猫の抜け毛の時期と知っておきたい2つの対策

猫の抜け毛の時期と知っておきたい2つの対策

猫と一緒に暮らすという事ば抜け毛に悩むのは自然の事ですよね。特に猫の抜け毛の多くなる時期を分かっていれば早々に対策をとる事ができます。それでは猫の抜け毛の多くなる時期がいつなのか探ってみたいと思います。

2315view

猫の抜け毛の時期

長毛種の猫のブラッシング

猫の換毛期は春と秋

人間と同じく猫も普段からよく抜け毛がありますが、通常以上にまとまった抜け毛が床に落ちていたり洋服に付着する量が増えたりと、多く抜け毛の出る時期や季節があります。そのような猫の抜け毛の時期を換毛期と言います。

換毛の時期は汗をかかない猫にとって大変重要な、体温調節を左右する「被毛の準備時期」である「被毛が生え変わる時期」になります。

猫の換毛期は年に二回、日本では春と秋に多くおこり伴って抜け毛が多くなります。猫の抜け毛の時期でおこる換毛期は、暑い地域や寒い地域、日照時間など天候や気候によっても左右されます。

自然の厳しい暑さや寒さを乗り越える室外育ちの猫たちには換毛の時期がはっきりと見られます。

春の換毛期:3月~5月ぐらい

気温の高くなる暑い時期に向けて、夏用の薄い被毛にするために猫の抜け毛が増えてきます。特に冬場活躍していた、保温性の高いアンダーコートである猫のフワフワな被毛が、夏の時期は不必要になりますので「まとまった抜け毛」が多くなります。

秋の換毛期:9月~11月ぐらい

秋は一年使った古い毛を新しい毛に生え変わらせる時期で、猫の古い毛の抜け毛が多くなります。そして同時に夏を涼しく過ごした被毛からを寒い冬の時期を迎えるための保温性の高いアンダーコートを増やしていきます。
この時期を超えると猫がモコモコ、モフモフの毛になります。

完全室内の猫の換毛期:一年中

最近は完全室内飼いの猫が増えている事と冷暖房の中で過ごしている事が原因で、猫は換毛の時期だけではなく、抜け毛が一年中起こっている傾向がみられます。

猫の換毛の時期は日照時間に大きな影響を受けますので、夜でも電灯がついているような室内ですと、猫の身体が季節を感じる事ができなくなってしまうようで抜け毛は一年中おきます。

猫の抜け毛の時期の対策

ブラシについた抜け毛
  • 猫の正しいブラッシングを多めにする
  • 部屋の掃除もこまめにする

猫は自分でグルーミングをしますが、換毛の時期など抜け毛の多くなる季節、そして短毛種ではなく長毛種の猫は、猫自身だけのグルーミングだけでは抜け毛処理が追いつかなくなりますので、飼い主のブラッシングがとても大切です。

自然な抜け毛をブラッシングで事前に取り去る事によって、換毛の時期の部屋に落ちる大量の抜け毛を少なくできます。そして猫自身のグルーミングで、身体の中に入る余分な抜け毛も減らす事ができ、毛玉吐きや毛球症の予防になります。

猫のブラッシングをする事により、固まってしまった毛玉をハサミでカットする処理も行えますし、猫の皮膚の健康状態を確認し、病気の予防、スキンシップによる意思の疎通や猫のストレスを減らす事もできます。

猫の正しいブラッシングを多めに!

お腹をブラッシング中の猫
  • 猫の気持ちになる
  • 約3分内に終わらせる
  • 被毛の流れに沿う
  • 静電気のおこりにくにブラシを使用
  • 手でほぐし → コーム → ブラシをする

猫の正しいブラッシングは、猫の毛の流れに沿う事が大切です。お腹は「外から中央」に向かってブラシを沿わせます。皮膚に直接当たり過ぎないように、赤ちゃんやお子様の髪の毛をすく要領で、ブラッシングしてあげてくださいね。

猫の抜け毛で、毛玉になっているところは無理にブラシを入れずに、まずは手で猫の抜け毛の絡まりをほぐします。そしてコームを入れ、ブラシで大きくとかします。

ブラッシングの苦手な猫は、抜け毛がフェルト状に固まってしまいますよね。固まった抜け毛を引っ張ってハサミを使用し、皮膚を一緒に切って流血騒ぎになることもありますので、固まった抜け毛は引っ張らずにハサミを使用してください。

固まった抜け毛部分の真ん中にハサミを入れると良いです。切れ味の良いハサミは使わない方が良いでしょう。

濡れた手で猫の身体をササッと撫でるだけでも換毛の時期は驚くほど手に抜け毛がつきます。ブラシに関しては、猫の好みと飼い主の使い勝手とを考慮して選択してくださいね。

ディアトリベー ペット用ブラシ ピロコーム やわらかめ

ディアトリベー ペット用ブラシ ピロコーム やわらかめ
1,775円(税込)

商品情報
・本体サイズ (幅X奥行X高さ) :8×2×10cm
・本体重量:50g
・生産国:日本、特許・意匠・商標 登録済み



部屋の掃除も多めに!

掃除機の側のアメショー

猫を抱っこした後に、洋服に抜け毛が付く、猫が歩いた後のカーペットやフローリングに抜け毛の固まりがある、部屋の中に抜け毛が飛ぶなど、猫の換毛の時期は目に見えて抜け毛の量が多くなります。

部屋の掃除を念入りにして、コロコロでの掃除を増やしてみたりと、飼い主の負担にならない程度に掃除の回数を増やすこともこの時期は大切です。

床に落ちていた抜け毛が猫の身体に戻り、再汚染してしまう事もよくありますし、放っておくと抜け毛の固まりが、ノミやダニなどの温床になってしまいます。

換け毛の時期では無い時は?

猫の抜け毛がまとまって出るだけではなく、皮膚に脱毛箇所が見られる時は、猫は換毛の時期ではなく体調不良かもしれません。猫がストレスを溜めていたり、ノミやダニ、真菌症などの心配が出てきますので、獣医師にご相談くださいね。

まとめ

飼い主のブラッシングを喜ぶ猫

猫の抜け毛の時期と知っておきたい2つの対策についてお話をさせていただきました。

我が家も長毛種なので抜け毛が多く、一度の掃除でテニスボールほどの抜け毛が吸い取れます。部屋に落ちる抜け毛だけではなくブラッシングもしていますので、毎日手のひらに載るくらいの抜け毛が出ているようです。

抜け毛だけではなく猫の健康を管理する上でも、ブラッシングをまめにして愛猫と快適な毎日を送りたいですね。

人気のキーワード