夏の猫のお留守番にエアコンは必須?快適な温度や気を付けること3つ

夏の猫のお留守番にエアコンは必須?快適な温度や気を付けること3つ

梅雨が明けると、本格的な夏がやってきますね。連日30℃を超える日も少なくありません。飼い主さんも、猫に留守番をさせるときは心配な季節ですよね。人間同様、猫も熱中症になってしまう可能性があります。だからと言って、エアコンは必須なのでしょうか?

2074view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

猫のお留守番にエアコンは必須?

エアコンの真下でくつろぐ猫

猫には汗を分泌する汗腺が肉球にしかありません。そのため、他の動物に比べて体温調節が苦手。毛繕いをしたり、お腹を上に向けたりして放熱をしていますが、あまりにも気温や湿度が高い状態では放熱もできません。

そのため、部屋を適温に保つことがとても重要です。窓を開けたり、扇風機をつけたりするだけでは温度管理は十分とは言えません。エアコンを使い、猫にとって快適な室温に設定することが適切と言えます。

猫にとって快適な温度は?

エアコンの上で眠っている猫

お腹を出していたり、寝てばかりいる姿を見ると「さぞかし暑いのだろう」と室内を冷やしすぎてはいませんか?

猫にとって快適な温度は、夏場で26℃。冷やしすぎると、猫も体調を崩してしまいます。寒くなってきたら、あたたかい場所に移動できるように、逃げ場を作ってあげましょう。

気をつけることは?

ソファーで気持ちよさそうに眠る猫

1. 部屋を行き来できるようにする

玄関や洗面所の床で寝ている姿を見ることもありますよね。猫は快適な温度の場所を求めて、移動を繰り返します。エアコンの効いた部屋に長時間いると、寒いと感じることも。部屋を自由に行き来できるようにしておきましょう。

2. 直射日光が当たらないようにする

日差しが強い日でも、カーテンを開けて外出することもあるでしょう。しかし、直射日光が入ると室内の温度は2~3℃上昇してしまいます。

熱のこもった部屋では、猫が熱中症になってしまうこともあります。簾や遮光カーテンで、直射日光が当たらないように工夫しましょう。

3. 温度が高くなる部屋は入れないようにする

風通しが良くない部屋は熱がこもり、室温が急激に上がります。そのため、熱中症になってしまう危険性があります。猫が入れないように、ドアは閉めておきましょう。

まとめ

エアコンの横に座る猫

いかがでしたか?我が家の猫も、夏場は部屋を行ったり来たりしながら、ほとんど寝て過ごしています。暑い夏は猫にとっても、体にこたえる季節。

万全な暑さ対策で、愛する猫と一緒に今年も暑い夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク