ボンネットから子猫を救助!居合わせた人達による命のリレーに感動

ボンネットから子猫を救助!居合わせた人達による命のリレーに感動

ある病院の駐車場で子猫の悲痛な鳴き声が響き渡りました。

1017view

命のリレー

子猫の鳴き声

私は動物愛護団体の代表をしています。

活動が忙しすぎて、体調を崩してしまいました。それで毎日、点滴に通っていたときのことです。

病院の待合室にいるとき、子猫の鳴き声が聞こえてきましたが、すぐに鳴きやんだので、今は猫の子育てシーズンだし母猫が戻ってきたのだろうと探しませんでした。

でもその翌日、同じ病院の待合室で、今度は悲痛な子猫の鳴き声が響き渡ってきたのです。

さすがに気になり外の駐車場に出てみると、ロードサービスのJAFさんが子猫を抱えて1台の車の前に立っていました。

ボンネット

気になったので近寄ってどうしたのか尋ねてみると、病院関係者の車のボンネットに子猫が入り込んでいたことが判り、中から取り出してもらうためにJAFさんが駆け付けたとのことでした。

保護

実はそのとき、子猫の鳴き声で動いたのは私だけではありませんでした。同じ待合室にいた女性も事情を訊きに出てこられたのです。

車の持ち主の方は子猫は飼えないとのこと。するとその女性が「猫を病気で亡くしたばかりの人がいるので、聞いてみましょう!」と言われました。

その女性が携帯電話でお知り合いの方に電話している間に、私は自分の車に積んでいたノミダニ取りの子猫用スプレーを使い、段ボール箱にトイレシートを敷いて洗濯ネットに入れた子猫を保護しました。

JAFさんがずっと子猫を抱えておくわけにもいかないし、交通量の多い道路のすぐそばだったので、そうやって子猫の安全を確保したのです。

その後、付き添いで来ていた夫と病院の関係者たちに子猫を見ていてもらい、私は点滴を受けました。

もう一人の女性は子猫の里親探しのために、あちこち電話されていたようです。

動物病院

1時間後に点滴と支払いを終えて駐車場に出てみると、里親探しをしてくれていた女性が里親になってくれそうな方の返事待ちをしていて、もう少し時間がかかるとのこと。その間に子猫を動物病院に連れて行く事にしました。

昨日、子猫の鳴き声を聞いたのは私だけではなかったようで、看護士さんたちも昨日から子猫の鳴き声がしていたと言っていました。

ということは、子猫は昨日からずっと車のボンネットにいたことになります。

見る限りでは怪我はありませんでしたが、脱水症状を起こしている可能性もあるので、念のために獣医さんに診てもらうべきだと判断したのです。

車の持ち主の病院関係者の方に、里親探しをしている女性との間に入っていただき、結論が出たら、私の携帯電話に連絡をしていただくようにお願いして、私たちは子猫を連れて動物病院に行きました。

食欲

子猫は2日間も炎天下のボンネットの中にいたにしては、元気でした。

でも、痩せていました。保護した駐車場で子猫用のおやつを買って来て与えてはいましたが、足りていませんでした。獣医さんがウエットフードをあげると、声を上げて美味しそうに完食しました。

里親

診察が終わると、動物病院の待合室には子猫を引き取ってくれるという女性が待っていました。あの病院で子猫の里親探しを一生懸命してくれていた患者さんが見つけてくれた女性でした。

愛猫を乳がんで亡くしたばかりだそうです。

避妊していたか聞いてみると、していなかったそう。

「それが乳がんの原因です。生後半年で避妊していれば、乳がんになることはありませんでした」

「この子猫は今生後2ヵ月ぐらいです。生後半年で去勢していただけますか?そうすれば将来睾丸腫瘍ができることはありません。早期の避妊・去勢は、繁殖を防ぐためだけでなく、将来のホルモン系の悪性腫瘍発生のリスクを少なくすることができるのです」

と一通り説明した後、室内飼いであることやその他いくつかを確認させていただき、LINE交換をしてその後報告もしていただくお約束で、子猫をお渡ししました。

本来なら飼育環境チェックなどもっとさせていただくのですが、今回の場合は、その場にいた人たちの善意からの結果なので、その場でお渡しさせていただきました。

先住猫さんを避妊していなかった点だけを除けば、子猫の里親として申し分のない方でした。

最後に

その場にいた人たちが自分たちにできる限りのことをした結果、子猫はアッという間に終生のお家を手に入れることができました!

今回のレスキューは、素晴らしい命のリレーだったと感じます。

みんなの『子猫をなんとか助けたい!』という強い思いで、子猫を無事保護することができ、安心して暮らせるお家を見つけられたのだと思います。

「子猫を保護したのですが、引き取っていただけますか?」とよく電話がかかってきましたが、それは保護したとは言えません。それは単に捕まえただけです。

誰かに丸投げで押し付け依存するのではなく、自分ができる限りの努力をする!子猫を保護するということは、そういうことだと思います。

※こちらの記事は動画や画像の撮影・制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 掲載団体名:ディ・アンク

ディ・アンク

▼▼ Facebookページはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/diankshimonoseki/

▼▼ 里親募集中の情報はこちら ▼▼
https://www.pet-home.jp/member/user564895/post/

スポンサーリンク