高齢化社会のペット問題…飼い主を亡くし残された猫たちVo.3

高齢化社会のペット問題…飼い主を亡くし残された猫たちVo.3

東京練馬で起きた、飼い主さんが亡くなった為に猫4匹が残されてしまったという案件Vo.3です。既に2匹の確保はできたのですが、残された2匹も無事捕まえなければいけません。結果やいかに?早速チェックして行きましょう!

4451view

前回までの経緯

東京練馬で飼い主さんが亡くなってしまった為に残された猫4匹がいました。埼玉のNPO法人にゃいるどはーとさんが現場へ出向き、これまで2匹を捕獲しています。

前回の様子は、「高齢化社会のペット問題…飼い主を亡くし残された猫たちVo.2」でご紹介しました。

今回は残り2匹の保護に挑むのですが…。果たして無事に猫たちは捕まるのでしょうか?

前回逃した猫がなんと!

自らキャリーにイン

置いてあった水などを飲んだ気配がありません。無事なのでしょうか?

不安が頭をよぎる中、前回取り逃がしてしまった猫がなんと!自らキャリーに入り大人しくしています。にゃいるどはーとさんが近いても微動だにしません。

キャリーが古く蓋が壊れて閉まらないため、急遽洗濯ネットで応急的に蓋をします。

捕獲成功!

無事に捕獲が成功しました。捕まった猫はじっと大人しくしています。疲れ果ててしまっている様子。飼い主さんがもういないことを悟ったのかもしれません。そして、自分だけでは生きていけないことも。

もしかするとにゃいるどはーとさんが来てくれるのを待っていたのかもしれませんね。助けて欲しい、と。とにかく無事に捕獲できて何よりです。

残り1匹の捜索

お金がなかったわけではない飼い主さん

猫たちが住む家の庭には、大量のダンボールが山積みになっていました。どうやら亡くなった飼い主さんは猫たちのご飯を通販で購入していたようです。

その量を考えると決してお金がなかったわけではありません。もう少し早く準備していれば、猫たちが残されなくて済んだことが悔やまれます。

そしてその庭は、残り1匹の猫の通り道になっていたようです。

お風呂から出入りの様子

猫はお風呂場の窓から出入りしている様子です。お風呂には枯葉が溜まり、使っていた形跡がありません。お風呂場の窓は開いており、猫の出入り口になっている可能性は高いです。

捕獲器を仕掛ける

1台はお風呂場に

残りの1匹を捕獲する為、捕獲器を仕掛けます。1台は出入りしていると思われるお風呂場に。場所の都合上1台しか仕掛けられません。

1台は外に

そして1台は庭の通り道らしき場所に設置します。きっとまだ家に執着があり、戻ってくるだろうとの算段です。無事にかかってくれると良いのですが…。

捕獲した巨漢猫

冒頭で保護した猫を病院へ連れて行きます。結構な巨漢猫でした。名前は「練丸」になりました。

ご飯を食べない為、鼻からカテーテルを入れて栄養補給を行います。何をされても鳴き声一つ立てず、暴れもしない練丸。獣医師たちにお利口と褒められています。

カテーテルからご飯を入れることで胃が動けば、もしかしたら自分で食べてくれるかもしれないとのこと。元気になりますように!

再び現場へ

4匹目は現れず

2台設置した捕獲器に、残念ながら4匹目は入っていませんでした。もうこの家に帰ってくることはないのでしょうか?外に出たまま、どこか別の場所へ行ってしまったのかもしれません。

にゃいるどはーとさんができるのはここまでです。残念ではありますが、4匹目の捕獲は断念せざるを得ません。

姪の方インタビュー

ここで改めて、依頼主の姪の方のインタビューを。やはり万が一の時のことを考え、生きているうちに準備を整えていくことが大事だということが分かりました。被害を受けるのは残された猫たちなのです。

遺品整理の方が思うこと

そこに現れた遺品整理の方。やはり猫が残されているケースはあるようです。猫も亡くなってしまっている場合も…。

猫たちは自分でご飯を探して食べることはできません。生きているうちにしっかりと引き取り先を探しておくことの重要性を伝えてくださいました。

自分が高齢になった時に…

高齢になると、家に人が入ることを嫌がることが多いようです。その為、中の状況が分からず対応が遅れてしまう場合があります。

これは決して人ごとではありません。自分が高齢になった時、猫を飼っていたらどうすれば良いのか。周囲からの援助を拒否したり甘えなかったりするのは自由ですが、結局しわ寄せは愛猫に行ってしまうのです。

そう考えると、頑なになるのは決して得策ではないことが分かります。柔軟に対応していきたいものです。

まとめ

残された猫4匹中、3匹の保護が成功しました。残りの1匹はどこか別の場所へ行ってしまったのか、その姿を見ることはできませんでした。

色々と考えさせられる動画です。ぜひ他人事とスルーするのではなく、自分事と受け止めて考えてみてください。動画は下記リンクから。良かったらチャンネル登録をお願いします!猫たちの支援に繋がります。

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:NPO法人 にゃいるどはーと

NPO法人にゃいるどはーと

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://nyaild-heart.shimakaji-mama.com/

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/特定非営利活動法人にゃいるどはーと-240983279643560/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/satoshirumi

スポンサーリンク