猫の貧血に効く食事や食べ物5選

猫の貧血に効く食事や食べ物5選

概要

  • 猫の貧血には鉄分、たんぱく質、葉酸、ビタミンB12、ビタミンCなどが必要
  • レバー、小松菜、白菜、魚(かつお、いわしなど)、卵黄などがよい
  • 貧血の猫用のキャットフードを与えるのも効果的

猫も、人間と同じように、貧血になります。飼い主さんは、なんとかして改善させたいことでしょう。猫の貧血に効くと期待できる食べ物について、ご紹介します。

2804view

猫の貧血に効く食事の特徴

食事のお皿と猫

食事によって貧血を改善しようとすると、血液を作っている鉄やビタミンが含まれるものを取る必要があります。猫に与える食事の成分として、次の成分があげられます。

  • 鉄分
  • たんぱく質
  • 葉酸
  • ビタミンC
  • ビタミンB12

鉄、ビタミンB12、質の良いたんぱく質は血液をつくる重要な成分です。ビタミンCには造血作用があり、鉄分の吸収を助けるとされます。葉酸は、赤血球の細胞が作られるのを助けます。

貧血は、単純な一つの症状ではなく、色々な病気や状況が原因となって起こります。

貧血になると考えられる原因は、寄生虫、化学物質などの中毒、感染症、腎不全、腫瘍、栄養不良や食事の問題などです。猫がなる貧血には、鉄欠乏性貧血、再生不良性貧血、ほかに溶血性貧血などがあります。

鉄欠乏性貧血の場合であれば、食事を変えることによって、症状が改善されることがあります。また、食事が原因ではない貧血の場合でも、食事を変えることによって、猫の回復を助ける効果が望めます。

貧血が改善される食材としては以下が良いとされます。

  • レバー(鶏、牛など)
  • 小松菜、白菜
  • 魚(かつお、いわしなど)
  • 卵黄

どれも、与えすぎは体調を悪化させる原因になります。また、与えない方が良い症状の猫もいます。猫それぞれの症状に合わせ、量を調整して与えることが必要です。

猫の貧血に効く食事を与える方法

スプーンと手から食べる猫

鉄欠乏性貧血の治療法としては、食事療法がとても効果があると言われています。貧血の猫には、キャットフードで栄養を補うか、手作りをしてあげるという方法があります。

与える時に気をつけることとして、キャットフードにしても手作りにしても、猫に与えても良いかどうかを必ず獣医さんに確認することです。そして必ず加熱して、少量を与えるとうことです。どんな食材も、バランス良く摂ることが大切ですし、同じものだけをあげ続けないように気をつけましょう。

病気や体の状態によっては、与えない方が良い食べ物がありますので、それぞれの猫に応じた食事を与えることがいちばんです。

手作りで、食材を調理して与える時には、その食材を食べても問題がないかを必ず確認しておかないといけません。さらに、主食となるべきフードはちゃんと与えるということです。例えば、レバーが良いからといって、レバーだけ与えていれば良いということではありません。

主食となる栄養素を取ることも大切ですので、症状や病気に合わせた食材を与えることが大切です。

なかなか手作りで与え続けるのが難しいという場合には、キャットフードやサプリメントを与える方法があります。与え方としては、いつものフードに混ぜたり、トッピングしたり、補助的に単独で与える方法があります。

ちゃんと、貧血の原因となっている病気の猫に合わせたキャットフードが販売されていますので、そちらを与えるのも効果があると考えられます。

その場合に気をつけることは、獣医さんで診断をしてもらい、猫が貧血を起こしている原因を突き止めておくことです。原因や症状に応じて、食事療法をしていくことが、猫の貧血の改善や病気の治療につながります。

