「ここが噂の保育園ですか?」自ら訪ねてきた子猫を保護

「ここが噂の保育園ですか?」自ら訪ねてきた子猫を保護

ご夫婦で保護猫活動をしている「にこねこ」さん。猫界でも評判になっているのか、とうとう自ら入園希望者が訪ねてくる事態に!?ふらっと現れた子猫「ちょびちゃん」のエピソードを紹介いたします。

686view

入園希望!?ふらっと現れた子猫

ご夫婦で保護猫活動をしている「にこねこ」さん。普段は活動エリアをパトロールしたり、繋がりのあるボランティアさんの依頼を受けて猫を預かります。

しかし今回はとっても珍しいケース。なんと、子猫が「にこねこ保育園」を訪ねてやってきたのです。優しいご夫婦が住んでいるということが、猫界で噂にでもなっているのでしょうか?

ここが噂の「にこねこ保育園」ですか?

ある日のこと。「にこねこ」さん宅の敷地内で子猫の鳴き声が聞こえ始めました。驚いて見に行くと、小さなハチワレさんがこちらを見ています。

「あの〜ここが噂のにこねこ保育園ですか?入園しても大丈夫ですか?」と不安そうにしています。

「にこママ」さんの返事はもちろんOKです。駆け寄って抱きしめてあげたいところですが、相手は猫。しかも、やや警戒中なのでそうもいきません。「にこパパ」さんにも声をかけ、慎重に策を練ることにしました。

倉庫に誘導して…無事に保護!!

子猫がビックリして車道に出てしまえば一大事です。そこで倉庫の入口を解放し、自分から侵入してくれるタイミングを待つことにしました。

恐る恐る倉庫に入る子猫。扉を閉めて出口を塞ぎます。第1関門はクリアです。後は事前に仕掛けて置いた捕獲器に入ってもらうだけなのですが…。

捕獲器の入口がわからないのか、警戒しているのか、子猫はなかなか入りません。それでも焦りは禁物です。祈るような気持ちで見守る「にこねこ」さん。「お願い入口に気づいて…」

「ニャン」という会話を続ける中、ようやく捕獲器に入ってくれました。誘導するために塗ったちゅーるをペロペロ。ここまで来ればもう大丈夫です。入園おめでとうございます!!

ちょび髭が可愛い「ちょびちゃん」

入園した猫達にはユニークな名前が贈られます。今回はちょび髭がチャームポイントなので「ちょびちゃん」と命名されました。

ちょっぴりオジサンのような顔立ちですが、まだまだ甘えたいお年頃。まるで赤ちゃんのように抱っこされています。可愛いですね♡

楽しい園生活になる予感♪

園猫達が生活するお部屋で遊ぶちょびちゃん。「にこねこ」さんの家猫、うに相談役も様子を見に来てくれました。

とても穏やかな性格のうにさん。ちょびちゃんが可愛くて仕方ないようです。これが初対面なのですが、ちょびちゃんも落ち着いています。

これは幸先が良さそうです。きっと楽しい園生活になるでしょう。いっぱい遊んで大きくなってね!!

まとめ

今回は、子猫が自ら訪ねてくるという珍しいお話でした。無事に救出できて良かったです。密かに猫界でも有名になっているのかもしれませんね(笑)

「にこママ」さんとちょびちゃんの可愛いやり取りや、無事に入園に至るまでのドキドキ感は動画のほうがリアルです。よろしければ動画も一緒にご覧ください。

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております
掲載者名:にこねこ「保護猫の保育園」

にこねこ【保護猫の保育園】

▼▼ 公式YouTubeチャンネルはこちら ▼▼
https://www.youtube.com/c/niconeko2575

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://mobile.twitter.com/niconeko2575

▼▼ 公式Instagramはこちら ▼▼
https://www.instagram.com/niconeko.2575/

スポンサーリンク