カナガンキャットフードの口コミ評判|安全性はどう?原材料やから評価!

  1. カナガンキャットフードの評判
  2. カナガンキャットフードの悪評
    1. カナガンキャットフードが高いという口コミ
    2. カナガンキャットフードを怪しいという口コミも
  3. カナガン キャットフードの安全性を評価
    1. カナガンキャットフードの原材料
    2. カナガンキャットフードの成分
    3. 香料・着色料不使用
    4. FEDIAF基準の工場で生産
    5. カナガンキャットフードは腎臓に危険?
    6. カナガンキャットフードはアレルギー対策にどう?
  4. カナガンとモグニャンを比較
  5. カナガン キャットフードの価格、最安値は?
    1. カナガンキャットフード/amazon
    2. カナガンキャットフード/公式
  6. カナガン キャットフード デメリット・メリットについて
  7. カナガンキャットフードにお試しはある?
  8. カナガンキャットフード/与える量は?
    1. カナガンキャットフードの量(子猫)
    2. カナガンキャットフードの量(成猫)
    3. カナガンキャットフードは太るの?
  9. カナガンキャットフードチキンによくある質問
    1. カナガンキャットフードの賞味期限は?
    2. カナガンキャットフードの臭いは?
    3. カナガンキャットフードの保存方法は?
    4. カナガンキャットフードはどんなパッケージ?
    5. カナガンキャットフードに種類はある?
    6. カナガンキャットフードの食いつきがいいと言われる理由は?
    7. カナガンキャットフードは涙やけにどう?
    8. カナガンキャットフードは子猫に与えて良い?
    9. カナガンキャットフードの粒の大きさは?
    10. カナガンキャットフードへの切り替えについて
    11. カナガンキャットフードで下痢にならない?
    12. カナガンキャットフードを食べない時の対処法
  10. カナガンキャットフード評価まとめ

カナガンキャットフードの評判

※2019年9月時点。株式会社レティシアン取扱のプレミアムキャットフード売上額において。(カナガンキャットフード チキン)
※カナガンキャットフード チキンを使用した獣医師114名を対象に「健康な猫の飼主から、当製品を使用してみたいがどう思うか相談された場合、当製品を推奨しますか?」と聞き、「(とても)良い製品だと思う」と回答した割合。2021年8月ベッツアイ調べ
※ The Queen’s Award for Enterprise : International Trade 2017受賞

カナガンキャットフードのレビューをamazonで確認しました。amazonでは471件(チキン・サーモンタイプ)もの評価が投稿されていました。

amazonともに星は3. 5以上あります。全体的にはとても評価の高いキャットフードだと言えます。その中でも良いレビューが多く、よく目にするのは「食いつきの良さ」です。

キャットフードを変えた時に一番心配なのが、食べなかった時のことです。猫は個体差がありますがどちらかというと神経質なため、警戒心が強い動物です。

そんななか、食いつき良く毎食ペロリと食べてしまうというレビューが多いのが印象的です。
しかも子猫から老猫まで年齢に関係なく、「食いつきの良さ」に関する投稿が多いのが特徴です。

こうしたレビューを見ていると、カナガンキャットフードになら今までのフードから安心して変えられると感じました。

うちのエキゾチックちゃん、このフード大好きでめっちゃお気に入りです。栄養価が高く良いフードです。
引用:amazon

猫ちゃんの好みもあるかもしれませんが、これほど良い成分のごはんは無いと思っています。私も購入する前は心配でしたが、たいそう気に入ったみたいで、これのみを毎日食べています。今まではたくさんの種類のごはんを代わる代わるあげないと食べなかった子たちが…変わりました。
引用:amazon


カナガンキャットフードの悪評

カナガンキャットフードの悪評はいくつかありますが、最も多いのが「食いつきが悪いこと」です。猫にももちろん食の好みがあるので、グレインフリーで消化が良く動物性タンパク質をメインに使っていても食べないこともあります。

また、食べたらお腹を壊したや体調が悪くなったというレビューもいくつかあります。カナガンキャットフードに含まれる今までのフードと違う成分がアレルギーを引き起こしているのかもしれません。

悪評全般が「食べてくれなかった」「調子を悪くした」というものが中心です。

公式サイトで、「食いつきがいい」「獣医師の94%が推奨(※)」と表現されていており、さらに価格が他の同等品よりも高めであるため、飼い主さんのカナガンキャットフードに対する期待値が高かったのだと思います。

※ カナガンキャットフード チキンを使用した獣医師114名を対象に「健康な猫の飼主から、当製品を使用してみたいがどう思うか相談された場合、当製品を推奨しますか?」と聞き、「(とても)良い製品だと思う」と回答した割合。2021年8月ベッツアイ調べ

