猫を絶対に『室内飼い』すべき理由3選

猫を絶対に『室内飼い』すべき理由3選

猫ちゃんを飼いたいと思っている人でも、室内か外で飼うべきか悩んでいる方はいらっしゃらないでしょうか。ここでは室内飼いをおすすめする理由を調べます。

2904view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

室内飼いのススメ

ソファの上の猫

近年は猫ちゃんを飼うことがブームになっており、可愛らしい外見の猫ちゃんを飼いたいと思っている人は増えてきています。その中で猫ちゃんを室内で飼うべきか、それとも自由奔放な性格に合わせて外で飼うべきか悩まれている方もいらっしゃると思います。

しかし、猫ちゃんは室内飼いで面倒を見ていくことを筆者は強くおすすめします。そのメリットをしっかりとお伝えしていきます。

1. 事故や病気の可能性

外にいる猫

猫ちゃんを外で飼ってしまうと、猫ちゃんの都合で家に帰ってくるようになります。そのため外で交通事故にあう危険性もありますし、どこかで病気になりそのままぐったりとしている可能性だってあります。

これら2つのことでさえ、飼い主さんは気づけないままでいる可能性すらあります。猫ちゃんの命に関わる大事なこれらのことを知ることができないと、猫ちゃんを守ることすら難しいのです。

特に外ではノミやダニ、寄生虫などが室内よりも多く生息しています。のんびりと日向ぼっこしている間にこれらの影響を受けて病気になりやすいのです。また、他の猫ちゃんとの接触により、病気が移る可能性だってあるのです。愛猫の健康にも気遣えてかつ、些細な異変にも気づける室内飼いは大きなメリットとなるのです。

2. 近隣住人から苦情がくる

扉の前の猫

外で猫ちゃんを飼っていると、当然自由に近辺を歩き回ります。そしてトイレだって外で自由にしてしまうのです。その影響から近隣の住人から飼い主さんに向けて苦情が入る可能性もあります。

全ての人が猫ちゃんの知識があってかつ理解のある人ではないので、関係性の悪化につながるかもしれません。そもそも猫ちゃんを嫌いな人だって、この世の中にはいるのです。

そう考えると外で飼うことはデメリットが多いことになります。猫ちゃんはしつけの難しい生き物です。「〜はしてはいけないよ」と猫ちゃんに教え込むより、まずはトラブルを回避できるように室内飼いをおすすめします。

3. 室内は贅沢な環境

箱に入る猫

猫ちゃんは本来、野生の中でも広い範囲を歩き回らない生き物です。狭い範囲を自分のテリトリーとしてもち、その範囲内を毎日パトロールをして異常がないか見回っています。

そのため室内で飼うことができれば必要な温度、ご飯、健康管理などすべてのものが揃っているため、猫ちゃんにとってはこの上ない贅沢な環境なのです。

運動不足を心配される方もいますが、キャットタワーなどで上下運動を毎日の生活の中に組み込むことができますし、猫ちゃん用のおもちゃを用意すれば愛猫が勝手に遊んでくれるようになります。

まとめ

テン

外の世界は猫ちゃんにとっては危険が多くあります。飼い主として愛猫を守り、長い寿命を一緒に添い遂げたいと思うのでしたら室内飼いで考えましょう。

スポンサーリンク