猫の食べ方がおかしくなる3つの原因

猫の食べ方がおかしくなる3つの原因

猫のご飯の食べ方にはそれぞれの個性があるようです。ゆっくり落ち着いて食べる性格の猫や、噛まずに早食いをする猫など様々です。今回は、食べ方がおかしい時の原因や問題点をまとめました。

4864view

SupervisorImage

記事の監修

北里大学獣医学科卒業。埼玉県内の動物病院で勤務医をしながら教育・研究にも携わっており、大学では『伴侶動物の鉄代謝』をテーマに研究しています。『猫は小さな犬ではない』という格言のもと、何よりも猫ちゃんの健康と福祉の向上を一番に考え、日々の診療に励んでおります。

猫の食べ方がおかしい時のポイント

ご飯を食べている猫

大好きなご飯の時間、いつものようにご飯をねだります。いつも通りに食べる様子を見ると安心しますが、いつものように食べないときもありますよね。

猫のもつ性格なのか?そのときの気分によるものなのか? 今回は食べ方がおかしくなる時の原因を探ってみたいと思います。

1.食べるスピードが遅い

ご飯を食べるスピードは、猫によって様々です。一般的に言われているのは、猫はあまり噛まずに飲み込むことが多く、食べるのも早い子が多いです。普段はゆっくり食べる猫の場合、食べるスピードが早くなると「美味しかった」「お腹が空いていた」と思えます。

しかし、いつもは早食いの猫が食べるスピードが遅くなると、何か問題がある可能性があります。

また、食べるスピードが遅いときには「安心して食べられる」と考えることもできます。猫は、外で狩りをして獲物を捕り安全な所へ運ぶのですが、獲物が取られないように警戒します。

その習性から、急いで食べて空腹を満たそうとします。そのことから、今いる場所が安全であると分かっているので、落ち着いてゆっくり食べられるのかも知れません。

2.食べる量が少ない

猫のご飯は、年齢や体重で量も変わってきます。

その猫に適した量を与えていても、食べ残すことがあり、「ムラ食べ」と言われています。これも猫の習性で、一度に食べ切らずに小分けにして食べることからきています。

よく、食べた後のお皿を手で引っくり返したり、隠すような仕草をしたりすると思いますが、後で食べようと、穴に隠そうとする仕草からと考えられます。これらは正常な行動であることが多いですが、何か原因があって食べる量が減少しているのであれば注意が必要です。

3.噛み方

猫の食べるスピードが早いのは、あまり噛まずに食べているからですが、食べるときによくこぼしていると問題があるかもしれません。

猫の歯は、物を噛引きちぎるのに適した歯をしているため、正常でも隙間からこぼれてしまうこともあります。一方で口腔内に原因があり、食べこぼしている可能性もあるので注意が必要です。

または、食べづらいお皿であることが原因のこともあり、猫のヒゲが当たり嫌がる、お皿や高さに問題があるなどです。

原因からわかる問題点

目の前のご飯を食べない猫

1.食べるスピード

  • 「お腹が空いていない」
  • 「食べにくい」「気が散る」
  • 「落ち着かない」
  • 口が痛い
  • 基礎疾患により食欲がない

などの可能性が考えられます。

また、猫は肉食動物のため、胃の消化が良いので丸呑みしてもきちんと分解、吸収できるような仕組みになっています。しかし、スピードが早いと問題な点があります。満腹中枢がうまく働かなければ肥満にもなります。また、スピードが早いとほかの猫のご飯を横取りしてしまうケースもあります。

2.食べる量

猫も、一日に必要な栄養分を取らなければいけません。食べる量が少ない、あまり食べないとそれだけで病気の原因にもなります。

  • 口が痛い
  • 基礎疾患により食欲がない

などから食べる量が減少しているのであればすぐに治療をしてあげましょう。

3.噛み方

噛んでる音がしても、あまり噛まずに食べている猫がほとんどです。噛まずに喉を通すと吐き戻しの原因にもなり、これが原因で頻繁に吐き戻すようであればフードの形状を考えてあげても良いかもしれませんね。また、口の痛みから噛み方が不自然になる場合もあるので口腔内の様子をみて、赤く腫れている、出血している、歯がグラグラしているなどがあればかかりつけの先生に相談して見ましょう。

まとめ

人の手からご飯を食べる猫

猫の食べ方がおかしい時は、習性から来る名残で正常な行動の場合もあります。また、病気などの異常が原因でない場合は猫が落ち着いて食べられる環境であること、早食いできない工夫をすること、食べやすいお皿に変えてあげる、猫の食べやすいフードの形にすることなどの工夫から心がけていきましょう。私は、カリカリを2種類与えています。日頃気になる猫の体のことを考えて、それに少しでも助けられるようにフードを選んであげましょう。

スポンサーリンク