我が家の猫は食べませんでした。もう少し量が少ないタイプがあれば、こんな失敗をしなくても済んだのかな……と思っています。
引用:amazon

ニャンコに不必要なものは使ってないとのことで 食いつきも良いとのことだったので期待して買ってみたのですが うちのコは全く食べず ちびっと匂いを嗅いだだけで終わりました
引用:amazon

カナガンキャットフードが高いという口コミ

カナガンキャットフードの価格が高いという声は高評価でも低評価でもどちらのレビューでも見かけます。高評価レビューでは「高いが品質がいいから我慢できる」というものが、低評価レビューでは「愛猫が食べず、廃棄せざるを得なくなり結果として高い買い物だった」という投稿が中心です。

確かに食べないならどんなキャットフードを飼っても高い買い物だと言えます。あくまでも食べるという前提で考えれば、品質に見合った手ごろな価格だと思われます。

食欲が変わらないので、味は良いのではないかと思います。原材料や品質が管理されている。少し価格が高いからか、製品の回転が低いので、新鮮さはあまり期待できないが、賞味期限内ではある。
引用:amazon

「猫のえさ ランキング 検索し」カナガンが上位というサイトが多いため信じて購入しましたが、何日もたべない。 しまいに食べたと思ったら 吐いた。匂いもキツいかなとは思いましたが…値段が高いので いいものだと信用してしまいました、残念です。
引用:amazon

 

カナガンキャットフードを怪しいという口コミも

カナガンキャットフードがステマをしているという口コミや単に怪しいというレビューはいくつか見つけることができました。アフリエイトはサイト誘導を目的としているので、結果としてステマのように見えるものが多いのではと思います。

ただ実際に購入したお客様のレビューをamazonで見ていると品質の高さや食いつきの良さを賞賛している飼い主さんが多いのも事実です。

一方、ステマ・怪しいというレビューに多いのは、商品に満足をしていただいていないことが前提としてあるようです。

アフリエイトサイトでの評判が使用感と一致しないとこうした、「ステマ・怪しい」という評価になってしまうのだと感じます。

ネットで調べてみたら、高評価のサイトばかりがでてきますが、全部同じカナガン公式サイトに誘導する、ステマばかり。会社を挙げて、ネット上の高評価を作り出すのに一生懸命。
引用:amazon

ステマ方式で購入者を集めてるとは知らずに、フードジプシーしてるときに与えてました。1歳の雄に2袋与えた辺りで体重が異常に増加。規定量よりも少なめに与えてました。もともと食欲は半端無い子なので、前のフードからの移行はとてもスムーズに食べましたが、カロリーと言うより吸収率が良すぎてしまったようです。給餌量が少なくてストレス。多く与えると軟便。
引用:amazon

 

カナガン キャットフードの安全性を評価

※ヒューマングレードの食品工場から仕入れた肉・魚を使用。
※乾燥原材料等はペットフード用に生産されたものを使用。

今までのキャットフードから新しいキャットフードへ切り替えを検討している飼い主さんが気になるのが「安全性」です。カナガンキャットフードがいくら食いつきがいいからと言っても、愛猫の健康を害するようでは本末転倒です。

そこで、ここからはカナガンキャットフードの原材料について詳しく紹介します。グレインフリーの意味やなぜグレインフリーを選んでいるのか、人工添加物は使っているのか、などについても調べました。

さらにカナガンキャットフードを製造している工場ではどんな基準が設けられているのかについても紹介します。また、飼い主さんにとってキャットフードで重要視されている「腎臓への負担」や「尿路結石」についてもまとめています。

カナガンキャットフードの原材料

カナガンキャットフードは飼い主も愛猫も、安心して利用できるように高い安全性を追求しています。カナガンキャットフードはイギリスを原産地とし、チキンとサーモンの2タイプあります。

チキンは乾燥チキンとチキンの生肉といったお肉をベースにしたものです。一方サーモンは生サーモン、乾燥サーモン、乾燥ニシン、乾燥白身魚といった魚をベースにしています。

原材料一覧から見てもわかるように、チキン・サーモンどちらのタイプも60%以上がお肉・魚で構成されています。

また、どちらのタイプも食物繊維豊富なサツマイモ、ミネラルやオメガ3脂肪酸が豊富な海藻、体内環境を整えるハーブ類が含まれています。

その他、リンゴ・ニンジン・ホウレンソウ・クランベリーといったビタミンやミネラル豊富な野菜をブレンドしています。

カナガンキャットフードはお肉や魚だけでなく、全体のバランスがとれた健康的なキャットフードだと言えます。

カナガンキャットフードはヒューマングレードの原材料を使用

カナガンキャットフードに使われている原材料は人を基準としたヒューマングレードの食品工場から仕入れた肉・魚を使っています。つまり、人が普段食べている肉・魚と同じものを使っているということです。

