猫を飼っている人が買うべきではない『5つのもの』

猫を飼っている人が買うべきではない『5つのもの』

猫との幸せな暮らしがスタートしたと思ったら、室内に置いていたものでトラブル発生!こんなことになったら悲しいです。猫を飼っている場合、買わない方が良いものがいくつかあります。早速チェックして行きましょう!

4328view

1. 観葉植物

観葉植物

置いておくと癒しを与えてくれる観葉植物ですが、猫がいる場合は買わない方が良いでしょう。その理由は、猫にとって毒となる植物が多い為です。

肉食である猫ですが、意外と草などに興味を持つのです。食べようとすることも。下手なものを食べてしまうと中毒になるなど危険な場合があります。

パキラなど一部大丈夫な植物もあるのですが、飾るかどうかは飼い主さん次第です。猫の害にならないように注意してあげてください。尚、猫草はOKです。

2. 揺れるオブジェ系

サンキャッチャー

サンキャッチャーやモビールなどの揺れるオブジェ系は猫の格好のおもちゃとなる予感が…。というか彼らにはおもちゃにしか見えないでしょう。

もしどうしても置きたいのなら、猫の手が届かない場所に設置する必要があります。触れられる場所にあると破壊される心配があるばかりか、部品を飲み込んでしまうなど誤飲の危険性があります。十分お気をつけください。

3. アロマ系のもの

アロマオイル

アロマテラピーがお好きな飼い主さんは多いでしょう。良い香りで癒され、リラックスできるアロマは人気があります。

でも猫にとっては害となってしまうことが多いのです。香りの成分を分解できることができないといわれています。ですから猫がいる場所で焚くのは止めてあげてください。

すぐに異常が出なくても、積もり積もって体調不良となって現れてくることがあります。猫がアロマを吸い込まないように配慮してあげましょう。

4. お花

花

お花を部屋に飾りたい!かつての筆者もそうでした。飾るだけでその場が華やかになりますし、みずみずしい空気感に溢れます。でも猫が食べてしまうことがあるのです。

飾ったその瞬間にワラワラと寄って来て、口に入れようとするでしょう。このお花がまた、猫には害となる場合が多いのです。ですからとても残念ですが、猫がいる家では飾のは避けることをお勧め致します。

5. 匂いが強いもの

香水

猫は匂いが強いものが苦手です。人の体臭は大好きなのですが、香水やタバコ、柔軟剤の匂いはどうも受け付けないよう。人間とは匂いの感覚が逆のようですので、強い匂いをプンプンさせるのは避けた方が良いでしょう。

柑橘系の匂いも苦手だといわれています。どうも猫に避けられると思ったら、嫌がる匂いをさせてしまっているのかもしれません。お気をつけください。

まとめ

お金の上の猫

猫と暮らすと楽しいですが多少の不便が生じることがあります。でもそれ以上のものを与えてくれますので、大した犠牲だとは思わない飼い主さんが多いのではないでしょうか。猫の健康に配慮して、室内に置くものを考えてあげましょう。

スポンサーリンク