出産直前に捨てられた母猫は帝王切開で命を救われた

出産直前に捨てられた母猫は帝王切開で命を救われた

ママ猫は、彼女の唯一生き残った子猫と一緒に安全な場所を得たことで安心しました。

23568view

難産の母猫

出産

カリフォルニア州オーシャンサイドにある『 Kitten Rescue Life 』の創設者であるアマンダさんは、今週初め、保健所に妊娠した母猫が捨てられていたことをSNSの投稿で目にしました。母猫には陣痛が始まっており、救助が必要な状態でした。

「それは夜遅い投稿でした。それで、私は翌朝午前4時に起床し、シェルターに数時間かけてドライブしました。」とアマンダさんは語りました。

母猫は夜中に出産し、彼女のお腹の下には1匹の子猫がいました。母猫はその子猫を守り、なめていました。母猫は、子猫にできるかぎりのことをしていました。

アマンダさんは、母猫とその子猫を家に連れて帰りました。

難産

彼女は次に産まれてくる子猫を数時間待ちましたが、何も起きません。そこで母猫を獣医のところに連れて行きました。

次に産まれてくるはずの子猫が、お腹から出てこられずにいることが判り、緊急で帝王切開が行われました。

2番目の子猫は奇形児だったせいで、出てこられなかったそうです。残念ながら、その子猫は助かりませんでしたが、母猫の命は助けることができました!

母性

彼らが1匹目の子猫を母猫に返すと、母猫はまた甲斐甲斐しくお世話をし始めました。

母猫は『ラザニア』、子猫は『ミートボール』と命名されました。

アマンダさんは「ラザニアは私が今まで保護した母猫の中でも、最も母性がある猫だと思います」と語りました。

安全

母猫ラザニアは、そこが安全な場所であるとわかると、やっとリラックスし始めました。

彼女はこれまでどんな試練を味わってきたのでしょうか。

アマンダさんの元で、唯一生き残った大事な子猫のミートボールと一緒に安全を保障されたことを、ラザニアは理解したようでした。

母子の命

アマンダさんの救助のおかげで、ママ猫のラザニアと、唯一の生き残りの子猫ミートボールの2匹の命が救われました。

順調

ラザニアは、アマンダさんが母子2匹を助けてくれた人とちゃんと理解しているようでした。

ミートボールは着実に体重を増やし、2週間後にはハイハイを覚えました。

母の愛

ミートボールは、まるで母のラザニアのコピーのようにそっくりです。

「ママ猫ラザニアは、ミートボールのことをとても愛しています。彼女は母として息子に対して、とても気配りがあり、愛情深いです。」

※この記事の投稿及び写真は、Kitten Rescue Life に承諾を得て行っております。

母子のその後をチェック!

ラザニアとミートボールのその後のことは、『 Kitten Rescue Life 』のフェイスブックとインスタグラムで更新されています。

スポンサーリンク