ペットフードにはコストを下げるために4Dミートと言われるような原材料を使っているものもあります。4Dミートとは以下の肉のことを指し、製造原価を下げるために使われます。

・DEAD=食肉用・屠殺以外の理由で死んだ動物の肉
・DISEASED=病死した動物の肉
・DYING=死にかけの動物の肉
・DISABLED=障害がある動物の肉

カナガンキャットフードが安全だと言い切れるのは、こうした4Dミートのような原材料ではなく、ヒューマングレードの基準に沿った高品質な原材料を使っているからなのです。

※乾燥原材料等はペットフード用に生産されたものを使用。

カナガンキャットフードはグレインフリー

猫はもともと肉食であるため、穀物による植物性タンパク質を分解するのが苦手です。穀物を中心としたキャットフードは消化が悪く、タンパク質を効率よく体内に蓄積できません。

そこで、カナガンキャットフードはグレインフリーに注目しました。グレインフリーとは穀物不使用という意味です。カナガンキャットフードは肉や魚が多く使用されており、動物性タンパク源が豊富なフードです。

タンパク質は体内の臓器や筋肉、皮膚や被毛を元となる大切な成分です。カナガンキャットフードはグレインフリーを採用することで、動物性タンパク質を効率良く摂取できます。愛猫の日々の成長を安心して見守れるのです。

しかも、グレインフリーにすることで小麦によるグルテンアレルギーの心配もありません。

カナガンキャットフードの成分

成分表によるとカナガンキャットフードのチキンタイプはタンパク質34%以上、脂質16.7%以上、粗繊維3.25%以下、灰分10.7%以下、水分8%以下、オメガ6脂肪酸2.99%、オメガ3脂肪酸0.82%。カルシウム1.58%、リン1.1%、エネルギー(100gあたり)405kcalです。

サーモンタイプはタンパク質34%以上、脂質14.8%以上、粗繊維3.25%以下、灰分10.2%以下、水分8%以下、オメガ6脂肪酸0.8%、オメガ3脂肪酸3.1%、カルシウム1.4%、リン1%、エネルギー(100gあたり)398kcalです。

このような成分に関する基準はFEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)という機関が策定しています。カナガンキャットフードはチキン・サーモンどちらのタイプもタンパク質、脂質、カルシウム、リンにおいて、FEDIAFの基準をクリアしています。

香料・着色料不使用

キャットフードのなかには着色料を使って見た目の色を鮮やかにしたり、食欲を増進させるような添加物を使っているものがあります。

こうしたキャットフードは食いつきがいいこともありますが、添加物自体は体外に排出しにくく体内に蓄積されていきます。長年溜まり続けた添加物は、身体に悪影響を与えます。

人間と比べて猫は体が小さいため、人間の視点で考えたら少しでも、猫にはたくさんの添加物を摂取していることになるのです。

カナガンキャットフードはこうした香料や着色料など余計な添加物を一切使っていません。毎日食べるものだからこそ、その安全性に徹底的にこだわっています。

カナガンキャットフードは愛猫の成長を安心して見守れるキャットフードなのです。

FEDIAF基準の工場で生産

カナガンキャットフードは日本ではなくイギリスの工場で作られています。イギリスはペット先進国とも称されるほどで、そのイギリスの中でも評価の高いペットフード専門の工場で製造されています。

イギリスの豊かな自然の中にある広大な工場はFEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の厳しい検査基準をクリアした施設です。

この機関がヨーロッパのペットフードと製造工場の基準を策定・管理しており、検査基準の厳しさはペット業界では知れ渡っています。また、製造ラインは常時モニタリングされており、専門の品質管理官が厳しいチェックを行っています。

さらに、最新の設備も導入し常に高い安全性を維持しています。カナガンキャットフードはこうした環境で飼い主さんと愛猫の安心と安全を守っているのです。

カナガンキャットフードは腎臓に危険?

