猫用インターフェロンの効果と副作用について

猫用インターフェロンの効果と副作用について

人間の病気に対しても使用される、インターフェロン。猫の感染症の治療にも使われています。適正な使用をすれば良い薬なのですが、使い方を誤ると、取り返しのつかないことになることも。もし動物病院で愛猫への投与を勧められたら、どうしたら良いのでしょうか?

46171view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

猫用のインターフェロンとは

注射器と薬剤

インターフェロンはウイルスの増殖を抑える効果のある物質として、1954年に発見されました。抗ウイルス作用、抗ガン作用、免疫系への作用という、3つの重要な働きをしています。

猫に使用するインターフェロンは人間用ではなく、猫用のものが開発されています。正確には犬猫用なのですが、東レから「インターキャット」という製品名で販売されています。このインターキャット、猫カリシウイルスの治療薬として用いられています。有効な薬だということは確かなのですが、誤った投与をすると重い副作用が表れることがあり、実際に愛猫を失ってしまった人もいます。猫のインターフェロンはどんな場合に使うのが適切なのか、また、副作用などについて、見ていきましょう。

猫用インターフェロンの効果

 聴診器を当てられる猫

インターフェロンは、実はもともと猫の体内で作られているタンパク質です。ウイルス感染した際にウイルスの増殖を抑えたり、免疫力を高めたりする働きをします。このインターフェロンを人工的に生成し、投与を行ってウイルスを排除し、治療を行ないます。インターフェロンはウイルスを殺すのではなく、猫の体内の細胞をウイルスが住めない状態にすることによって、症状を抑えるのです。

東レはインターキャットについて、「猫カリシウイルスの治療薬」としています。東レはフランスビルバック社にも技術提供をしており、同社から猫白血病感染症と猫エイズ感染症の治療薬として、「Vierbagen Omega」という名で発売されています。

発売元の東レは「猫カリシウイルス」に効果があると言っていますが、現場では他のウイルス感染症やガン、口内炎の治療にも幅広く使われているのが実際のところです。ただ、猫カリシウイルス以外の病気で過剰投与を行った結果、副作用を引き起こして問題となることもあるのです。確かに調査を行うと、猫カリシウイルス以外に、猫パルボウイルス(猫汎白血球減少症)に効果を発揮したというデータがあるにはありますが、それは感染前の予防として使用した場合で、発症してからはあまり効果が上がらなかったという実験結果です。

ですから、実際愛猫に使用する場合には、慎重な判断が求められます。しかも、インターフェロンは猫カリシウイルスの感染初期に最も効果を発揮し、症状が出てからは効果が上がらないのです。また、インターフェロンには免疫を高める効果があるということで、安易に投与してしまう獣医師も存在しているので、愛猫を守るためには充分に注意しなくてはいけません。

猫用インターフェロンの副作用

寝込んでいる猫

問題となっているインターフェロンの副作用には、どのようなものがあるのでしょうか?代表的なものは嘔吐や発熱、食欲不振や呼吸困難が挙げられます。その他にも、興奮したり、よだれをたらしたりすることもあります。重篤な副作用になると多臓器不全を起こし、死亡してしまうケースも。老猫や疾患を持つ猫には適さない場合もあります。注意事項には「黄疸のあるものには使用しない」「早期治療に使用すること」とあります。 一部で「万能薬」と勘違いされていることもあるようで、決してそのような薬ではないことを、飼い主さん自身が知っていなくてはいけません。

猫用インターフェロンに関する注意点

動物病院にいる猫と少女

愛猫の病状等によっては、獣医師からインターフェロンの投与を勧められる事があるかもしれません。
しかし、副作用等を考えた時慎重に判断しなくてはいけません。それでは、どのように自己判断すれば良いのでしょうか?

