愛猫を退屈させない生活環境の作り方5つ

愛猫を退屈させない生活環境の作り方5つ

猫は外に出ることもなく、毎日同じ環境で暮らしていますよね。そんな大切な愛猫に「退屈だなー」と感じさせることのないようにするには、どのような環境作りをしてあげれば良いのでしょうか。今回は「愛猫を退屈させない生活環境の5つの作り方」についてご紹介させていただきます。

3190view

猫を退屈させない5つの生活環境作り

ベッドとアメリカンショートヘア

愛猫を退屈させない生活環境の作り方は、どのようにすれば良いのでしょうか。

愛猫を室内飼いしている場合は、ほとんど同じ空間で過ごすことになりますよね。

そんなときに、猫が「退屈だな」と感じさせないようにするためにも、どのような生活環境を作れば良いのでしょうか。

そこでここでは、愛猫を退屈させない生活環境、その5つの作り方について、ご紹介させていただきます。

1.おもちゃを設置しておく

おもちゃと猫

退屈させない環境として「おもちゃを設置しておく」ということがあげられます。

猫は性格にもよりますが、好奇心旺盛で元気、遊ぶことが大好きな猫が多くいます。

飼い主がいなくて1匹でいるときに退屈だ、と感じないようにするためにも、1匹でも遊べるようなおもちゃを設置しておくことがおすすめです。

具体的には、安全を考慮した大きさのボールや、自動で動く猫じゃらしなどがおすすめです。

2.窓辺に座れるようにしておく

キャットウォーク

退屈させない生活環境として「猫を窓辺に座れるようにしておく」ということがあげられます。

猫は暖かい日差しが当たる、窓辺などで日向ぼっこすることが大好きです。

また、それだけでなく、窓辺に座れるようにしておくと、窓から雀や外の世界を見て猫は楽しんでくれます。

飼い主がいないときでも、安全に外の世界を見ることができるように、窓辺周辺は片付けて、猫が座れるような環境作りをしてあげると良いでしょう。

3.キャットウォークを設置する

キャットウォーク

退屈させない環境作りには「キャットウォークを設置する」ということがあげられます。

猫は人間が登れないような高い場所が、自分の縄張りを見渡すことができ、天敵がいないか確認することができるので好みます。

ですので猫のお気に入りの場所ができるよう、キャットウォークを設置してあげて、背の高い家具を設置してあげるのも、退屈だと感じさせない環境作りのコツでしょう。

4.入っても良い部屋は開放しておく

ドアから覗く猫

退屈させない生活環境には「部屋は開放しておく」ということがあげられます。

猫は外の世界を知らないだけに、自宅の中のあちこちを冒険し、パトロールをしています。そんなときに部屋が締め切られている、またはゲージに閉じ込められていると、猫は退屈だと感じてしまうこともあります。

しかし、キッチンやお風呂、ベランダの扉など、猫にとって危険な物がある部屋や入って欲しくないお部屋は猫が入らないように扉を閉めておきましょう。

猫が行きたい場所にいつでも行けるのはストレスがなくいい事ですが、猫の安全第一を考慮した生活環境を心がけるのが大切ですね。

5.部屋中を片付けておく

片付いた部屋

猫を退屈させない生活環境として「部屋中を片付けておく」ということがあげられます。

猫は部屋が散らかっていると歩きにくく、他の部屋に行けなくなってしまうこともあります。

部屋はきちんと片付けて、または家具を端に寄せて、真っ直ぐ歩ける通路を作ってあげると、猫は1匹でも楽しく走り回ってくれますよ。

またこのとき、家具にぶつかって、猫が怪我をしまうことがないように配置してあげてくださいね。

まとめ

クッションでくつろぐ猫

猫は外の世界を知らないだけに、自宅で退屈だと感じてしまいそうですよね。そのようなときには、飼い主が「生活環境に工夫をする」ことがおすすめです。

1匹でも遊ぶことができるようなおもちゃを設置することや、キャットウォークを作ってあげる、猫が入っても居場所の部屋を開放しておく、などすることがおすすめですよ。

窓辺を見られるようにするときには、猫が転落してしまうことがないように、安全を考慮しながら、猫が退屈をしないような環境作りをしてあげてくださいね。

人気のキーワード