カナガンキャットフードは腎臓にリスクがあるのか?大丈夫か?といった心配の声が一部あります。カナガンキャットフードは原材料の60%以上が動物性タンパク源で、とても高タンパクです。

一般的にタンパク質は身体づくり・成長にとってとても大切な成分ですが、摂りすぎると腎臓に負担がかかります。目安としてはタンパク質は全体の30%程度が望ましいと言われています。

そういった点で評価すると、カナガンキャットフードは腎臓に負担がかかりやすいと言えます。ただし、消化に優しい動物性タンパク質であることから植物性タンパク質主体のフードよりは安心できると考えられます。

また、腎臓病や腎不全などに影響しやすいとされているミネラル(リン)も摂りすぎると腎臓に負担がかかりますが、含有量は1~1.1%程度でさほど多くはありません。

こうしたデータを総合的に見ると、すでに腎臓に病気を患っていない限りは問題はないと思われます。

カナガンキャットフードはアレルギー対策にどう?

キャットフードを変える際に飼い主さんが気になるのは、アレルギーリスクが高いかどうかということ。アレルギーといっても種類はたくさんありますが、よく話に聞くのは穀物アレルギーです。

カナガンキャットフードは原材料に小麦やトウモロコシなどあらゆる穀物を使用していない「グレインフリー」タイプです。こうした穀物を毎日のフードから除外することで、アレルギーリスクを最大限抑え安全性を高めています。

だからと言ってカナガンキャットフードがアレルギーリスクがゼロかというとそういうわけではなく、主原料であるチキンやサーモンにアレルギーを持っている猫にはおすすめできません。

トータルで見るとカナガンキャットフードはアレルギーフリーではありませんが、飼い主さんが安心して食べさせられるキャットフードだと言えます。

カナガンとモグニャンを比較

※愛猫家485名への5商品に対するインターネットアンケート調査の結果。2021年9月日本トレンドマップ研究所調べ。
※当製品を使用した獣医師113名を対象に「健康な猫の飼主から、当製品を使用してみたいがどう思うか相談された場合、当製品を推奨しますか?」と聞き、「(とても)良い製品だと思う」と回答した割合。2021年8月ベッツアイ調べ

※2019年9月時点。株式会社レティシアン取扱のプレミアムキャットフード売上額において。(カナガンキャットフード チキン)
※ カナガンキャットフード チキンを使用した獣医師114名を対象に「健康な猫の飼主から、当製品を使用してみたいがどう思うか相談された場合、当製品を推奨しますか?」と聞き、「(とても)良い製品だと思う」と回答した割合。2021年8月ベッツアイ調べ
※ The Queen’s Award for Enterprise : International Trade 2017受賞

モグニャンはカナガンと同じレティシアンが取り扱っているキャットフードです。動物性タンパク源は、カナガン(サーモンタイプ)、モグニャン、カナガン(チキンタイプ)の順に多いという結果でした。

タンパク源含有量はどれも60%以上なので高タンパク質と言えます。炭水化物の主成分はサツマイモ・ジャガイモと同じです。

エネルギー(100gあたり)はカナガン(チキンタイプ)405kcal、(サーモンタイプ)が398kcalであるのに対して、モグニャンは379kcalと少なめでした。

サイズはカナガンのチキンが直径1㎝、サーモンが直径7㎜に対してモグニャンは8mmと小粒で食べやすいサイズだと言えます。

またカナガン・モグニャンそれぞれ容量は同じ1袋1. 5kgです。公式サイトによると、カナガンが1袋4,708円であるのに対して、モグニャンは4,356円とモグニャンの方が352円安く購入できます。

カナガン・モグニャンどちらもヒューマングレード(※1)、グレインフリー、着色料・香料不使用と安全性の意識は高い商品です。

※1 ヒューマングレードの食品工場から仕入れた肉・魚を使用。
※1 乾燥原材料等はペットフード用に生産されたものを使用。

カナガン キャットフードの価格、最安値は?

カナガンキャットフードはスーパーやホームセンター、ペットショップなどの小売店舗では販売していません。品質・在庫管理、最適な価格を維持するという観点から自社管理を徹底するため、通販というチャネルでしか販売していません。

そのためカナガンキャットフードは自社の公式サイトやamazonで購入することができます。そこで、カナガンキャットフードは一番安く買うにはどこのサイトがいいのか調査しました。

購入を検討している飼い主さんはぜひ参考にしてください。

なお、メルカリやヤフオクといった転売・中古品形式のオークション型サイトでも場合によっては購入できますが、メーカーとしては安全性が保証できない商品であるため調査対象外とします。

カナガンキャットフード/amazon

amazonではカナガンキャットフードのチキンタイプとサーモンタイプの2種類とも販売しています。どちらも1袋1.5kgで価格は5,412円(税込)です。送料は無料となっています。(2022年9月現在)。

販売者は1社のみで株式会社レティシアンとamazonの販売ページに記載されています。

amazonのセールイベントで購入したい、会員登録をしていてポイント溜めている方は、amazonで購入するのも良いでしょう。ただし、あとで説明する公式サイトからだと最大1,928円安く購入できます。

