事故で歩けなくなった猫…献身的なケアが起こした奇跡とは?

事故で歩けなくなった猫…献身的なケアが起こした奇跡とは?

事故で歩けない状態の元野良猫まどみちゃんは、保護ねこシェルター「猫杜(ねこもり)」で奇跡的に歩けるまでに回復。しかし、まだまだ飼い猫生活をスタートさせたばかりで人にもなかなか慣れてくれません。その後の様子をご報告させていただきます。

680view

奇跡的な回復をするまどみちゃんのその後

少しずつ前に進むまどみちゃん

とある杜の都にある猫杜(ねこもり)という保護ねこシェルター。この猫と人の縁結びの為に作られたシェルターに、普通に歩くことができない状態の野良猫がやってきました。

以前の記事「事故で骨盤が折れて歩けない猫……手厚いケアで起こった奇跡に涙」で、幸いにも多くの方のケアによって歩けるようになり、飼い猫としての生活をスタートさせました。その後の様子をご紹介します。

人にも慣れ始め、いつも隠れていたまどみちゃんでしたが、数日後には堂々と歩く姿が…!

自然と歩けるように

一時は「歩く事は叶わない」と思われていたのですが、歩けるようになったまどみちゃん。シェルターにやって来たときの様子からでは、数日間でとてもここまで自然に歩けるようになるとは、皆思ってもみませんでした。

しかし、不思議な事に動画を撮ろうとするとなぜか止まってしまいます。歩くことが出来る姿を皆さんにお見せしたいのですが…。

動画を撮る為、おやつを使って誘導します。

少しずつ前に進みます

人を警戒していたまどみちゃんは一つずつ前に進んでいます。いつもまどみちゃんの側にいる見守り隊長のギャー君のおかげもあるのかな。

周りのサポートで安心して心地よい生活に慣れ始めています。

撫でられる事にも慣れてくれました

毎日まったりと過ごし、毛づくろいをする姿を見せてくれました。人に撫でられる事にも、慣れてくれたようです。飼い猫としては、普通の出来事かもしれませんが、慣れてくれる事に大きな喜びを感じます。

痛々しかった手術の時にカットした毛も、生え始めて触り心地もよくなりました。

本当に元気になってくれてありがとう、まどみちゃん。

まとめ

つらい思いをしたまどみちゃん。野良猫の時とは生活スタイルは変わってしまったけど、これからはいつでも守られています。

甘える事のできる生活を心地よいと感じられるようになってほしいですね。

  • まどみちゃんの元気な様子はこちらから

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:保護猫シェルター「縁の庭 猫杜」
    (運営:フッセジャパン仙台)

保護猫シェルター「縁の庭 猫杜」(運営:フッセジャパン仙台)

▼▼ 公式YouTubeチャンネルはこちら ▼▼
https://www.youtube.com/channel/UC28CfoMNN3yzxoY315rVxig/

▼▼ 公式Instagramはこちら ▼▼
https://www.instagram.com/enishinoniwa.nekomori/

スポンサーリンク