猫が病院で暴れる!連れていく時の工夫や院内での過ごし方

猫が病院で暴れる!連れていく時の工夫や院内での過ごし方

猫が暴れると病院へ連れて行くどころか触れるのさえ難しいですよね。どうしても猫にとって病院は楽しい場所ではありませんし、リラックスできる場所でもありません。猫が暴れることなく病院へ行くストレスを少なくするためにはどうしたら良いのか考えてみたいと思います。

909view

暴れる猫を病院に連れていく方法

シャーと言う猫

暴れる猫や威嚇をする猫を病院へ連れていくのは大変な苦労ですよね。そして暴れるに暴れて行きに怒っていた猫は、病院から帰ったら意気消沈してグッタリしてしまいます。

このような猫の様子を見てしまうと、飼い主は暴れる猫を想像して、病院へ行く事を躊躇してしまいかねません。そうならないように、暴れる猫が病院を怖がる事を少しでも軽減できるようにしましょう。

洗濯ネットを使う

狭い空間に入ると猫が安心できる事を利用し、暴れる猫を洗濯ネットに入れてみましょう。暴れる猫も洗濯ネットに入ると、多くはおとなしい猫に変身してくれます。

小さめのダンボール箱の中に、ファースナーを開け、目の粗い洗濯ネットを入れます。洗濯ネットに大きな口が開いている状態で暴れる猫を抱き上げて入れ、静かにファースナーを閉めます。

このときに、くれぐれも猫の被毛や皮膚を、ファースナーに挟まないように気をつけてください。余計に暴れることになります。ただし、洗濯ネットに入れただけでは簡単に脱走ができますので、暴れる猫を洗濯ネットに入れた後にキャリーケースへ入れて、病院へ連れていく事をおすすめします。

病院では注射など、ネットに入ったまま処置できるようです。

キャリーケースにこだわる

キャリーケースも様々な種類があります。一番多いのは横から出るタイプでしょうか。しかし暴れる猫をキャリーケースに入れる事ができても、病院内で暴れる猫を出す事が難しくなります。

リッチェル キャンピングキャリー ダブルドア S ブラウン
3,750円(税込)

抱き上げて出し、入れることができ、天井も開けられる、ドアのあるキャリーケースが暴れる猫にはおすすめです。

病院の中で猫が暴れるのを防ぐ方法

犬と喧嘩をする猫

暴れる猫を病院まで連れてくる事ができましたら、次は待ち時間の過ごし方です。嫌な事をされる病院が苦手な事はもちろんのこと、知らない人間や動物、その他の猫に会う事がストレスになる猫は多く、病院でも暴れる事があります。

キャリーケースに覆いをかける

病院の待合室でどうしても猫が暴れる場合は、キャリーケースに覆いをかけて、他の人間や動物との接触を限りなく少なくして暴れるのを防ぐようにします。

このときの覆いは、ふだんから使用しているタオルや、ブランケットが良いでしょう。持ってくるのを忘れてしまった時は、飼い主の着用している洋服でも大丈夫です。猫や飼い主の匂いが付いているので、病院の待合室で暴れる猫も安心できます。

マイカーで病院へ向かう

病院の待合室で暴れるだけではなく、泣き叫ぶ猫も少なくありません。長い時は1時間ほど、病院で待つ事がありますから、暴れる猫のストレスも最高潮に達してしまうでしょう。

マイカーをお持ちの方は暴れる猫対策として、病院の診察時間になるまで、暴れる猫と車の中で待つ事をおすすめいたします。車の中で待つ時は、エアコンを活用してください。病院の受付けの方に、「暴れるので車で待機すること」をお伝えするのを忘れないでくださいね。

猫専門病院を受診する

猫の暴れる原因は病院が嫌いなのではなく、猫以外の動物に会うことなのかもしれません。暴れる理由が明確であれば猫専門病院、もしくは待合室が他の動物と分かれている病院を受診しましょう。

キャリーケースからの出し方を工夫

暴れる猫は、簡単にはキャリーケースから出す事は難しく、人間が怪我をしてしまう事がありますので、獣医師の指示に従います。

暴れる様子がない場合は、キャリーケースから診察台へ導きます。自分から出ない時は獣医師、獣医師の指示により、飼い主が出すことになります。

上から開けられるキャリーケースの場合は、抱きかかえて出します。横から出すキャリーケースは、両足と両手の間に手を入れ、猫の身体を支えて出します。猫の手を引っ張ることは暴れる原因にもなり、一番してはいけない事です。

飼い主の声の掛け方に注意!

暴れる猫は、診察中は興奮が収まらないかもしれません。診察中の猫を励ましてあげたくなりますが、大きな声はいけません。病院で暴れるときは飼い主が側にいる事を猫に認識してもらえるような、穏やかな、静かな声で猫が安心できるように名前を呼びましょう。

猫を病院に連れていく時暴れさせないためにできること

怒る猫

キャリーケースの置き場所

「キャリーケースを押し入れから出したら病院!」と覚えてしまうと、猫は警戒し、暴れることが多くなり、病院へ連れて行く事が毎回大事になってしまいます。キャリーケースはふだんから猫の目に見える所に置いて、猫が出たり入ったりできるようにしておきましょう。

ふだんから病院に慣れておく

健康な猫でしたら、動物病院に行く機会は少ないでしょう。病院へ行く時は、ワクチンや具合が悪いときなど、猫にとって嫌な事をするときだけになってしまいます。

暴れることはないにしろ、人間も病院に対して、嫌な印象を持っている方は多いと思います。ふだんから病院へ検診など受け、飼い主も獣医師と意思の疎通を計れるようにしておきましょう。

鎮静剤を投与して連れていく

猫に関する研究では、鎮静剤を投与して、暴れる猫のストレスを軽減する方法もあるようです。保護猫など、人間や病院に慣れていない猫には大変有効でしょう。暴れる猫で、どうしても病院へ連れていけない時は、掛かり付けの獣医師にご相談くださいね。

まとめ

診察台の猫と獣医師

猫が病院で暴れる!連れていく時の工夫や院内での過ごし方についてお伝えいたしました。暴れる猫を病院へ連れていくには、飼い主も一苦労してしまいますよね。

ふだんから猫を観察し、暴れる原因となる猫が怖がる事や嫌な事、逆に大好きな事やリラックスできる事や物などを探しておくと良いかもしれませんね。

人気のキーワード