カナガンキャットフード/公式

カナガンキャットフードの公式サイトでは1袋1.5㎏で4,708円(税込)+送料704円(税込)で5,412円(税込)で購入できます。この価格はamazonで購入する場合と同じです。(2022年9月現在)。

キャットフードは継続的に必要なもので、なくなりそうになる度に購入するのは手間がかかります。また買い忘れた際は、他のキャットフードで代用することとなり愛猫が食べてくれないこともあります。

そこで、公式サイトでは便利な「定期コース」というものがあります。購入のサイクルを飼い主さんが設定できるので、ちょうどいいタイミングで届きます。

しかも、定期コースだと最大20%OFFで購入することができ、(税抜)10,000円以上のご注文で送料・代引き手数料が不要になります。

最大20%OFFの場合、1度で5袋購入が条件となりますが1個あたりの価格は3,766円(税込)となり、amazonよりも安く購入できます。

カナガンの解約方法

定期コースは解約しにくいのではないか?と不安に思う飼い主さんも多いと思います。カナガンキャットフードを管理する株式会社レティシアンはこうした不安が無いように、お客様のことを第一に考えた通販サイト運営をしています。

定期コースの解約方法は、とても簡単です。次回お届けの7日前までに「マイページ」「専用のお問い合わせフォーム」のいずれかから連絡するだけ。WEBサイトからだといつでも手軽にできます。

解約はWEBからだと心配という方には、お電話(平日11時~18時まで・土日祝休)でも受け付けています。電話での問い合わせ先は「電話番号0570-200-012」にかけて、解約の旨をオペレーターに伝えるだけです。

カナガン キャットフード デメリット・メリットについて

カナガンキャットフードのデメリットは通販でしか購入できないことです。通信販売で購入するということに慣れていない方にはデメリットに感じるでしょう。

またグレインフリーやヒューマングレードといった付加価値がある分、市販の小売店舗で販売されているキャットフードよりも割高感はあります。

一方メリットは、品質の高さです。グレインフリーであることから穀物アレルギーの不安から解放されます。

また香料・着色料は一切不使用で、チキン生肉や生サーモンはヒューマングレードの原材料を使っていることから、品質・安全性の高さがずば抜けています。

通販での購入となるため、自宅まで届けてもらえるのも便利です。

※ヒューマングレードの食品工場から仕入れた肉・魚を使用。
※乾燥原材料等はペットフード用に生産されたものを使用。

カナガンキャットフードにお試しはある?

「口コミを見て良さそうだし今のフードから変えたいけれど、いきなり1.5㎏も届くのは不安」と考える方も多いと思います。そんな方におすすめなのがカナガンキャットフードの100円モニターキャンペーンです。

WEB限定で1日1000名限定・100円で、お試しサンプルが購入できます。送料は無料でしかも、支払いは同梱されている振込払い票を使った後払い方式です。

クレジットカード情報の登録など、この時点では不要なのでとっても気軽にモニターキャンペーンに参加できます。量は50gで3~4kgの猫なら1日分に相当します。

モニターキャンペーンの参加方法は「カナガン 猫 100円モニター」で検索するか、「カナガンキャットフード」を検索すると、検索エンジンの広告枠に100円モニターの案内が表示されます。

その広告の案内をクリックして、指定のフォームに情報を入力するだけで完了です。

カナガンキャットフード/与える量は?

カナガンキャットフードは2ヶ月以上の子猫からシニア猫まで幅広く与えられます。カナガンキャットフードの公式サイトでは体重ごとに成猫・子猫の最適な給与量が書かれています。

子猫の場合はさらに月齢ごとにも分けられているので、参照してください。公式サイトに掲載されている量を与える際は、給与量の少ない方の量から試すようにしてください。

愛猫の体重からの必要給与量の計算方法を知りたい場合は以下を参考に算出してください。1日に必要なカロリー=体重×80kcalで、例えば体重が5kgの場合、5kg×60kcal=300Kcalが必要カロリーです。

チキンタイプだと100gあたり405kcalなので 【必要カロリー量】300kcal÷【フードの100gあたりのカロリー】405kcal×【固定値】100=74gと計算できます。

公式サイトだと体重5㎏の場合給与量は60gとなっているので、14gの差があります。算出方式だと公式サイトと差が出るので、気になる方は公式サイトに倣うのが良いでしょう。

カナガンキャットフードの量(子猫)

カナガンキャットフードを子猫に与える場合は、公式サイトに記載されている給与量を参照してください。月齢が2~13ヶ月までの範囲で、2ヶ月単位ごとに適正な給与量が記されています。

