痩せ細った野良猫の親子…緊迫する保護現場の声とは?No.3

痩せ細った野良猫の親子…緊迫する保護現場の声とは?No.3

猫や人を不幸にさせないために必要なのは「予防」です。多頭飼育崩壊は、目も当てられないほどひどい状況になってしまいます。そんな事態を起こさないために。府中のNPO法人府中猫の会さんが行なっている活動の1部をご紹介します。

522view

前回までのお話

やせ細った野良猫親子が身を寄せていた餌やりさんのお宅には、10匹以上の猫がいました。府中のNPO法人府中猫の会さんが全頭捕獲し、不妊手術を受けさせます。多頭飼育崩壊を起こさないために。

前回の様子は、こちらの記事「痩せ細った野良猫の親子…緊迫する保護現場の声とは?No.2」と、でもご紹介しました。

前回はメス猫の大捕物でしたが、今回は残っているオス猫の捕獲に取り掛かります。

残りのオス猫確保

メス猫たちを捕獲したときは代表さん宅に1泊させました。でも今回はその日に手術を受けさせるようです。サクッと捕まるとよいのですが…。

登録者数5万人達成!

ここで嬉しい報告です!府中猫の会さんのYouTubeのチャンネル登録者数がなんと、5万人に達したそう。日々の努力が実を結んだのですね。

チャンネル登録者が増えるとそれだけ、猫たちの里親さんが見つかりやすくなりますし、活動資金にもプラスになります。

捕獲作戦開始

いよいよオス猫たちの捕獲作戦が始まりました。もう既に不妊手術を受けた1匹のメス猫が「何してるの〜?」とばかりに寄ってきます。抵抗されつつもサクッと捕まえる府中猫の会さん。

無事の全頭保護となりました!

病院へ!

病院へ到着した猫たち。不安なのか鳴きわめいていますが…。これから明日の不幸を防ぐため、猫たちは手術室へと向かうのです。

まとめ

多頭飼育崩壊は猫も人も不幸になってしまうため、起こしてはいけないのです。十分なお世話を受けられなくなった猫は、劣悪な環境で生きることがほとんど。そして最悪の場合命を落とします。

また飼い主さんも人間らしい生活を失う場合があるのです。家の中は散らかってゴミ屋敷さながらになり、猫たちの糞尿で匂いも相当なものになります。この世の地獄ともいえる不幸を避けるため、今日も府中猫の会さんは活動を続けているのです。

オス猫たちの捕獲シーンは、下の動画からご覧いただけます。中々の迫力です。捕獲の様子が苦手な方はお控えください。

できればチャンネル登録を!それが多頭飼育崩壊の予防につながります。

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:NPO法人府中猫の会

NPO法人府中猫の会

▼▼ 公式ブログはこちら ▼▼
https://chuneko.exblog.jp/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/fuchu_nekonokai

▼▼ 公式Instagramはこちら ▼▼
https://www.instagram.com/fuchu_nekonokai/

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/府中猫の会-815781585192487/

スポンサーリンク