猫のごはんの催促が激しすぎる時の対処法

猫のごはんの催促が激しすぎる時の対処法

猫がおいしくごはんを食べてくれるとうれしいですが、ごはんの催促が激しいと困ってしまいますよね。そんなときにどう対処したらいいのか、何を確認したらいいのかなどご紹介します。

887view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

無視をする

お皿を見つめる猫

猫が鳴いたり見つめてきたりしてごはんがほしいと訴えたら、あげたくなりますよね。しかし、構ってしまうことで「激しく催促するとごはんがもらえる」と猫が学習し、ずっとこのような状態が続いてしまうことがあります。

猫が鳴き続けているのはかわいそうですし、猫を怒ったり叱ったりしてもやめることはありません。飼い主さんも辛いですよね。そうならないためには、徹底して無視をすることです。

次第に「催促してももらえない」とわかって静かになってくれるでしょう。また、若い猫は大きな声で鳴くなどごはんの催促が続くことがありますが、年齢とともに落ち着いて来る可能性もあります。

ごはんの量を再確認、与え方を変えてみる

ごはんの入ったお皿と見上げる猫

ごはんの量が足りなくて、催促している可能性がないか確認しましょう。キャットフードのパッケージに書かれている与える量は目安です。猫の体格や運動量などによって適正な量が異なります。体重を量りつつその猫にあったごはんの量を見極めましょう。

少しずつ食べたい猫もいます。一日のごはんの量を変えずに与える回数を増やしたり、ドライフードならお皿に出したままにすると空腹の時間が減ります。飼い主さんが家にいないときは、自動給餌器を使用すると便利です。

早朝にごはんの催促が激しい場合は、夜寝る前に少しだけごはんをあげると落ち着いてくれることがあります。おもちゃを使った方法もあります。

ドライフードを入れ、猫が転がすとフードが出てくるおもちゃや、ペットボトルで代用したものを与えると、ごはんをゆっくり食べることができ、満足しやすいです。

ごはんの時間を一定にする

猫と時計

ごはんの時間がバラバラだと、猫がいつごはんを食べられるのかと思ってしまいます。一定の時間にすることで安心でき、激しく催促しなくなるだけでなく、一度に大量に食べて吐き戻してしまうことも防げます。

猫がいるスペースにえさを保管しない

料理素材の乗ったキッチンにいる三毛猫

猫がいる部屋にキャットフードのストックが置いてあると、猫が気になってしまうことがあるようです。猫が近づけない場所に保管することをおすすめします。

病気による影響を確認する

聴診器を当てられる猫

病気によって食欲が増してしまうことがあります。糖尿病や甲状腺の病気が影響していることがあるので、その他気になる症状がある場合は動物病院を受診しましょう。

まとめ

お皿の横に座る猫

猫がごはんを食べてくれるのはうれしいですが、鳴き続けたり、早朝や夜中に騒ぎ続けたりするのは困りますよね。そんなときは、徹底して無視をして「今はごはんを食べられない」ということをわかってもらいましょう。

その他、ごはんの量や与え方を見直してみたり、病気が影響していないか確認します。猫に安心してごはんを食べてもらえるようにしてあげたいですよね。

スポンサーリンク