夫婦で迎えた生後2ヶ月弱の子猫……子育てならぬ“猫育て”の軌跡に感涙!

夫婦で迎えた生後2ヶ月弱の子猫……子育てならぬ“猫育て”の軌跡に感涙!

最近では、外で暮らしていた猫を保護し、家族に迎える人も増えてきました。飼い主さんと保護猫ちゃん、どのように出会って、どんなふうに共同生活を築き上げているのでしょうか?飼い主さんのリアルな声をお届けします!

598view

【みんなの保護猫物語〜ててちゃんのお話〜】

初対面で相思相愛のきざし♡

眠るててちゃん

画像提供:@2QVhvXFjL1dQzjc

飼い主さんとててちゃんの出会いは、2021年6月だったそう。

「主人の勤務する会社のお客さんが、車の下?タイヤの上?あたりでみつけて保護したものの、そのご家庭ではすでに猫を飼っており、その家猫と相性が悪いので、誰か引き取って欲しいとの相談があったのが最初」だったといいます。

その後、「1週間経っても、誰も引き取り手がないということで、6月10日にそのお宅で初めて出逢ったててを、おっかなびっくり抱っこすると、喉を鳴らして、おとなしくしていたので、その家の人もびっくり」と、まさに運命の出会いだったようです。

当時の心境について、「不思議なもので、もう連れて帰るしかないと思い、そのまま動物病院へ。特に健康面では問題なし。生まれて2ヶ月くらいと言われた」と振り返る飼い主さん。

この時から、ててちゃんと飼い主さんの幸せな時間がはじまったようです♡

“子猫の洗礼”に試行錯誤の日々

安心して目をつぶるててちゃん

画像提供:@2QVhvXFjL1dQzjc

お家にやってきたててちゃんは、「特に物怖じせずトコトコと歩きまわる。その日に買った猫用トイレもすんなり使用。ケージに入れると嫌なのか不安なのかニャーニャーよく鳴いていた」といいます。

少しずつ、お家に慣れてきた頃、子猫ちゃんならではのお転婆ぶりを発揮したそうで……!?

飼い主さんによると、「キッチンや高い所など、危ない場所を目指したり、おもちゃに夢中になりすぎて、体をどこかにぶつけてケガしたり」と当時の状況を明かしています。

「ケガしたところを舐めすぎてひどくなるので、結構、長い期間、エリザベスカラーをつけていた」こともあったそうで、「本人もストレスだっただろうし、目が離せなかった」と、子育てならぬ、猫育てに奔走する日々を送ったようです。

また、飼い主さんは、「トイレも、ててが気に入った物にたどり着くまで試行錯誤した」と明かしています。

普通のことが「幸せな思い出」に

のびるててちゃん

画像提供:@2QVhvXFjL1dQzjc

ててちゃんについて、「ビビりなのに好奇心旺盛。頑固なところも、穏やかな面も、持ち合わせた人間みたいな子。ギャップにやられる」と語る飼い主さん。

また、ててちゃんとの思い出について、「毎日の暮らしの中で、家に帰ってきた時に飛んできて甘えてきたり、外での物音にふたりでアイコンタクトしたり、寝ている時に布団に乗ってくる。そんな普通のことがささやかながら、幸せな思い出なのかな?」と、教えてくれました。

ててちゃんは、子供のような存在

帽子をかぶるててちゃん

画像提供:@2QVhvXFjL1dQzjc

ててちゃんは、「もう完全に家族というか、子供のような存在」と語る飼い主さん。

ててちゃんをお迎えするまでは、「夫婦お互い、犬しか飼ったことなく(しかも実家で、子供の時)猫と暮らしてみたいと思ってはいたものの、猫カフェにも行ったこともないから、触ったこともほぼない」と明かしています。

猫ちゃんとの生活は、「ゼロからのスタート」だったという飼い主さんご夫婦。「犬派だった主人もいつしかメロメロに。ネットで色々調べたり、ててから教わることもいっぱい」なのだそう。

ててちゃんがお家に来てくれたことで、「毎日がさらに幸せと思えるし、張り合いがある」と語っています。

「猫と暮らすこと」について

みつめるててちゃん

画像提供:@2QVhvXFjL1dQzjc

猫との暮らしについて、飼い主さんは、「猫だけでなく、動物と暮らすことは、責任もあるし大変なこと」と感じているそう。

その責任の重さがあってもなお、「それ以上に、幸せを与えてくれると思う」と力強く語ってくれました。

ててちゃん、飼い主さん、素敵なエピソードをシェアしてくださり、本当にありがとうございました!

※この記事は、取材協力者さまのご了承をいただいたうえで制作しています

取材・編集/ねこちゃんホンポ編集部
ライター/藤みと

ててちゃんをチェック♪

▼▼ 『ぼのぼのあむあむ』さんのTwitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/2QVhvXFjL1dQzjc

スポンサーリンク