部屋が猫の毛だらけにならないようにできる対策!おすすめのグッズもご紹介!

部屋が猫の毛だらけにならないようにできる対策!おすすめのグッズもご紹介!

細くて柔らかい猫の毛は触り心地がよく、撫でているだけでも癒されます。しかし猫の抜け毛は、お洋服に付着したり、ふわふわと家じゅうに広がったりと、お掃除がとても大変です。今回は抜け毛を軽減する方法や、抜毛を利用した手作りグッズなど、「猫の毛」と上手に付き合っていくための方法を紹介いたします。

2280view

猫の毛の対策

シャンプー

コマ / ♀	/ 1歳	/ スコティッシュフォールド	/ 3kg

シャンプーをすることで、地肌から抜けているけれども猫の被毛部分で留まっている毛を洗い流すことができるため、室内での抜け毛を減らすことができます。

猫の毛の種類によってシャンプーの頻度は異なり、短毛種は年に2回、長毛種は月1回ほど行うとよいとされています。短毛種の猫については春と秋の換毛期を見計らってシャンプーしてあげると効果的です。

もともと水が苦手な猫は、シャンプーを嫌がることがあります。子猫のうちから慣れておくことが大切ですが、どうしてもを嫌がる場合には、顔まわりのシャンプーは行わず、首より下だけにとどめておくとよいでしょう。

ブラッシング

ブラッシングされる猫

猫の毛のお手入れにブラッシングは欠かせません。日常的にブラッシングをしてあげることで、自然脱毛する猫の毛を減らすことができます。

ブラッシングの頻度としては、短毛種は週に2回ほど、長毛種は毎日朝晩に行うとよいと言われています。猫が自発的に行っているグルーミングを人間が代わりにやってあげるようなものなので、抜け毛対策以外にも猫のストレスの解消や精神の安定にもつながります。

体力が落ちてしまった老猫は、毛づくろいをして胃の中に溜まってしまった毛玉を自力で吐くことが困難なため、腸閉塞などの病気にかかりやすいとされています。猫の飲み込む毛の量をブラッシングによって減らしてあげることで、消化器系の障害の予防にもなるでしょう。

猫のサマーカット

カイ / ♂	/ 4歳	/ エキゾチックショートヘア	/ 4.5kg

長毛種の猫の場合は、毛を短く整える「サマーカット」にすると、猫の抜け毛を減らすことができます。夏場の暑さ対策としても有効とされていますが、猫の肌が無防備に紫外線にさらされることになりますので、屋外に出る猫は注意が必要です。

自宅でセルフカットをする方もいますが、猫の肌はとても傷つきやすいのでプロにお任せした方が安心です。猫によってはカットを嫌がる場合があるので、猫の様子を観察しながら無理には行わないようにしましょう。

掃除や洗濯

洗濯かごと猫

お手入れだけでは猫の抜け毛を完全に防ぐことはできません。お掃除の時に抜け毛取りに便利なグッズを取り入たり、お洗濯にペットの布製品専用柔軟剤を用いたりするとよいかもしれません。猫の毛のお掃除グッズはたくさん売られていますので、日常にも取り入れやすいでしょう。

お洗濯専用の柔軟剤は、洗濯物に付着した猫の毛が減り、繊維に残ってしまった毛も払いやすくなるという特徴があります。柔軟剤の種類には、ダニやアレルゲン物質をよせつけない成分が配合されたタイプや抗菌効果があるタイプなどがあるので、猫の生活環境に合ったものを選びましょう。

空気清浄機

空気清浄機

空気清浄器は、猫の毛の中でもクリーナーなどで吸い取りきれなかった、空中を浮遊する繊細な毛に効果があります。実際に猫カフェなどでも、猫の毛対策のひとつとして導入しているようです。

製品に表示されている適用床面積を参考にし、使用するお部屋の広さに対して少し大きめの空気清浄器にすることで、より一層の効果が見込めると言われています。また空気清浄機の中には、脱臭モードやペットモードを搭載したタイプもあるので、購入の際には参考にしてみてくだい。

猫の毛対策のおすすめグッズ

ファーミネーター短毛種用 (小型猫用 Sサイズ)

ファーミネーター [正規代理店品] 短毛種用 ライトパープル 小型猫用 Sサイズ
3,914円(税込)

定期的に軽くブラッシングするだけで、猫のムダ毛を取り除くことができる商品です。取り除いた毛は本体に溜まる仕組みになっており、ボタンを押すだけで簡単に捨てることができます。毛玉対策として獣医師が推奨しているため、とても人気があります。