例えば、3kgの子猫の場合2~3ヶ月では35~50gですが、12~13ヶ月だと60~75gの給与量が必要になります。

体重だけでなく、月齢による差が大きいため注意が必要です。またカナガンキャットフードは食べやすいサイズのため、口が小さい子猫にもおすすめです。

慌てて噛まずに食べてしまうと、消化しきれずに吐いてしまうことがあります。ガツガツと丸飲みしてしまうタイプの愛猫には少量ずつ与えて、時間をかけて食べさせるようにするのもおすすめです。

カナガンキャットフードの量(成猫)

14ヶ月以上で成猫の場合は、公式サイトの成猫の給与量を参考にして、与えると良いでしょう。子猫と違って、体重だけが給与量の目安になりますが日々の運動量も参考にしながら、量を調整してください。

そのため、子猫の時と同様に体重管理はとても大切です。かかりつけの獣医さんに連れて行ったときだけでなく、普段から体重を確認するようにしておきましょう。

また、シニア猫になってくると運動量が落ちてきます。今までと同じ量を与えていると、カロリーオーバーになることもあります。目安となる給与量に対して、10%程度減らすなど愛猫の調子に合わせて調整してください。

噛む力が弱ってきた愛猫の場合は、お水でふやかしてからあげるのもおすすめです。ふやかしたお水にも栄養成分があるため、捨てずに一緒にあげるようにしてください。

カナガンキャットフードは太るの?

カナガンキャットフードのチキンタイプは100gあたり405kcal、サーモンタイプは100gあたり398kcalです。ドライフードで100gあたり400Kcal前後のものはやや高カロリーだと言えます。

カロリーが高めのキャットフードは太りやすいと思われるかもしれませんが、実はそうではありません。カロリーが高くても、子猫の場合は体重と月齢、成猫の場合は体重に合わせて適正量を与えていれば問題はありません。

運動量が少ない猫の場合は、目安の給与量から10%ほど減らして調整してください。また、カロリーが高い分1回の食事で食べられる量は、他のキャットフードよりやや少な目になります。

猫が食事の量で満足してなさそうであれば、食事を小分けにして時間差で与えると満足度が高まります。

カナガンキャットフードチキンによくある質問

カナガンキャットフードの賞味期限は?

カナガンキャットフードはイギリスで製造されており、賞味期限は製造されてから未開封で18ヶ月となっています。

ドライタイプのキャットフードの賞味期限は12ヶ月から18ヶ月程度が一般的なので、カナガンキャットフードの賞味期限は比較的長めだと言えます。

カナガンキャットフードはイギリスで製造されたあと、日本に輸入されその後注文に応じて発送されます。商品が実際に届いたときに、製造されてから何日か過ぎているため、18ヶ月より短くなっています。

賞味期限はパッケージの裏面に記載されており「BBD」と記載されている箇所に「日/月/年」の順に印字されています。例えばBBD 02/09/22と印字されている場合の賞味期限は、2022年9月2日という意味です。

カナガンキャットフードの臭いは?

レビューやブログなどには、「カナガンキャットフードは臭う」というコメントがいくつかあります。

カナガンキャットフードはチキンタイプ、サーモンタイプどちらも動物性タンパク源が60%以上含まれています。しかも、合成保存料や着色料、香料は使用されていません。

つまり、この「臭い」の正体はチキンやサーモンなどの「おいしいニオイ」なのです。人間にとっては強い臭いに感じるかもしれませんが、猫にとっては食欲をそそる極上のニオイなのです。

また、レビューなどで「ウンチがくさい」と書かれているものもよく目にしますが、このようにチキンやサーモンなどの素材のニオイをそのまま活かしていることによるものです。

人間にとってカナガンキャットフードは少し臭いますが、愛猫の健康のためなら我慢できるレベルだと思われます。

カナガンキャットフードの保存方法は?

カナガンキャットフードは香料・着色料不使用です。そのため開封後は湿気の少ない涼しい場所で保存してください。

その際、酸素に触れると酸化するため、袋のジッパーをしっかりと密閉して余分な空気を抜くようにしましょう。

より酸化を防ぐためには、空気をしっかりと抜ける密閉性の高い保存容器に小分けに入れて冷暗所で保存すると良いでしょう。

また、冷蔵庫での保管はおすすめできません。冷蔵庫から出し入れするたびに、急激な温度変化で結露ができてします。その結露が原因でフードにカビが生えてしまいます。

夏場でも冷蔵庫に入れず、家の中の冷暗所で保存するようにしてください。また、開封後は、できる限り早めに使い切ってください。

カナガンキャットフードはどんなパッケージ?

