猫エイズ(FIV)発症した時の症状や予防の方法、寿命まで

猫エイズ(FIV)発症した時の症状や予防の方法、寿命まで

「猫エイズ」というものを知っていますか?猫を飼育している方なら、猫免疫不全症候群・感染症、通称「猫エイズ」についてご存じのことでしょう。一体猫エイズに感染した猫にはどのような症状が出るのでしょうか?また、どのような猫エイズの予防方法があるのでしょうか?「猫エイズにはワクチンがあるから大丈夫」という方もちらほら見かけますが、それは少々危険な安心感といえます。また、猫エイズは人間や犬に感染するの?という疑問を持っている方も多くいると見受けられます。ですので、この記事で猫のエイズ(FIV)についての基本的な知識を身につけて、猫を猫エイズの感染から守ってあげてくださいね。

2636view

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

猫エイズが発症した時の症状

ウィルスと虫眼鏡
  • 猫エイズが発症すると傷が治り難くなる
  • 猫エイズが発症するとホルモンバランスや循環器系が弱る

猫エイズとは、一言で言えば、猫のエイズとは病名を指すものではなく、猫が成長する過程で起こるレトロウイルスにより引き起こされる様々な病気の集合体です。中でも皮膚炎と肝臓や腎臓などに深刻な病気が起こりやすく、しかも一度発症した場合は最悪助ける手立てが現在の獣医学では不可能な、恐ろしい病気です。

猫エイズが発症すると「傷が治り難くなる」

まずは猫エイズが発症すると、非常に顕著なのが傷が治り難くなることです。化膿したり、いつまでも傷口が開いたり、時には分泌物でグズグズになったりします。単なる皮膚炎と思っていあたら、それが猫エイズの最初の予兆と後から気が付くことは多いです。

猫エイズが発症すると「体がむくむ」

次に顕著なのは、抵抗力が低下したり腎臓・肝臓が悪化することです。腎臓・肝臓が非常に機能低下することが多いです。そうなると、体がむくんだりしますが、猫の場合は体毛があるので飼い主さんのほとんどは気が付きません。

また肝臓肥大や腎臓が硬化したり、内臓異常でお腹が膨れて一時期太ったように見えることもあります。

猫エイズが発症した時の末期の症状

そして動物病院で診察したら、「肺に水が溜まっています」となったら、それが既に手遅れで末期症状、亡くなるのは時間の問題です。ここから先は、猫の免疫力と体力、そしてウイルスとの猫の体の中の戦いになります。

しかし発熱で食欲が落ちていることがほとんどですから、猫を存命させるのは非常に困難であることを留意してください。

猫エイズを発症させないための予防策

マスクをする人
  • 猫エイズが発症しないよう体力と免疫力を落とさないようにする
  • 猫エイズが発症しないよう体重を測っておく

猫エイズが発症しない為の方法 食事に気をつける

必要な栄養素を無駄なく吸収・利用できる餌を、こまめに与えるようにしましょう。猫エイズウイルスを発症させないようにするためには、猫の体力と内臓機能に常に配慮して免疫力を落とさない事です。これは発病後の寿命の引き延ばしにもつながります。

猫の餌に関しては、偏食は絶対に避けるべきです。加えて安い食いつきが良い餌を選ぶのも、絶対に避けた方が無難です。安い餌は糞も多く、吸収される栄養価が低くなる場合があります。

また猫の肝臓は、体重に対して決して大きくは無いため、味の濃いものは猫は味蕾の未発達で非常に好みますが、その分内臓には負担をかけてしまいます。

猫の場合日本では真冬の寒さがあるため、暮れに向かって体重が増えるのが普通です。しかし猫は貯め食いが出来ません。これは消化器官が肉食性の為に短いからです。そして、原種から砂漠に住んでいたまま、その体機能を引き継いできているので、水を飲む量も動物にしては少ないです。

猫エイズが発症しないよう体重管理をしっかりする

猫と天秤

猫を飼う人で、コンスタントに体重計に愛猫を乗せる人は少ないでしょう。しかし、体調不良から猫エイズが発症してしまう可能性がありますので、猫エイズを患う猫はこまめな体重測定が大切です。体調が悪くなると著しく体重の減少が見られます。

猫の食欲が極端に落ちる時は、体重で必ず現れるものです。せめて季節の始まりと最後くらいは、愛猫の体重を測ってください。重要なのは平均体重ではなく、「落差」です。

猫は暑さには強い動物なので、夏場だからと食欲が極端に落ちることはありません。むしろ活動を控えたがる冬場の方が心配です。普段から与えるエサには十分配慮してください。水を飲む回数と量が極端に増える様なら、内臓に何か障害が出た可能性を疑ってくださいね。

猫エイズは他の生き物にうつるのか

猫を抱きかかえる人

猫エイズは人や犬などに伝染ることはありません。人や犬などの他の生物は自身の免疫力で、このウイルスは発症出来ないのです。まったくもって猫属特有のエイズです。しかもウイルス感染源を特定することは出来ません。

猫エイズの感染ルート

猫エイズのウイルスは唾液や血液などから感染します。猫を野外に出せば、必ず他の野良猫の縄張りを犯す可能性が高く、その周辺に暮らす猫とオスやメスはトラブルに合うはずです。そこで繁殖をしたり、ケガをした際の血液が体内に入るなどしてエイズに感染します。

