猫の口内炎の薬「ジスロマック」の効果と副作用

【獣医師監修】猫の口内炎の薬「ジスロマック」の効果と副作用

猫の口内炎の薬「ジスロマック」をご存知ですか?猫の口内炎はウイルスが関与していることもあり非常に治りにくく難治性ともいわれています。そのため慢性的に続き、免疫力の低下に伴い口内炎がぶり返すことがよくあります。しかしジスロマックはそんな猫の口内炎を治すことができる薬として知られています。ジスロマックは猫の口内炎に対しどれくらい効果があり、投与する際の注意点や副作用などについてお話しします。

7389view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

猫の口内炎の薬「ジスロマック」の効果

口内炎の薬を飲む猫

猫の口内炎とは

猫の口内炎はカリシウイルスなどのウイルスが原因で感染し発症してしまうことが多く、ウイルス自体が体内に残ってしまうため慢性的になりやすいともいわれています。

またウイルスの他に私たちと同様に歯周病が原因で猫が口内炎になることもあります。元々口腔内にはたくさんの細菌が存在し食べ物のカスとくっ付くことにより歯垢となりやがて歯石に変わります。猫が口内炎を発症すると通常よりも口腔内にいる細菌の数が増え、歯肉が赤く腫れて痛みによりご飯が食べれなくなります。

口腔内の細菌の増殖を抑制する

猫の口内炎で主にインターフェロンによる治療法がありますがジスロマックという薬が猫の口内炎に非常に効果があります。異常に増えた口腔内の細菌を抑えるために抗生物質を使用しますが、ジスロマックはマクロライド系の抗生物質であり幅広い細菌に効果があるといわれています。

また猫の口内炎の薬として投与可能なジスロマックはタンパク合成阻害薬であり細菌の細胞質内にあるタンパク質を合成する働きがあるリボソームに作用します。細菌はタンパク質を作り出すことによって数を増やしていくためジスロマックによりタンパク質の合成を阻止することができます。

ジスロマックは元々人用の抗生物質でクラミジアなどの感染症や肺炎、気管支炎、口腔内疾患など幅広く効果があり安全性が高い薬として知られていかす。またジスロマックは細菌の増殖を抑える他に抗炎症作用もあるので口腔内の炎症を抑えてくれる効果があります。

短期間の服用で高い効果

猫の口内炎の薬であるジスロマックは薬の作用時間が長いため猫の場合でも1日1回を3日連続服用か3日に1回の服用で効果が出てきます。そのため薬を飲むことが苦手な猫にとって少しでも薬による負担を減らすことができます。

また猫の口内炎は難治性といわれてきましたがジスロマックによる治療した猫の約90%は口内炎が治ったり、症状が軽減することができると報告されています。中にはジスロマックを1回服用しただけでヨダレの量が減り、ご飯をよく食べるようになり食欲が改善したケースもあります。

猫の口内炎の薬「ジスロマック」の注意点

口内炎の薬を触る猫

主な副作用

猫の口内炎に非常に効果のあるジスロマックですが腸を動かす作用があるため消化管の吸収があまりよくありません。また抗生物質は細菌の増殖を抑えるため腸内細菌も減りバランスが崩れてしまうため主にみられる副作用として下痢があげられますが、特にジスロマックは他の抗生物質よりも高い確率で下痢の症状がみられます。ジスロマックを服用している約40%ほどが下痢をおこしているというデータがあります。

猫の口内炎の薬であるジスロマックなどのマクロライド系の抗生物質は消化管蠕動ホルモンの構造と似ていることから消化管運動機能亢進作用が原因で下痢をおこしやすいのです。

そのためマクロライド系の抗生物質であるジスロマックは空腹時に薬を飲み、飲んでから2時間以内は食事をとらないように注意する必要があります。

他にみられる副作用

  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 胃腸障害
  • 不整脈
  • 腎臓障害
  • 肝障害

ジスロマックによる副作用で下痢の他に嘔吐や腹痛などの胃腸障害、不整脈、腎臓などの臓器に障害をあたえてしまうことがあります。また抗生物質などの薬は体内に入った際に肝臓で処理されるため、長期の服用するとその分肝臓に負担がかかり肝障害になることもあります。肝臓の数値が高い場合や肝疾患を発症している猫は細心の注意や服用を禁止します。

多種多様な作用をもつ抗生物質があるため猫の中には薬を服用後、アレルギー症状のような嘔吐や体の痒みなどが出る場合があるため、そのような症状が出た際は服用を禁止しています。

薬用量や服用期間

猫の口内炎の薬であるジスロマックは本来は人用の医薬品ですが猫に服用する際は体重1kgあたり5〜15mgを12〜24時間毎に7日間服用することと記載されていますが、使用する際は必ず獣医師の指示に従って適切な量を正しく飲ませることが非常に大事です。人用の薬のため誤って倍の量を飲ませてしまったり、飲み忘れた分を一気に服用してしまうと副作用が起きやすかったり逆に猫の体調を崩してしまうからです。

ジスロマックを含め細菌の増殖を抑制する効果のある抗生物質を長期で服用すると、細菌は抗生物質に対して抵抗力を持つようになります。そうなってしまうとしだいに今まで効いていたはずが効きにくくなったり、全く効かなくなることがあり薬剤耐性といいます。そのため自己判断で投与してしまうとジスロマックが効かなくなる場合がありますので必ず服用期間を守ることが重要です。

猫の口内炎の薬「ジスロマック」の入手方法やジェネリック医薬品

猫の薬

ジスロマックの入手方法

  • 動物病院

ジスロマックは猫が口内炎など口腔内疾患の際に処方してもらうことができます。またジスロマックはドラックストアで販売されておらず、アマゾンや楽天など大手の通販会社でも取り扱っていません。

間違った投薬により副作用や体調を損ねる恐れがあるため必ず服用する際は獣医師の指示に従い容量をきちんと守ることが大事です。

まとめ

ジスロマックを見ている猫

猫の口内炎の原因は子猫の頃の栄養障害やカリシウイルスなどのウイルス感染の他に歯垢や歯石よる歯周病があげられます。そのため犬と比べて慢性的になりやすいため難治性の口内炎ともいわれています。口内炎になると通常よりも口腔内の細菌が多くなり歯肉が赤く炎症をおこします。

病院では一般的にウイルス性が原因と示唆するためインターフェロンを中心し治療をおこなっていますが、ジスロマックによる投与で90%の高確率で猫の口内炎が治ることができます。また数日間の服用だけで歯肉の腫れがひいたり食欲が改善したという声もあります。

しかしその分、副作用により下痢をおこしやすかったり抗生物質なため長期投与で薬剤耐性になってしまう可能性があります。また猫の口内炎の薬であるジスロマックは元々人用の薬のため自己判断で投与したり誤った量で服用してしまうと猫の体調を悪くしてしまう恐れがあるので必ず飲ませる前に獣医師と相談し指示に従って正しい量、服用期間を守ることが大事です。