※2019年9月時点。株式会社レティシアン取扱のプレミアムキャットフード売上額において。(カナガンキャットフード チキン)

キャットフードのパッケージによっては、開封後に封をする「ジッパーなし」タイプがあります。こういったタイプのパッケージの場合は、先ほど紹介した密閉性の高い保存容器に移し替えるのが必須です。

カナガンキャットフードは「ジッパー付き」なので、空気をしっかり抜いておけば袋のまま保存するのも問題はありません。より気になる方は保存容器で管理するのがベストという意味です。

また、このジッパーは2020年頃からリニューアルされ「ダブルジッパー」タイプに改良されました。

通常のシングルタイプよりも、しっかりと封ができるので密閉性が高まり安心して保存できます。ジッパーも軽い力で開閉できる使い勝手の良さと、毎日の使用にも耐えられる丈夫さを兼ね備えています。

カナガンキャットフードに種類はある?

カナガンキャットフードはこれまで紹介してきたチキンタイプとサーモンタイプの2種類があります。

チキンタイプはチキンを主体としており、サーモンタイプより脂質が多くカロリーも少し高めの100gあたり405Kcalです。

サーモンタイプはサーモンを主体としており、他にもニシンや白身魚も加えています。そのため、チキンタイプよりもオメガ3脂肪酸の割合が約2.3%近く多いのが特徴です。

この2種類以外にもドライタイプでターキーを主体とした「カナガンデンタルキャットフード」がシリーズ商品として販売されています。1袋1.5kgで5,456円(税込)とちょっと高めの価格帯です。

他にもウェットタイプで「カナガンキャットフードチキン&サーモン」があります。1缶75gの食べきりサイズで12缶セットで5,940円(税込)で販売されています。

カナガンキャットフードの食いつきがいいと言われる理由は?

猫はもともと肉食動物のため、お肉が大好きです。そのため、カナガンキャットフードは主成分となるタンパク質です。

チキンタイプは乾燥チキン・生肉チキンを、サーモンタイプは乾燥サーモン・生サーモン・乾燥ニシン・乾燥白身魚をそれぞれたっぷり使っています。その割合はなんと全体の60%以上というから驚きです。

このように肉の配合量や魚の配合量にこだわっているのが食いつきのいい最大の理由です。しかも、チキン・サーモンタイプどちらとも品質の高さを重視し、チキンは放し飼いのものを、魚は鮮度の高いものを使用しています。

余計なものを入れずに素材そのものの美味しさを徹底して追及する、そのひたむきな姿勢がカナガンキャットフードの美味しさを支えているのです。

カナガンキャットフードは涙やけにどう?

涙やけは涙が鼻涙管の限界を超えて溢れ、その涙に雑菌が繁殖することで起こります。雑菌が繁殖するのは「涙の量」と「涙の性質」が関係しています。

キャットフードは鼻涙菅を調節することはできないため、涙の量を調整することはできません。一方、涙やけのもうひとつの原因である涙の質は調整できそうです。

涙のPH値がアルカリ性に傾いていると雑菌が繫殖しやすいと言われており、涙のPH値を適正にできれば涙やけの改善が期待できます。

カナガンキャットフードは、マグネシウム、リン、カルシウムがバランスよく配合され、尿をアルカリ性に傾けないよう工夫されています。そのため涙のPH値も尿と同じようにアルカリ性化しにくいと考えられます。

カナガンキャットフードは子猫に与えて良い?

カナガンキャットフードは子猫に与えて良いかと思う飼い主さんも多いと思います。栄養成分が少ないキャットフードの場合は、量をたくさん与えなければならず、消化に時間がかかるため発育中の子猫には不向きです。

一方、カナガンキャットフードはタンパク質が豊富で栄養成分が豊富なため、毎日の給与量も子猫に負担なく与えられます。こうした点から、カナガンキャットフードは月齢2ヶ月から与えても問題はありません。

公式サイトにも同様のことが記されています。またカナガンキャットフードは子猫に食べやすい小粒サイズなため、吐き戻しなどの心配が少なく安心して与えられます。

こうした点からカナガンキャットフードは成猫の健康だけでなく、子猫の成長のことも考えた安心で安全なフードだと言えます。

カナガンキャットフードの粒の大きさは?

