四肢麻痺で命の期限が迫った子猫…救助後に驚きの奇跡が!

四肢麻痺で命の期限が迫った子猫…救助後に驚きの奇跡が!

足が麻痺した猫のレスキューがこの夏は続きました。そのため、これ以上のセンターからの麻痺した猫の引き出しができないと言われ、四肢麻痺の子猫は殺処分になる運命に...

1682view

四肢麻痺の子猫

収容

センターに四肢麻痺で動けない子猫が収容されました。

治療が必要な負傷猫が収容されると、飼い主さんに対する呼びかけのための告示期限が設けられ、その期限内に飼い主さんが名乗り出てこなければ、所有者不明として殺処分されます。

何故なら、センターは治療するための施設ではなく、治療設備はないため、負傷猫は愛護棟に出すわけにもいかないので、処分するしかないのが現状です。

レスキュー不可

実はこの夏、センターには負傷猫が立て続けに収容されていました。すでに、その数頭を私たちがレスキューしていました。

また、同時に市民による通報で下半身麻痺の犬もレスキューしていました。足が麻痺して動けなかった犬猫のレスキューが続いたのです。

そのこともあり、四肢麻痺の子猫の引き出しを申し出たところ、センターから『足が麻痺した子達ばかりそちらに頼むわけにはいきません。すべては助けられないですよ。』と断られてしまったのです。

現実

今後もこういう子が続くことも考えると、どこかで諦めなければならないのか……。里親探しも体にハンディがある子はなかなか希望者が現れないのが現実です。

けれども、この子の写真の姿がどうしても目に焼き付いてこのまま諦めたら絶対に大きな後悔になると思い、SNSで引受先を呼び掛けをしましたが、中々、挙手がありませんでした。

メッセージ

そこでダメもとで、広島の2人の動物愛護のボランティアさんにこの子を託せないかメッセージを送ってみました。

その2人のボランティアさんには、今年夏、それぞれ事情がある犬達を引き継いでもらったことがありました。

私が引き取るのではなく、他に受け入れ先があるのであれば、この子猫を引き出すことができるとセンター職員さんに了承を得ていました。

そこで、思い切って頼んでみたところ、どちらも快く「いいですよ!」と返事くださり、先に返事をいただいた方にお願いすることにしました。この方は、四肢麻痺のある猫の扱いには長けている方でした。

下関市のセンターから引き出した四肢麻痺の子猫は、(社)地域動物コミュニケーションズの大久保さんに引き継ぎをすることになりました。

広島と山口。待ち合わせは、防府市に決まりました。

奇跡

四肢麻痺の子猫をセンターから引き出して、広島の(社)地域動物コミュニケーションズさんに引き渡しをしてから、すぐに奇跡が起きました!

大久保さんが、子猫のケージを開けて掃除をしようとしたところ、四肢麻痺で動けなかったはずの子猫が勢いよく飛び出てきて、部屋を走り回ったのです!

予期していない突然の出来事に、動画を取る暇も無かったそうです。

子猫は『バブ』ちゃんと命名されました。

推測

その後、バブちゃんは動物病院に連れて行ってもらい、ウィルス検査(陰性)とワクチン接種をして、健康には問題ないことが確認されました!そろそろ里親探しをされるそうです。

四肢麻痺の猫を数多くケアしている大久保さんによると、これまでの経験からの推測とはなりますが、恐らく人間に餌場で蹴られたのではないかと。それで一時的に脳圧が下がり麻痺していた可能性があるのではという話も。

真相は謎ですが、とにかく四肢麻痺が治ってよかったです!

最後に

この子はもしも、引継ぎの挙手がなければ、私たちがレスキューすることは不可能で、殺処分の運命が待っていました。一時的な四肢麻痺であろうとも、センターに来た時点で健康な状態でない限り、告示期限が切れたらセンターでは処分するしかありません。

市民の持ち込み収容が次から次へとあるため、収容スペースの問題、予算の問題、収容数の問題などがあり、そうせざるを得ない事情があります。

しかしながら、負傷猫を発見したら、まずは動物病院に連れて行っていただきたいというのが切実な思いです。

今は、個人でクラウドファンディグも可能な時代です。猫1匹ならば、ご自宅のごくわずかなスペースでも保護はできます。

「そんなに、簡単なことではないですよ!」と反論されたこともありますが、私たちボランティアは、取り組んでいます。命を助けることが、いかに難しいかということを日々、実感しているのです。

※こちらの記事は動画や画像の撮影・制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 掲載団体名:ディ・アンク

ディ・アンク

▼▼ (社)地域動物コミュニケーションズさんのブログ ▼▼
http://blog.livedoor.jp/cdc7ponny7/

▼▼ Facebookページはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/diankshimonoseki/

▼▼ 里親募集中の情報はこちら ▼▼
https://www.pet-home.jp/member/user564895/post/

スポンサーリンク