適応猫種は、アメリカンショートヘアー、エキゾチックショートヘアー、アビシニアン、シャム、シンガプーラなどです。M~XSのサイズ展開をしており、長毛種用なども取り揃えられています。

Tobbiheim ペット用グローブブラシ

Tobbiheim ペットブラシ グローブセット マッサージブラシ 犬用 猫用 抜け毛取り
1,199円(税込)

両手に装着して使用する、手袋タイプのブラシです。シリコン製なので柔らかく、猫をマッサージしながらやさしくムダ毛を取り除くことができます。手の平の部分以外はメッシュ素材となっているので通気性もよく、蒸れにくくなっています。リストバンド部には面ファスナーを採用しているため、手首の太さにあわせた調節が可能です。

ペットブラシ 抜け毛取りクリーナー

ペットブラシ 抜け毛取りクリーナー
1,599円(税込)

お部屋の抜け毛掃除用クリーナーです。繊維に絡みついた猫の毛を軽く転がすだけで取り除くことができます。ゴミは本体に溜まる仕組みになっており、ボタンを押すだけで簡単に捨てることができとても便利です。衣類や車のシート、カーペット、 ラグマット、ソファー、ベッドなどさまざまな場所で活躍します。

Kimitech 水洗いできる粘着クリーナー

Kimitech 粘着クリーナー 粘着ローラー ほこり取り
1,599円(税込)

お部屋の抜け毛掃除用として活躍する、粘着性ロールクリーナーです。粘着力が強く、コロコロと前後に動かすだけで猫の抜け毛を取り除くことができます。汚れが付着したら水洗いすることで繰り返しの使用ができるすぐれものです。

猫の毛が抜ける理由

グローブのブラシと猫

猫の毛は、抜けては生えるを年中繰り返していますが、猫の毛が大量に抜ける「換毛期」と呼ばれる時期があります。気温が暖かくなる3月頃と寒さが厳しくなる11月頃に始まるとされ、1年に2回訪れるのが一般的です。

3月頃に生え替わる夏毛は少し固めで、暑い時期に被毛の通気性をよくするため毛の密度が低くなっています。11月頃に生えてくるアンダーコートはフワフワとした被毛になっていて、細く柔らかい毛が密集して生えることで、冬の寒さから身を守ってくれます。役目を終えた毛が抜けて、季節にあう役目を持った毛が新しく生えてくるといったサイクルになっています。

猫の毛を掃除したらこんな事にも使える

猫の毛ボールと猫

通常ならば捨ててしまう猫の毛を利用して、さまざまな手作りグッズを作って楽しんでいる飼い主さんが増えています。

中でも猫の抜け毛を利用して作る猫用の「帽子」は、本が出版されるほどの人気で、インターネットで検索すると、オリジナリティ豊かな帽子を被る猫たちの画像がたくさんヒットします。猫が自分の匂いのするグッズに愛着をもってくれることが人気の理由となっているようです。

初心者さんでも簡単に作れるグッズのひとつに「猫毛ボール」があります。羊毛フェルトボールを作る時に使う手芸道具を用いると、形を整えやすく誰でも簡単に「オリジナル猫毛ボール」を作ることができきます。興味のある方はぜひ動画を参考にしてチャレンジしてみてください。

まとめ

猫の毛のお手入れに費やす時間は、猫たちとの大切なコミュニケーションの時間でもあり、猫の病気の予防やお掃除にかかる手間の軽減にもつなげることができます。特に家の中だけで暮らす猫に気温差が少ないため、1年中抜け毛がみられるといわれているので、こまめなケアを心掛けましょう。

飼い主さんの中には、愛猫の毛が愛おしくて捨てることができないといった方もいます。今回ご紹介した手作りグッズを参考にして、猫の抜け毛を活用しみてはいかがでしょうか。それぞれのライフスタイルにあった方法で、猫の毛と上手に楽しく付き合っていきましょう。

30代 女性 ひなた

お部屋を猫ちゃんの毛だらけにしないためにはいくつかの工夫が必要ですね。
我が家では1ヶ月か2ヶ月に1回シャンプーをしています。あとは、ブラッシングを毎日して落ちる抜け毛を減らすようにしています。
洗濯もこまめにしています。ソファーカバーは簡単なものにして頻繁に洗えるようにしました。干しやすく乾きやすい薄さにするのもオススメですよ!お掃除も拭き掃除と掃除機の日に分けて無理なくこなしています。猫ちゃんたちは、ブラッシングが大好きなので助かっています。