猫エイズに感染したら発症するのか

猫エイズに感染した子猫

実はこの猫エイズの根本要因である「レトロウイルス」は検査で陽性と出た猫が必ず発症するとは限らないのです。エイズに感染したまま元気に寿命を全うする猫もいます。

猫エイズが発症するタイミング

猫エイズが発症するのは、猫の免疫力が落ちた時です。この僅かなタイミングをエイズウイルスは見逃しません。

つまり、現在捨てられた猫を拾ったり、あるいは他で繁殖された猫を育てるケースなど、動物愛護の観点で猫をそうして飼う場合が増えています。その時、既にその子猫がウイルス保持をしている状態、ウイルス・キャリアである場合、予防のエイズワクチン投与は必要ないということになります。

捨て猫を拾った時や、外で飼っていた猫、環境の悪い場所でお迎えした猫は必ず、エイズを含むウイルス検査を受けましょう 。

猫エイズの感染ルート

猫エイズへの免疫力を高める母猫と子猫

猫エイズウイルスを持つ猫との接触

本来、自然繁殖する中では猫エイズは、猫にとって無縁でした。本来猫エイズはエイズウイルスを持っている猫との濃厚接触(血液、唾液を含む体液が体内に入る)で感染が起こり、接触がなければ一生持たないままで過ごします。

エイズに感染している母猫からの母子感染

母猫がウイルスを保有している場合は子猫に感染が多る可能性が高くなります。どのくらいの量のウイルスに感染したか、抵抗力があるかが発症の有無に影響します。

外に出た事が無い猫がエイズに感染している確率

外に一切出ることがないエイズウイルスを保有していないことの確認ができている親から生まれた場合は、エイズウイルスを持っていないと判断しても問題ないでしょう。

しかし、この猫が外に出てウイルスを持っている猫と濃厚接触を持ってしまった場合はエイズに感染してもおかしくないのです。抵抗力はあるに越したことはないですが、どのような環境で生活するかも大きく影響します。そのため、猫エイズのリスクはすべての猫にあると言って良いのです。

猫エイズのワクチンにおける誤解

誤解に気づいた人

ワクチンとは、血清のような特効薬ではありません。言ってみれば無毒化したウイルスです。ワクチンはこれを投与し、猫自身がその免疫力でウイルスと戦い、体内に抗体を作ることを期待するためのものです。

従いワクチンを投与された直後から、体力や免疫力が落ちている場合、ワクチン投与で容態が悪化することもあります。

猫エイズに関するまとめ

診察中の猫

恐ろしい猫エイズも、免疫力が高い健康な猫の場合はうまく付き合いながら長生きすることはできるかもしれません。しかしながら、体内に入ってしまったウイルスの量と免疫力、ほかの病気が発症してしまい体力が落ちるなどの影響は強く受けます。
とにかく一度発症したら、飼い主さんは「覚悟」が必要であることを心に留めておいてくださいね。

40代 女性 ぺぱみん

我が家の猫もエイズキャリアです。ノラですが母猫が目やに傷だらけや、下痢などもう病院でもての施しようがなく、一緒にいた子猫2匹を引き取りました。その際の検診でエイズ陽性でした
否認手術を六か月目でしましたが、病院で手術による苦痛がストレスとなり、それが引き金で発症することも覚悟してくださいと言われました。
悩んだけど、それ以上に子宮系の病気になったときの免疫力が落ちる方がリスクが高いと言うことで、否認手術をしました。
それから半年たち一歳を迎えましたが今のところ2匹ともよく食べよく寝てよく遊び、人懐こく元気にしてます。
食事と同様ストレスが大敵とのことなので、ひと部屋を猫タワーなどつくって、時間のあるときは出来る限り関わって遊ぶようにしています。
2匹ともキャリアなので、どちらか一匹が発症しても隔離することはないと言われたので、発症しないことを願いますが、もし発症してもできる限り一緒にいさせてやりたいと思います。
ちなみに、先住猫七歳もいて、この子はエイズではないので、部屋を完全に分けています。
古い借家ですが幸い2階建てなので‥‥。
思いもよらないことがストレスとなり発症へ繋がるらしいので、トイレ掃除も念入りに、掃除機はかけずコロコロとホウキで部屋の掃除をしています。できるなら発症せず寿命を全うしてほしいなぁと思います。

40代 男性 匿名

猫が風邪を引いたんで病院に連れていったら、猫エイズが発症していると診断されて入院させましたが、私が面会に行ってから1時間半後に容態が急変して死にました、私は猫に顔を付けて大声で号泣しました、次の年の2月に妹の猫が風邪を引いたんで病院に連れていったら、その猫も猫エイズが発症していて、その時に初めて遺伝性だと分かったんです、その猫はボロボロでやつれてまともに立つことも出来なければ動けないのに猫トイレに行こうとしたりして、布団では足れないようにしていて気丈に振る舞っていて、やっとで立って歩いて私に倒れ込んで横になったりして私はそれを見ていられなくて、泣きながら死んでいいぞと言いました、その年の秋にも猫が猫エイズで死に私は号泣し、次の年の11月にも猫が猫エイズで死に私は人生の中でこれ以上ない程までに大声で大号泣してショックで低血糖を起こしました。
人気のキーワード