猫が貧血になる病気とは

診察される猫

腎不全

猫の腎不全とは、腎臓の機能が次第に低下して、機能不全になってしまう病気です。慢性腎不全が進行すると、高血圧や貧血になり、疲れやすくなります。

急性腎不全と違い、慢性腎不全は一度発症すると、失われた腎臓の機能が戻りません。そのため、治療法は、症状を緩和し、進行をできるだけ抑えることになります。

治療では食事療法と内科的な治療があります。療法食がありますので、動物病院で販売されたものを与えることになります。

猫白血病ウイルス感染症

猫白血病ウイルスに感染して、発症する病気です。初期の症状として、貧血、発熱、元気がない、リンパ節が腫れるといったものがあります。

この感染により、貧血にともなった、舌や口内が白い、疲れやすいといった症状も出ます。さらに腎不全を起こしてしまうこともあります。

猫白血病ウイルスを治せる、確実な治療法はまだありません。もし白血病になってしまっても、猫にストレスを感じさせない生活をさせるようにしてあげます。

栄養面が整った食事をさせることも、猫の体調を悪化させないためには効果があります。

ヘモバルトネラ症

ヘモバルトネラ症とは、猫伝染性貧血と言われ、赤血球の表面に寄生するヘモバルトネラフェリスという病原体に感染することにより貧血になる病気です。

この病原体に感染すると、赤血球が破壊されたり、異常が生じたりすることで、貧血になります。貧血になると、元気がなくなり、歯茎が白くなって、発熱することもあります。

猫白血病ウイルスなどに感染していると、さらに貧血が重くなり、猫の命にかかわります。

この病原体の感染原因ははっきりとはわかっていませんが、猫同士の喧嘩による咬み傷や、ノミなどの寄生によると考えられています。

中毒

猫が、薬物や食物などを食べたり、吸い込んだり、触れたりすることで、機能障害を起こすことです。症状は、中毒の原因となったものによって異なります。

殺鼠剤による中毒では、血が止まらなくなる成分があるので、鼻や口、皮膚などから出血します。個体によって症状は違いますが、吐血したり、血液の混ざった便をしたりもします。

猫の貧血に効くキャットフードとサプリメント

食事する猫

猫の貧血に効果があると考えられるキャットフードと、サプリメントについてご紹介します。

貧血の猫にあげたいキャットフード

チキンレバーブロック

eatea イートイート 国産 チキンレバーブロック 犬 猫用缶詰 160g 鶏レバー
336円(税込)

国産雛鳥レバーをそのままスープ煮にした、国産のウエット缶フードです。ドライフードに混ぜても与えられます。

アズミラ

アズミラ (Azmira) 猫用缶フード オーシャンフィッシュ 156g
466円(税込)

合成保存料、着色料、防腐剤、香料を使用していません。原材料はオーシャンフィッシュ、チキンレバー、まぐろ、ビタミン、ミネラルが含まれています。

ニュートライプ

ニュートライプ 無添加 缶キャットフードfitシリーズ サーモン&グリーンラムトライプ 95g【24缶】
7,375円(税込)

人工着色料、香料、保存料を含まない自然派の缶詰キャットフードです。人工穀物不使用で、アミノ酸、乳酸菌、ビタミン、ミネラルなどが含まれています

貧血の猫にあげたいサプリメント

ペットチニック

ペットチニック 犬猫用 30mL
円(税込)

鉄・銅・ビタミンB群をバランスよく補給できるリキッドタイプのサプリメントです。与え方は、記載されている量を1日2回直接口内に投与するか、普段のフードにふりかけるなどして与えます。

ヘモテクト

明治製菓 ヘモテクト 60粒
3,902円(税込)

鉄は吸収性に優れた水溶性の鉄原料を使用し、アミノ酸豊富なプラセンタ様物質とビタミンB群をバランス良く配合したタブレット状のサプリメントです。貧血の時に必要な成分を1粒で補給できます。

猫の貧血に効く食事のまとめ

色々なフードと猫

貧血の猫に与えるキャットフードは、防腐剤や添加物などがなく、出来る限り自然なものを与えることが効果的だと考えられます。与える時には、必ず動物病院での診察を受け、貧血の原因の病気の治療をした上でアドバイスを受けましょう。

手作りの食事を与える時にも、獣医さんに具体的に与えるものを伝えて、猫の体にとって安全かどうかを判断してもらうことをお勧めします。

貧血は、普段の飼い方によって予防することが出来ます。また、貧血になってしまった猫でも、食事に気をつけることで、体調が良くなる可能性があります。ワクチン摂取や室内飼いも含めて、毎日与える食事にも気を配り、猫がストレスのないように暮らせるようにしてあげましょう。

人気のキーワード