猫はどうして食べるのが遅い?考えられる6つの原因

猫はどうして食べるのが遅い?考えられる6つの原因

ご飯を食べるのが遅い猫は、何か理由があるのでしょうか?私の飼っている猫は、どちらかと言うと早いのかも知れません。歳をとると歯や顎にも影響がでるそうですが、ほかにもいくつか理由があるようです。食べるのが遅い理由と関係する病気にも目を向けて書いてみました。

1223view

猫の食事がゆっくりなのは?

白い器でご飯を食べている猫

猫はどうして食べるスピードが遅めなのでしょうか?子猫の頃に比べると遅くなったり、ほかの猫よりも遅いと感じたりすることがあります。食べるのが遅いのはどんな理由からか見てみましょう。

1 ちょこちょこ食べたい

猫のご飯の時間は決められている家庭も多いと思います。1回の食事を何回かに分けて与えていても、その量を完食しない猫もいます。それは、猫の習性からきているようです。少しずつちょこちょこ食べるのが猫は好きなようです。「残しておいて後で食べよう」と思っているようです。

2 食べにくい大きさや形

猫の口は小さいので遅くなる理由のひとつです。フードが大きい場合や、噛みにくい形状だとよりスピードが遅くなる理由なのでしょう。猫の歯は揃って生えていません。歯が尖っている、いびつにな生え方などの理由から、食べるのに手こずってしまうようです。

3 周りが気になる

周りが気になってしまい、集中して食べられないのも理由でしょう。飼い主さんがウロウロしたり、物音を出したりしてしまうと、猫も気が散って食べられません。また、同居猫が気になってしまうケースもあります。ほかの猫が食べている様子が気になる猫もいるようです。

4 猫の性質的なもの

食べるのが遅いのは、マイペースな性格や早く食べるのが苦手などの性質からきているようです。早食いの猫もいるように、食べるスピードが遅い猫もいます。食べるスピードは、猫によって個性があると言う理由もあるでしょう。

5 フードに飽きている

あまり好まない味、そそられない匂いなど、猫にもフードに食いつかない理由はあります。「そろそろ味に飽きたな」と思う気持ちから、嫌々食べているのかも知れません。仕方なく食べているような猫は、食べるのも遅くなるのでしょう。

6 フードが変わった

いつも食べているフードを変えた途端に、食べるスピードが早くなる猫がいます。前よりも美味しい匂いにつられたか、味が好みだったのでしょう。フードが変わり食べるスピードが遅くなる猫は、前のフードの方が好みだったのかも知れません。もしくは、新しいものに対する警戒心、不安から慎重になってしまっているようです。

猫の食べ方やスピードで注意する病気

横になってこちらを見つめる猫

猫が食べるのが遅い、遅くなった場合には注意が必要です。猫のご飯の食べ方やスピードから、病気が発覚されるケースもあります。病気が進行したり、悪化したりする前に早急に対処できるように、気になる病気を見ていきましょう。

歯周病

獣医師に口の中を診察されている猫

猫が食べ方やスピードに違和感を抱いたら、口内の中に異常がないか確認しましょう。猫に多い病気には、歯周病があります。歯周病は、歯の表面に付いた細菌が、歯茎や骨に浸透して起こる病気です。歯周病が悪化すると、歯茎が赤くなる、口臭がする、出血、歯が浮いたようになるなどの症状を伴い、食べるのが遅くなる原因になります。

猫口腔顔面痛症候群

あまり聞きなれない言葉ですが、末梢神経や中枢神経の三叉神経に痛みを伴う病気です。簡単に言うと、口を動かすと痛みを感じてしまう病気になります。

この疾患は、診断方法も細かく確立されておらず、診断も難しいと言われています。猫がご飯を食べる、毛づくろいをしたときに痛そうな素振りを見せないか注意してみてください。

毛玉症

全身をグルーミングする猫

毛づくろいをして胃の中に毛玉が溜まります。溜まった毛玉を、便と一緒に排泄をして除去させます。排泄できない毛玉は、胃の中でどんどん大きくなり毛玉症になってしまいます。

毛玉症になると、食欲が落ちてしまったり、頻繁に嘔吐したりします。毛玉が腸につまり、腸閉塞を引き起こすこともあります。ご飯を食べたがらない、残す、遅いなどの様子が見られたら、毛玉症の可能性もあると言えるでしょう。

口腔ガン

猫の口の中から顎に起こる、悪性腫瘍の病気です。皮膚の細胞のいずれかの部分がガン化してしまう病気です。歯茎にしこりができる繊維肉腫、舌や歯肉がただれる扁平上皮ガン、粘膜や舌に黒いシミができるメラノーマと分類されますが、どれも悪性の病気になります。

口腔ガンと言う病気は、転移が早くリンパ、肺、骨を侵してしまう恐ろしい病気です。猫がガンに冒されてしまうと進行が早いと言われています。ガンを発症する原因ははっきり言うと不明ですが、口の中を清潔にしないと、細胞がガン化する可能性があると言われているのは確かな事です。

食道炎

食道を通過する所の食道内で、炎症が起きてしまう病気です。食道炎の病気を一度でも引き起こすと慢性化するとも言われています。食道炎になると食べるのが遅くなるほかに、よだれが多くなる、食べた後吐く、首辺りを触ると怒るなどの症状があります。

食道炎になる原因には、中毒性の誤飲、食道を傷つけた、感染症、咽頭の炎症、手術時の薬の投与などがあげられます。

まとめ

食事中に舌を出している猫

猫が食べるのが遅い理由を紹介していきました。猫が食べるのが遅い、食べ方にもそれぞれ個性はあります。フードに問題がある、環境に問題があるなど、食べるのが遅くなる理由は猫によって理由は異なるのでしょう。むしろ、猫が食べるスピードが早いよりは、ゆっくり食べてもらう方が体への負担は少ないと言えます。

しかし、怖いのが病気ですよね。病気が原因で食べるのが遅い理由も頭に入れておいてください。時々、猫の口のに異常がないかを確認しておくと、早期発見もできると思います。病院でこまめに診察してもらうのも、病気を早期発見する手段になるでしょう。