その場合は、まずインターフェロンについての詳細な説明を聞きましょう。ですが、一部の獣医師は、投与前に飼い主さんに伝えず、独自の判断で投与してしまうこともあるようです。

そのような事態を防ぐため、日頃から信頼できる動物病院や獣医師を見極めておくことが重要です。この病院は治療前にきちんと丁寧な説明をしてくれるのか?治療方法は愛猫の状態に合ったものを提供してくれるか?など、飼い主さんの厳しい目で判断しましょう。場合によっては、セカンドオピニオンを受けても良いでしょう。

まとめ

飼い主に抱かれる猫

どんな薬でも、副作用はあります。ですが、リスクを上回る効果があると聞けば、愛猫に使いたくなるのは自然なことです。問題は、薬の使い方です。本当にその薬で合っているのか、その投与の仕方で良いのか、獣医師の言いなりになるのではなく、一度は疑って、飼い主さんご自身で調べてみるのも良いでしょう。大切な愛猫を守るためにも、出来る限りのことはしたいですね。

投稿者

40代 女性 ママにゃん師走

我が家も、治療方法としてインターフェロンの注射とサプリメントを使用しています。
インターネットで薬の効能と副作用の下調べは勿論、親しい知り合いの獣医師さんにもお聞きしました。
知り合いの方は近所にお住まいの方ではないので、かかりつけのお医者様として診断は仰げなかったのですが、注射の金額が一回4000円以上はかかるので5日に一度の注射は続けられるか大変ですよと教えていただきました。治療金額は病院によって違いますので誤差はあると思います。我が家は2割負担保険に入っていますので、注射に関しては保険がおります。サプリメントは保険適用になりませんので実費となります。お陰さまで、副作用もなく食欲も不振にならずにほぼ回復しました。
人間の治療も同じですが、治る側が真剣に治る気持ちにならないと絶対に良い結果は望めません。お医者様と、決定権のある飼い主との信頼関係から何事も始まると思います。病は気からとも言います。普通の水でも薬と思えば効果がありますし、高価な薬も信じなければただの物です。今の主治医の先生を信頼し話し合い、質問には全て答えていただき、メリットとデメリットを理解し納得して治療方針を決定するのが良いと思います。
先生は10人いらっしゃれば10通りの考え方があるのが当然だと思います。でも、最終決定するのは先生ではなく飼い主なのだと思います。猫の家族として、今一番に何をするべきなのか、自分に何が出来るのか冷静に判断すること。そして、決めたのなら結果を誰のせいにもしない事が必要です。先生を信頼して治療をお任せして、効果を信じ治療に専念するのが一番だと思います。
結論としましては、インターフェロンはお医者様の監修のもと使用すれば、効果を発揮すると私は実感しました。
とにかく、獣医師に嫌われない飼い主になることも、飼い猫にとって大切だと思います。
投稿者

40代 女性 つーちゃん

白血病の治療で5回連続で打って10休んでまた5回連続で打ちました!それが原因か分かりませんが食欲不振になりました。余命宣告もされました。ただしい判断だったのか疑問が残りました
投稿者

40代 女性 ねね

うちの猫ちゃんが子猫のときにひろって保護したのですが、その時にカリシウスウィルスに感染していました。それがわかったので、獣医さんが、インターフェロンという薬を使ってくださいまして、改善しました。ただ、副作用で吐いたり下痢をしたりしましたが、1週間ほどでおさまり、だんだん鼻水もとまり、下痢や嘔吐もなくなりまして、元気になりました。どんな病気にも特効薬があることが多いですが、その反面副作用があるということにも、注意が必要ですね。
投稿者

50代以上 女性 mimidesu

私は、医師です。元野良ちゃんの猫を、15
匹を飼っています。人間も猫 、犬も同じ哺乳類。去勢以外は、幼児用の薬を体重計算し、治療していました。自分の体調が悪かった ので、人にお願いし「風邪気味で食欲が無かった猫」を、口コミの高い近くの動物病院に、つれていって もらい、帰宅後二時間位すると吐き始め、手足は以上に、冷たくなり、めまいが起き始め、フラフラと歩き、突然倒れてよだれをたれ、呼吸困難が。
すぐに獣医さんに連れて行き、見てもらいました。「診断は、緊急事態では無いので、明日来院下さい 」でした。
明方、私に抱かれたまま、2回痙攣し、死にました。猫用インターフェロンの副作用による死亡です。

近年、人間の医療では副作用の強さと新薬の登場で、使用されていないのを、ご存じの方々も多いと思われまずが、獣医師の方は、「抗ウィルス薬」として、使用されているようです。

何も全ての獣医師さんを、責めているのでは、ありませんし、良心的な方も多々いらっしゃるとおもいます。インターフェロンの副作用の怖さを少しでも知って頂きたく、言葉もなく死んでいった動物達が、今後少なくなる事 を願い記事をかかせていただきました。
投稿者

