猫風邪で目が閉じた猫…殺処分寸前でつかんだ奇跡とは?

猫風邪で目が閉じた猫…殺処分寸前でつかんだ奇跡とは?

筆者がボランティアをしているセンターに収容された子猫。猫風邪が悪化し弱り切っていてる様子。追い討ちをかけるように、センターでの収容期限を迎えたため、このままでは小さな命が消えてしまうことに。緊迫した状況の中で、救いの手が希望を繋いでいきます。

1008view

結膜炎の子猫

収容

私がボランティアをしているセンターに子猫が収容されました。その子猫は猫風邪からの結膜炎で目が開かない状態でした。

相談

子猫の告示期限が切れ、センターから相談されました。理由があって譲渡対象から外れた場合、殺処分になります。センターからボランティアに相談された場合は、引き出さないとその命には未来はありません。それで引き出して治療をすることにしました。

治療

動物病院に何度か通い、猫風邪の治療を続けました。子猫は預かりさんのおうちで治療をしながら、里親が決まるまで過ごすことになりました。

預かりさんが『グミ』と名付けてくれました。生後2ヶ月前の女の子でした。

里親探し

猫風邪が完治したのを確認して、里親探しを始めました。とっても目が大きい可愛い女の子でした。

里親希望

昨年9月にセンターに収容されて、10月にレスキューして、12月に里親希望者が現れました。こちらは山口県ですが、なんと里親希望者は島根県のご家族でした。

数時間かけてご家族で会いに来てくれました。とっても優しいご家族でグミを気に入っていただき、トライアルされることになりました。里親審査、飼育環境チェックなど事前に済ませてからのお見合いでした。

里親決定

その後、グミは里親決定となり、島根県で暮らすことになりました!

最後に

誰かがセンターに連れて行った猫かぜ結膜炎の子猫は、そのまま野良猫として過ごしていたら多分、目が潰れていたことでしょう。あるいはもう生きていなかったかもしれません。

ボランティアがレスキューしていなければ、もしかしたら殺処分になっていたかもしれません。

二度も命が救われた子猫は、山口県から島根県へと移動し、家族の一員として現在幸せに暮らしています。この子はとても強運の持ち主だったと思います。

最後の写真は、グミがセンターに収容されていた時の自分の姿を見つめている光景です。

※こちらの記事に使用している写真と動画は撮影者に許可を得て使用しています。

※こちらの記事は動画や画像の撮影・制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 掲載団体名:ディ・アンク

ディ・アンク

▼▼ Facebookページはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/diankshimonoseki/

▼▼ 里親募集中の情報はこちら ▼▼
https://www.pet-home.jp/member/user564895/post/

スポンサーリンク