルル

いかがでしたか?人間と猫では気温に対する感覚も、体の機能も異なります。猫の様子を窺いながら、快適に過ごせるように工夫をしていただければと思います。

愛する猫とともに、今年の暑い夏も元気に乗り切りましょう!

スポンサーリンク