30代 女性 まきこ

実家の猫ちゃんがカリシウス感染症になったときに、インターフェロンを使っていただきました。
色々と、調べてセカンドオピニオンもしてどの治療法がいいのか迷いました。しかし、やはりインターフェロンがいい治療法だろうということになり治療に挑みました。結果は、治療法があっていたみたいで、だんだん症状がおさまっってきました。鼻水や目やにがすごかったのが、鼻水もとまりまして顔が綺麗になりました。下痢もしていて心配しましたが10日もすると元気になりホッとしました。子猫時代でしたので体力がもつかと心配でしたがあのときに治療法の勉強をしてよかったなと思います。
投稿者

40代 女性 匿名

愛猫が猫風邪をこじらせました。
インターフェロンが効果的と かかりつけの先生に言われ 点滴をしました。
なんの知識もないまま 助けたい一心で お願いしますと…
次の日 具合はどうだろうと 仕事帰りに病院に寄った所 変わり果てた 愛猫の姿がありました。
目はうつろで ヨダレが尋常ではなく 正直 自宅に居た時の方が 穏やかでした。
高齢ということもあったと思いますが 強い薬を投与すれば治ると そんな考えの病院に連れて行ったことを後悔しています。
家族に看取られながら 最後を迎えることをしてあげられなかったことを本当に本当に申し訳なくて…
大切な家族…二度とこんなことにならないように かかりつけの病院は慎重に選びたいと思います。

投稿者

50代以上 女性 ペコママ

白血病の外猫を保護。病院でインターフェロンを勧められ、今日で3回。あと2回です。食欲不振になり弱ってきました。あと二回するか迷っています。血液検査の結果 貧血が酷くいつ亡くなってもよい状態と言われました。
インターフェロン あと二回 どうするか心を痛めてます。
投稿者

40代 男性 ジョー

生後1~2か月の保護して間もない子猫を近所の動物病院へ連れて行きました。
私は今まで動物と暮らしたことがなかったので専門家に検診してもらうためです。検査内容は体重を量る事と、目や口や鼻の観察することでした。レボリューションの商品説明を受け使用を承諾すると、ついでにという感じで、説明もなくインターフェロンを投薬されてしまいました。それから3~4時間後には苦しそうな声を断続的に出し始め、次第に呼吸困難に。ヒュッヒュッヒュッヒュッという呼吸音で呼吸回数は120回から多い時で135回。保護してから3日目の早朝に息を引き取りました。
投稿者

40代 女性 匿名

11ヶの白血病の猫ちゃんがいます。野良猫の母が生後4日で育児放棄した元保護猫を譲り受けました。
生後7ヶ月の時に受けた避妊手術の予後が悪く獣医さんへ相談し病気がわかりました。
インターフェロン注射を一回打ちました。
知人に病気の事を相談したところ、白血病に詳しい別の獣医さんを相談紹介されて今はそちらに通院しています。
獣医さんの説明でインターフェロン治療を行う前に霊芝エキスを服用して免疫を上げてからという事で今頑張って毎日服用しています。そのまま打つと回を重ねるごとに体にダメージが生じる為と説明されました。来月インターフェロン治療始めます。
ガリガリで小柄な子ですが食欲もありとても元気に過ごしてます。
投稿者

40代 女性 匿名

【黄疸には使用しないこと】…と, この文面にはありますが 主治医に勧められ 来週インターフェロンを打つ予定でした!
この記事 読んで良かったです!
先生にきちんと伝え インターフェロンは打たないことにして, 点滴とウルソ・肝機能良くするサプリメントで頑張りたいと思います!
投稿者

40代 女性 匿名

生後2ヶ月半の白血病の子猫を保護してから獣医の奨めで2年半インターフェロン療法をしています。初めは1日おきを1ヶ月、1週間に一回を一年、それから2年半に至る現在まで2週間毎に。間隔が2週間過ぎると下痢や体調不良で鬱ぎます。インターフェロンは副作用は無いと言いきってたので 鵜呑みにしていたのですが、不安になりました。インターフェロンの間隔が開くと途端に鬱ぎ混み、投与してると元気で走り回るのですが。。どうしたら良いのか。

スポンサーリンク