人生に悩んでいる時に救った生後2週間の子猫。本当に救われたのは…

人生に悩んでいる時に救った生後2週間の子猫。本当に救われたのは…

男性はひとりぼっちの子猫を保護しました。それは、男性にとってとても重要な出会いでした。

1201view

子猫との出会い

出会い

ジョーさんが雨上がりの道を犬とお散歩していると、子猫が通りにポツンといるのを目にしました。

周囲に母猫の姿や兄弟姉妹の姿はありません。

彼は疲れ果てるまで子猫の家族を探し続けましたが、見つかりませんでした。

保護

ジョーさんはひとりぼっちの子猫を助けようと家に連れて帰り『レオ』と命名しました。

聞き込み

ジョーさんはレオのことを周囲に聞き込みしました。

レオは生後わずか2週間であること、保護した地点の周辺にはたくさんの野良猫がいるので、おそらく野良猫が産んだ子だろういうことが判りました。

置き去り

子猫のレオは、母猫に置き去りにされたのかもしれません。

助けたい

ジョーさんは子猫を発見した時、助けたいと咄嗟に思いました。どうしたらいいのかなど迷う気持ちはなかったのです。

安心

ジョーさんに保護されたレオも彼の愛に包まれて安心しきっていました。

同行

ジョーさんはレオをひとりぼっちにしたくないため、何処に行くにも連れて行きました。

パートナー

人生に多大なストレスを抱えていたタイミングでレオに出会ったこともあり、レオはジョーさんにとって大事なパートナーになりました。

助けられたのは

レオを助けたのはジョーさんでした。

でも本当に助けられたのは、実はジョーさんのほうだったのかもしれませんね。

※この記事内の投稿や画像は、投稿者の許諾を得て掲載しています。


スポンサーリンク