高齢化社会のペット問題…飼い主を亡くし残された猫たちVo.2

高齢化社会のペット問題…飼い主を亡くし残された猫たちVo.2

70代の高齢者が飼い猫を残して亡くなってしまうケースが後を絶ちません。東京練馬でまた、起きてしまいました。前回残された猫4匹のうち1匹の捕獲に成功しましたが、残り3匹の安否が確認できなかったのです。果たして猫たちは無事なのでしょうか?

2242view

前回までの経緯

東京練馬にある一戸建てで一人暮らしをしていた74歳の女性が猫4匹を残して亡くなってしまいました。ペット可の老人ホームを探していた矢先の出来事でした。

前回の様子は、「高齢化社会のペット問題…飼い主を亡くし残された猫たちVo.1」でご紹介しました。

埼玉のNPO法人にゃいるどはーとさんが踏み込み猫1匹を確保したものの、残り3匹が見つかりません。置き餌をして次回の捕獲作戦に備えます。

果たして猫たちの安否は?

前回の置き餌チェック

前回4匹中3匹を見つけられなかった為、置き餌をしてひとまず退散しました。その後、再び状況を確認に家に入ります。これで餌がもし減っていなかったら、猫は亡くなってしまっているかもしれないのです。

ですがキレイに食べられていました。ということは猫たちは健在だということ。いざ捕獲作戦開始です!

2階に上がる

前回上がれなかった2階に上がります。天井には蜘蛛の巣が…。それでも怯むことなく上がっていきます。それにしても凄まじい状況の家の中です。

飼い主さんが不在になったこの家の中で猫たちは、何を思って暮らしていたのでしょうか?

2階の様子は?

1匹発見

にゃいるどはーとさんが階段を登り切ると、そこには1匹の茶トラ猫がうずくまっていました。警戒している様子です。捕獲器を取り出し、捕獲にかかります。

逃げられる…

残念ながらあと一歩のところで逃げられてしまいました。猫も必死です。その後も捕まえようとしますが激しく暴れてどこかへ消えてしまいました。

再び1階

1階に戻ると、台所に先ほど2階にいた茶トラとは別の茶トラ猫がいました。警戒はしていますが、逃げる様子はありません。

にゃいるどはーとさんが洗濯ネットを持って近づき、見事捕獲成功です!

残りは2匹

残るは2階にいた茶トラ猫と、外に出歩いているらしい猫2匹です。また後日捕獲作戦に挑みます。

病院にて

去勢済みの猫

今回捕獲された茶トラ猫は去勢手術済みでした。戸惑いながらもおとなしくしている猫。にゃいるどはーとさんによると、もう観念している様子だったとのこと。

いくら待っても飼い主さんは帰って来ないし、もうにゃいるどはーとさんに自分の運命を託すしかない、と思ったのかもしれません。猫の賢さが窺えます。

おとなしく爪を切られる保護猫

体を保定されつつ、おとなしく爪を切られる保護猫。前足の被毛が汚れています。爪も伸び放題。でもきっと、これから幸せが待っているのです。

まとめ

2度目の訪問で無事にもう1匹を捕獲することができました。とにかく猫たちが無事で何よりです。残りの猫たちも、一刻も早い保護が望まれます。

猫の捕獲については百戦錬磨のにゃいるどはーとさんですが、実はあるものが苦手だそうです。それは一体なんでしょうか?

答えは下記の動画の中に。良かったらチャンネル登録もお願い致します!それが猫たちの援助へ繋がります。

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:NPO法人 にゃいるどはーと

NPO法人にゃいるどはーと

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://nyaild-heart.shimakaji-mama.com/

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/特定非営利活動法人にゃいるどはーと-240983279643560/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/satoshirumi

スポンサーリンク