囲った車の周りをチョロチョロ。つかまえたらかわいくて貫禄十分な子猫!

囲った車の周りをチョロチョロ。つかまえたらかわいくて貫禄十分な子猫!

駐車した車のエンジンルームで鳴いていた子猫を保護。簡易フェンスで囲った狭い空間で動き回る子猫をつかまえるのは思ったより大変でした。保護した後の子猫のかわいさと貫禄に人間はメロメロです。

783view

かわいさと貫禄を兼ね備えた子猫!

通報・発見

夜、またしても車のエンジンルームに入り込んだ子猫の保護依頼です。ロスアンジェルスの保護団体HOPE FOR PAWS が子猫の保護に取り組みます。

車の所有者の協力も得て、早速子猫探しを開始。団体のリーダーは、以前の同様のケースを思い出し、もし子猫が飛び出しても反応できる心の準備をします。その様子は、ねこちゃんホンポでも「エンジンルームに隠れていた子猫の救出大作戦!」という記事で紹介しました。

ボンネットを開けてよく見ると子猫が見えたようですが、カメラがその姿をとらえる前に子猫はエンジンルームからそっと抜け出してしまいました。ブラスチックフェンスで車を完全に囲っておいてよかったですが、相手は猫ですから、うまくしないとよじ登って逃げてしまいますね。

そういえば、鳴いていると聞いたのですが、今はひっそりとしています。

車の下を移動する子猫が見えましたが、どうやってつかまえるか相談しながら、カメラを持っているリーダーが車の前方に歩いてきます。すると仲間のロレータの足元に黒い子猫がいるのに突然、気づきました!

「ロレータ、君の足元にいる!つかまえて!」

ロレータはすかさず振り返って両手を伸ばしましたが、子猫はするっと手元をすり抜けて、また車の下へ入ってしまったようです。

「ハァー…↓」つかまえそこねてため息をつくロレータ。いや、これは仕方ないですよ。

子猫は車の下や周りのすき間をチョロチョロと動き回ります。狭いので人は動きづらいし、これはなかなか大変ですよ。子猫は鳴き始めました。恐くてたまらないでしょうね…。

リーダーは車の下をのぞいて子猫の動きを実況中継します。

「右前のタイヤの下だよ。あ、よじ登り始めた!登るよ!」

また隠れた子猫。絶対にフェンスを越えさせてはいけません。緊張感が漂います。

タイヤの裏かエンジンルームに隠れているはず。子猫が飛び出さないように、ボンネットを閉じました。

ロレータがおもむろに前かがみになって右前のタイヤに手を差し込みます。どした?見つけたの?

「お願い、咬まないで!」そして「ちょっとごめんね…」

その手元には、モフモフしたものが。出た~!

リーダーがすぐにケージに放り込むように指示しますが、ロレータは子猫が痛がらないように持ち直そうとしているのか、すぐにケージに入れません。ちょっと興奮気味で、リーダーの声が耳に入らないのかも。

リーダーは改めて、落ち着いた声で言います。「ロレータ、聞いて、子猫をケージに入れて」

そう言う理由もあるのです。「イテッ!夜間の高速道路で子猫を保護、ちょっと気がゆるんだところで…」の記事を覚えていらっしゃいますか?

確かに必死の子猫は口を大きく開けたり、「アウウ」とくぐもった声を立てたり。小さな牙、小さな爪でも、本気でとびつかれたら流血はまぬがれません。お互いに必死ですね。うまくケージに入れられて、よかった!

ケア

心配していた近所の人たちにお礼を言って、さあ、病院へ向かいましょう。みんなホッとして、なんだか笑いがこみ上げているようです。

病院に到着して素手で子猫の頭に触れてみると、「ニャア―!」割と落ち着いている様子。

そしてタオルにくるまれて…これは、これは…たまらなくカワイイ!

このあと診察台であおむけにされても全然抵抗せず、「最初からこんなにリラックスする子猫は初めて見たよ」と言われてます。

タオルにくるまれておやつをペロペロ。何このかわいい生物!子猫を「サターン」と名付けました。

サターンはかわいいだけでなく、落ち着いた大物感をかもし出しています。ピョコピョコ跳ね回って遊ぶなんてことも、軽々しくしないのです。…でも本当は、まだ緊張しているのでしょうね。

それから

サターンは一時預かり施設に移って、里親さんとの出会いを待ちます。この子にはきっとすぐに里親さんが見つかるでしょう。素敵な家庭で大きくなって、立派な王様になっている姿が思い浮かびませんか?

おやつペロペロの音まで聞こえる動画をご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

スポンサーリンク