保護猫カフェにデビュー直前だった子猫……運命のご夫婦と出会い新たな猫生へ♡

保護猫カフェにデビュー直前だった子猫……運命のご夫婦と出会い新たな猫生へ♡

最近では、外で暮らしていた猫を保護し、家族に迎える人も増えてきました。飼い主さんと保護猫ちゃん、どのように出会って、どんなふうに共同生活を築き上げているのでしょうか?飼い主さんのリアルな声をお届けします!

516view

【みんなの保護猫物語〜トニーちゃんのお話〜】

偶然?それとも必然?トニーちゃんとの出会い

子猫のトニーちゃん

画像提供:@tony911meow

実は、トニーちゃんを保護したのは飼い主さんではなく、別の人なのだそう。

飼い主さんによると、「2020年の8月に、車のボンネットに入り込んで鳴いている子猫2匹を保護してくださった方がいて、そのうちの1匹がトニーでした」と教えてくれました。

一緒に保護されたもう1匹の猫ちゃんは、早くに里親さんがみつかったのだそう。

一方、しばらく保護主さん宅で暮らしていたトニーちゃん。「里親が見つからない場合を考えて、保護猫カフェに入る順番待ち」をしていたといいます。

ちょうどその頃、保護猫を迎えたいと思っていたという飼い主さんご夫婦。

訪問した保護猫カフェで、「もうすぐうちに入って来る子猫がいるんですが、会いませんか?」とお声がかかったといいます。

その猫ちゃんが、まさにトニーちゃんだったそう!

トニーちゃんと対面した飼い主さんご夫婦は、「初対面でも人見知りせずに、私の手からおやつを食べてくれた人懐っこい様子が印象的で、お迎えを決めました」と迷うことなく決めたといいます。

ケージは嫌!?物怖じしないトニーちゃん

みつめるトニーちゃん

画像提供:@tony911meow

初の顔合わせで、ご縁が結ばれたトニーちゃんと飼い主さん。お家に来てからはどのような様子だったのでしょうか?

飼い主さんによると、「猫ちゃんを迎えるのは初めてだったので、本で勉強していたのですが、「慣れるまで数日は、ケージで過ごす」と書いてあったので、トニーも最初は、ケージで慣れてもらう予定でした」と語っています。

しかし、トニーちゃんは、「おうちに連れて帰った翌日には、ケージから出たいアピールをしはじめました」と、新しい環境に興味津々だったのだとか。

その後、ケージから出してもらったトニーちゃんは、「物怖じすることなく、おうちの中を探検し、驚異的な早さで新しい環境に順応していったトニーは、その日のうちに、私たち飼い主のお腹の上でお昼寝するようになりました」とすっかりお家大好きになったそうです♡

子猫時代にはヒヤッとする出来事も…

見上げるトニーちゃん

画像提供:@tony911meow

あっという間にお家に馴染んだトニーちゃんは、「やんちゃで甘えん坊」な性格なのだそう。

飼い主さんによると、「今でこそ少し落ち着いてきましたが、好奇心旺盛で、いたずら好きなため、子猫時代は、特に目が離せませんでした」と天真爛漫ぶりを発揮していたといいます。

実は、ちょっぴりヒヤッとする出来事があったそうで……!?

「好奇心から、色々な物を口に入れてしまい、誤飲して、病院にお世話になったこともあります」と幸い、事なきを得たそう。

そんな元気いっぱいのトニーちゃんについて、飼い主さんは、「毎日、私の帰宅時にお出迎えして、体を擦り付けてくるところや、夜には布団に入り込んで、一緒に寝てくれるところが好き」なのだそうですよ♡

トニーちゃんは「かけがえのない家族」

くつろぐトニーちゃん

画像提供:@tony911meow

飼い主さんにとってトニーちゃんは、「かけがえのない大切な家族です。大変なことがあっても、トニーのために頑張ろうと思えます」と無くてはならない存在になっているようです。

また、トニーちゃんをお迎えしてから、「トニーは、自分たちがいなければ生きていけないのだということを自覚」するようになったといいます。

「家の環境もトニー目線で考えるようになりました。ここにこれがあったらトニーにとって危ないなというように、トニーの視点から、トニーの過ごしやすい環境作りをしようと努めるようになりました」と、トニーちゃんが安心、安全に暮らせるように心を配っているそうです。

ずっとそばで支えていきたい!

横になるトニーちゃん

画像提供:@tony911meow

猫との共同生活が初めてだった飼い主さん。

猫がいる暮らしについて、「とても楽しいことです。毎日癒されますし、毎朝、起きてトニーの顔を見ると、嬉しい気持ちになります」と、トニーちゃんがたくさんの幸せをもたらしてくれるようです。

その一方で、飼い主さんは、「猫を飼う人全員が考えておかないといけないのは、最期まで面倒をみるという責任」とも考えているそう。

トニーちゃんの将来について、「どれだけ歳を取っても、体が不自由になっても、たとえ介護が必要になったとしても、私はずっとトニーをそばで支えていきたいと思っています」と強い決心を明かしています。

「保護された時は、灼熱の太陽の下、母猫とはぐれて野良猫として過酷な経験をしてきたトニー。繋いでもらった尊い命なので、これからもトニーと一緒に、たくさん思い出を作りながら、穏やかに、笑顔で過ごしていきたいと思います」と、トニーちゃんを幸せにしたいと願う飼い主さんの溢れる愛が伝わってきました。

トニーちゃん、飼い主さん、ご主人さん、素敵なエピソードをシェアしてくださり、本当にありがとうございました!

※この記事は、取材協力者さまのご了承をいただいたうえで制作しています

取材・編集/ねこちゃんホンポ編集部
文/めろんぱん

トニーちゃんをチェック♪

▼▼ 『黒猫トニー』さんのTwitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/tony911meow

▼▼ Instagramはこちら ▼▼
https://www.instagram.com/tony_meow0911/

▼▼ YouTubeはこちら ▼▼
https://www.youtube.com/channel/UCbt8gJVZ0FvNh-w1vJ0KUnw

スポンサーリンク