カナガンキャットフードの粒の大きさは、チキンタイプで直径約10㎜で厚みが約4.5mm、サーモンタイプで直径約7㎜で厚みが約5mmです。

どちらのタイプも一般的なキャットフードと比べると小粒と言えます。キャットフードのサイズで大切なことは、丸飲みしにくいちょうどいい大きさかどうかということです。

カナガンキャットフードはチキン・サーモンどちらのタイプも子猫が噛みやすい小粒ですが、丸飲みしにくい最適なサイズ設計が施されています。

丸飲みしにくいサイズであるため、口の中でしっかりと噛まなければなりません。カナガンキャットフードはサクサクとした食感のため、噛むことも負担になりにくいのが特徴です。

胃に入ったときには細かく砕けているため、吐き戻ししにくく栄養をしっかりと吸収できるのです。

カナガンキャットフードへの切り替えについて

猫は警戒心の強い生き物なので、毎日食べているキャットフードが突然変わると食べなくなることがあります。

そのため、カナガンキャットフードに切り替える場合はこれまでに食べていたキャットフードに少しずつ混ぜながら、与えるようにしてください。

切り替えにかける期間は7日間ぐらいを目安にしてください。公式サイトにも記載されているように1日目は、カナガンを25%、もとのフード75%の比率で与えてください。

以降3日目からは50%、5日目は75%、7日目は100%となるようにカナガンキャットフードを与えてください。

そのため、カナガンキャットフードに切り替えようと決めた際には、これまでのキャットフードはある程度残しておくようするのが大切です。使い切ってしまわないように注意してください。

カナガンキャットフードで下痢にならない?

ナガンキャットフードは、カナガンキャットフードには体環境をサポートするマンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖が含まれています。

ですが、カナガンキャットフードの低評価レビューに多かったのが「下痢」になるというものがありました。下痢にはいくつか原因がありますが、考えらえるのは成分の何かにアレルギー反応を起こしているというものです。

例えば、チキンはどの猫にも大丈夫そうだと思いがちですが、「チキンアレルギー」という症状があります。同様にサーモンにも「サーモンアレルギー」があります。

アレルギーの原因は「グルテン」が有名ですが、このようにチキンやサーモンなどといった、安全そうな原材料が引き起こすこともあるのです。こういった点から考えると、カナガンキャットフードで下痢になるリスクはあると言えます。

カナガンキャットフードを食べない時の対処法

猫は変化にとても敏感です。知らない人が家に来たり、大きな物音がしたりするだけでも驚いて隠れてしまうほどです。

日常が崩れることにとても神経質だと言えます。そのため、新しいキャットフードに切り替えると食べなくこともあります。

また、サンプルだと食べたのにいざ届くと食べてくれないということも良くあります。食べない時は、無理やり食べさせるとどんどん嫌いになってしまいます。

その場合は一旦以前のキャットフードに戻して、さらに混ぜる量を推奨量よりも減らしてください。7日で切り替えるのではなく、倍の14日ぐらいの時間をかけてゆっくりと慣れさせていきましょう。

時々、好きなおやつも一緒にトッピングして安心できるキャットフードだと思わせることが大切です。

カナガンキャットフード評価まとめ

 ※2019年9月時点。株式会社レティシアン取扱のプレミアムキャットフード売上額において。(カナガンキャットフード チキン)
※ カナガンキャットフード チキンを使用した獣医師114名を対象に「健康な猫の飼主から、当製品を使用してみたいがどう思うか相談された場合、当製品を推奨しますか?」と聞き、「(とても)良い製品だと思う」と回答した割合。2021年8月ベッツアイ調べ
※ The Queen’s Award for Enterprise : International Trade 2017受賞

カナガンキャットフードは肉や魚が多く使用されており、動物性タンパク源が豊富なフードです。

チキンやサーモンなどの動物性タンパク源は全体の60%以上も含むという「高タンパク質」が特徴です。このチキンやサーモンといった原材料はヒューマングレード(※1)の食品工場で加工された安全性の高いものだけを使用しています。

※1 乾燥原材料等はペットフード用に生産されたものを使用。

このように高品質であることから、価格は同じ量のキャットフードよりもやや高めです。

口コミはおおむね高評価が多いのが、安心材料でもあります。一部低評価もありますが、どちらかというと「買ったけど食べなかった」という個別事情によるものだと思われます。

こうした低評価を少しでも減らすために、販売会社であるレティシアン社は100円モニターキャンペーンを実施しています。正式に注文する前に、100円モニターキャンペーンを利用してお試しをしてみるのがおすすめです。

総合的に判断すると、カナガンキャットフードはとても良いキャットフードだと思われます。飼い主さんや猫のことを第一に考え、安心・安全を徹底して追及している姿勢にとても感銘を受けました。

キャットフードを切り替えようとお考えの飼い主さんは、ぜひ候補のひとつとして検討してください。

 

タイトルとURLをコピーしました