猫がカリカリを丸呑みするのは大丈夫? 気をつけたい事

猫がカリカリを丸呑みするのは大丈夫? 気をつけたい事

猫の食事に、カリカリと呼ばれるドライフードを与えたことがあるのではないでしょうか。ドライフードをカリカリと音をたてて食べる様子は、とてもかわいらしいものです。でも、カリカリという音が聞こえないことも。呑み込んでいる? そうです。ドライフードの形状にもよりますが、猫は丸呑みしてしまうことがあるのです。吐いた毛玉の中に、そのままの形でカリカリが出てきたのを見たことがありませんか? カリカリを丸呑みしてしまって、大丈夫なのでしょうか?

2488view

カリカリを丸呑みしても大丈夫?

猫とキャットフード

野生の肉食動物の習性を残した猫は、カリカリを丸呑みしてしまうことがありますが、体の方も獲物を丸呑みしても大丈夫なようにできています。それだけ、胃が強く、高い消化能力を持つのです。ですから、丸呑みしてしまっても、それほど心配はありません。

猫はカリカリを丸呑みする?

キャットフード

ドライフードを与えると、カリカリと音をたてて勢いよく食べる猫。

でも、そばでよく聞いていると、カリカリと音がしているのは時々で、ほとんど呑み込んでいる様子。これは、珍しいことではありません。猫は、カリカリを丸呑みしてしまうことがあるのです。

猫はなぜカリカリを丸呑みするの?

おおきく口を開けた猫

フードをよく噛まないで丸呑みしてしまう……よほどお腹がすいているのでしょうか。そんな時もあるでしょうが、猫がフードを丸呑みしてしまうのには、理由があるのです。

他の動物に横取りされないため

肉食動物全般に言えることですが、獲物を捕らえると、他の動物に横取りされる前に急いで食べます。その際、あまり噛むことはありません。家庭で飼われている猫にも、野生の肉食動物の習性が残っているものと思われます。

他の動物に攻撃されないため

肉食動物とはいえ、襲ってくる敵はいます。食べている時は無防備になりがちです。ですから、早く食べられるように丸呑みしてしまいます。猫がカリカリを丸呑みするのも、その名残があるからと言われています。

咀嚼しにくい歯をしているため

獲物をよく噛まないで呑み込む習性がある肉食動物の歯は、よく噛んで食べるようにはできていません。猫の口の中を見てみるとわかりますが、奥歯まですべてがとがっています。これでは、咀嚼がうまくできません。

気をつけたい事は?

キャットフードを吐き出す猫

猫がカリカリを丸呑みしてしまうのは普通のことです。しかし、食べた後に頻繁に吐くようなら、消化が追いついていないと考えられます。

食事の量が多く、食べ過ぎてしまっている可能性がありますので、与えるフードの量を減らすようにしてみましょう。

量が足りないようなら、1日に与える食事の回数を増やして調節します。1度にたくさん食べ過ぎないようにすることが大切です。

丸呑みすることで早食いになってしまうこともあります。その結果、食べ過ぎになってしまいますし、肥満や病気にもつながりますので、早食いはやめさせた方がいいでしょう。猫の早食い防止用の食器も販売されていますので、利用してみてはいかがでしょうか。

こんな時は要注意!

元気なく横になる猫

猫が食事の後で吐いてしまった時、多くの場合は消化が追いついていないことが原因です。しかし、他の理由も考えられますので、注意が必要なこともあります。

元気がない

吐いた後で元気がなかったり、その後食欲がなかったりした場合は、体調不良が考えられます。特に、下痢などの他の症状が見られるようなら、早めに獣医さんに診てもらいましょう。

フードが合わない

猫の体質に合わないフードを与えても吐いてしまうことがあります。特に腎臓や肝臓の働きが弱っている老猫では、添加物などを処理できず、吐いてしまうことになります。原材料に穀物を多く使用しているフードも消化されにくいです。

元気はあるけれど、食事の後に吐いてしまう場合は、フードを替えてみるのもいいでしょう。

まとめ

ご飯を食べて満足げな猫

猫がカリカリを丸呑みしてしまっても、それは野生の肉食動物の習性が残っているからで、それほど心配することはありません。

ただ、食べた後で吐くような場合は注意が必要です。

消化が追いついていない可能性があるからです。食べ過ぎているなら、食事の量や回数を調整しましょう。吐く場合に病気が隠れていることもありますので、元気があるか、下痢をしていないかなども確認するようにして下さい。

高い消化能力を持つ猫ですが、年をとるにつれて体の機能も弱ってきます。体質や年齢に合ったドライフードを与えるようにして下さいね。

人気のキーワード