出しっぱなしはNG!猫をお留守番させる時片付けておくべき6つの物

出しっぱなしはNG!猫をお留守番させる時片付けておくべき6つの物

猫は比較的、留守番が得意な動物ですが、留守番中に何が起きるか分かりません。飼い主さんがいない時に、ここぞとばかりにいたずらを始める猫もいます。可愛い猫が留守中、思わぬ事故に遭わないように、片付けておいた方が良い物のリストを作りました。これで猫を留守番させる時も安心です!

4017view

猫の留守番時に片付けておくべき物

窓をみる茶色い猫

猫を留守番させる時、片付けておいた方が良い物をチェックしましょう!

1.おもちゃ

青い毛糸のおもちゃで遊ぶ子猫

猫が誤飲してしまいそうな紐状のおもちゃや、猫の口に入りそうな小さなおもちゃなどは、出しっ放しにしないようにしましょう。

猫が誤飲した場合、体内から取り出すのに手術が必要となる場合もあります。

そのときは猫に、多大な負担が掛かりますので気をつけてあげてください。

逆に誤飲の危険性がないものは、出しておいても問題ありません。

それが猫に留守番の間、退屈しのぎにもなるかもしれませんので、適切なものを出しておいてあげても良いでしょう。

たとえばボールの中にドライフードを入れて、転がすと出てくるようなおもちゃは、猫の刺激になり、留守番中は退屈しのぎに持ってこいです。

その他にも、猫が誤飲する危険性のないおもちゃはたくさんありますので、猫好みのおもちゃを与えてあげましょう。

2.小さな物

薬を見る猫

薬やボタン電池などの小さな物は猫が誤飲しやすいです。

人用の薬は猫の毒になる可能性がありますし、ボタン電池を誤飲した場合は外科手術が必要になります。

猫の命に関わる問題ですので、留守番をさせる時は、薬やボタン電池などは必ず片付けておきましょう。

賢い猫は、棚を開けてしまうこともありますので、そのような猫の場合は、棚に鍵やストッパーをつけておきましょう。

3.人の食べ物

ハムが乗ったテーブルを見る猫

飼い主さんの食べ物を出しっ放しにしておくと、猫が食べてしまう場合があります。

人の食べ物は、猫にとっては味付けが濃すぎますし、玉ねぎなどの猫が食べてはいけない食材も含まれています。

普段は人の食べ物に興味を持っていない猫でも、何かの拍子に食べてしまうかもしれません。

万が一の可能性を考え、必ず冷蔵庫にしまうなどして、猫の手の届かない場所に置いておきましょう。

お風呂の水

お風呂場に茶色い猫

お風呂の水は抜いておく方が良いでしょう。

お風呂場のドアを閉めるのはもちろん、お風呂の水を抜いておくと安心です。

水が苦手な猫は、水の張ったお風呂に落ちるとパニックを起こします。

うまく風呂の外へ出られれば良いですが、そうでない場合は溺れてしまう可能性もあるのです。

帰宅したら猫が溺れていた…、という悲劇を防ぐために、お風呂のドアは閉て、水は抜いておくことをオススメします。

5.刃物

刃物と猫

包丁などの刃物も片付けておいた方が安心です。

留守番中に何かの拍子で、刃物が猫を傷つけてしまうかもしれません。

刃物を猫が、チョイチョイすると可能性もあります。

非常に危険ですので、必ず留守番時には刃物を片付けておきましょう。

6.高いところの物

高いところでくつろぐ猫

猫が高いところに乗った時、そこに置いてあった物が落ちて、下にいたもう一匹の猫の上に落ちる…、そんな事故が起こり得ます。

猫は高い場所が好きですし、物を落とすのが好きな猫もいます。

地震で物が落ちて猫がケガをする、という危険性もありますので、高いところに物を置かないようにしましょう。

まとめ

キャットハウスにいる猫

留守番中は猫が安全に過ごせるよう、飼い主さんは環境を整えてあげてください。

猫の安全を守るのも、飼い主さんの重要な役目です。
どうしても猫が心配な場合は、ペットカメラを設置する手段もあります。

帰宅後、可愛い猫に、無事に出迎えて貰えるよう、気を配ってあげましょう。

人気のキーワード