猫エイズのキャリアとの暮らし方

猫エイズのキャリアとの暮らし方

もしも飼い猫が猫エイズのキャリア持ちだと分かったら…?猫エイズを発症せず、キャリアのまま寿命を迎えるために飼い主が出来ることとはどんなことがあるのでしょう。キャリア猫ちゃんとの暮らし方についてご紹介していきたいと思います。

1038view

猫エイズのキャリアとは

横になって休むブルーの瞳の猫

キャリア猫とは、猫エイズに感染しているけど発症はしていない、ステージ2のウイルスが眠っている状態の猫のことを言います。

まず猫エイズとは、猫免疫不全ウイルス(FVI)が原因でなる病気で、「猫後天性免疫不全症候群」のことです。一度かかってしまうと完治は望めません。

この猫エイズには進行具合がステージ1〜3まであり、キャリアとはどういうことか、よりわかりやすく説明するために、このステージについて少し触れたいと思います。

ステージ1 急性期

猫エイズに感染すると、まず1か月ほどの潜伏期間があり、潜伏期間を超えるとステージ1に入ります。ステージ1では、ウイルスがどんどん体内で増殖し、それに伴い白血球がみるみると減っていきます。

この期間中は発熱、貧血、リンパの腫れといった症状が数日〜数か月ほど続くことがありますが、猫によっては全く症状もなく過ごすこともあるので、飼う前に検査を受けなかった猫は、感染していても気がつかないことが多くあるようです。

ステージ2 無症状キャリア期

そしてこのまま様々な症状が現れ始めるのかと思いきや、そうではありません。ステージ2のキャリア期に移行すると、ウイルスは一度体内で眠りにつき、健康な猫と同じように、見た目は元気いっぱいの猫に戻ります。

ステージ3 猫エイズ発症期

眠りについていたウイルスが、何らかのきっかけにより目覚め、本格的に活動を始めます。発症すると、発熱、食欲低下、体重の減少、下痢、嘔吐、脱水などの症状が現れます。

「免疫不全」の名の通り、免疫力が著しく低下するため、口内炎や歯肉炎といった口内の病気をはじめ、猫風邪や癌などの大きな病気にもかかりやすくなります。

猫エイズのキャリアとの暮らし方

リビングで一匹でくつろぐ長毛猫

なるべくキャリアのまま、猫エイズを発症させないようにするには、飼い主さんはどうしたら良いのでしょうか。

薬について

猫エイズには、残念ながら特効薬はありません。ですので、なるべくキャリア期のまま進行を遅らせるには、インターフェロン治療を行うことになると思われます。

このインターフェロンには、猫の免疫力を高めるタンパク質が含まれており、1回の費用はおよそ1000〜5000円です。

生活について

どの病気でもそうですが、ストレスを溜めない生活というのは、猫エイズを発症させないためにとても重要になってきます。

そしてできるだけ健康的な状態を保つため、質が良く、バランスが優れているフードを与えてあげると良いでしょう。免疫力アップのサプリなどを使ってみるのも手です。

ストレスとフードに気をつけ、免疫力を上げることができれば、猫エイズの発症を遅らせることが可能になります。

保険について

あらかじめ猫エイズに感染していることが分かっている場合は、ほぼ保険は入れないと思った方が良いです。ただ、保険加入後にキャリア猫だと分かった場合は、保険会社により補償の対象となるところもあるようです。

猫エイズ発症後は、かなり治療費がかかることが予想されますので、保険加入前に猫エイズの陽性反応が出たら、キャリア期の間にペットローンなどでお金を貯めておく方が良いかもしれません。

多頭飼いについて

猫エイズのウイルスは、グルーミングなどの唾液交換、喧嘩による咬傷、交尾によって猫同士でうつります。ですので、完全室内飼いを徹底し、多頭飼いはしないか、キャリア猫と健康猫を別部屋で分けるというのが望ましいです。

しかし、猫同士の仲が良く、引き裂くと強いストレスを与えてしまう可能性がある場合は、飼い主さんの判断で一緒に飼育する人もいます。

猫エイズキャリアの寿命

獣医師に診察されている猫

キャリア期間

キャリア期を過ごすのはだいたい2〜10年で、猫の個体や生活の仕方によって大きく変動があるようです。

発症しない猫も

中にはキャリアのまま猫エイズを発症せず、寿命を全うする猫もいます。

まとめ

横になる猫と撫でるカップル

猫エイズを発症するとみるみるうちに進行し、あっという間に末期になり、亡くなってしまうことも珍しくありません。

猫エイズを発症をさせずにキャリアのまま寿命を迎えられるよう、飼い主にできることはなるべくしてあげられると良いですね。

スポンサーリンク

人気のキーワード