猫にスリッカーブラシを使う時の注意点2つ!使い方やおすすめ商品まで

猫にスリッカーブラシを使う時の注意点2つ!使い方やおすすめ商品まで

スリッカーブラシは猫の皮膚に当ててよいのかと迷うくらいに硬そうなイメージがあります。金属製のスリッカーブラシが大変にオーソドックスですが、ラバーブラシ製などもあるようです。ブラッシングが悩みの飼い主さんも多くいらっしゃる事と思いますので、愛猫に合いそうなスリッカーブラシを見つけましょう。

1100view

猫のスリッカーブラシとは?

スリッカーブラシ

特長

「く」の字に曲がっている金属製の鋭いピンがたくさん付いているのがスリッカーブラシです。非常に特徴的な形ですから、購入する時にもすぐに探せるスリッカーブラシです。

扱いの難しいスリッカーブラシですが、絡みやすい柔らかな猫の被毛をフワフワ、モフモフしてくれる魔法のようなブラシでもあります。

猫の被毛をブラッシングをする際に使うブラシを購入する際は、スリッカーブラシをおすすめされる事が多いと思います。

スリッカーブラシの種類

スリッカーブラシには、くの字の素材の硬めの「ハードタイプ」柔らかめの「ソフトタイプ」と種類があります。猫の皮膚は大変に柔らかいのでソフトタイプを使う事が大切です。ハードタイプより遊びもありますので、猫の皮膚や被毛に優しく出来ているスリッカーブラシです。

猫にスリッカーブラシを使う時の注意点

ブラシをされる猫

1.扱いの難しい猫のスリッカーブラシ

スリッカーブラシも持ち方や動かし方で、効果があがらず猫の皮膚や被毛を傷つけてしまう場合があります。くれぐれもスリッカーブラシの扱いには注意をしてください。

2.毎日はスリッカーブラシは使わない

アンダーコートを取り過ぎてしまいかねないので、スリッカーブラシは猫に毎日使うブラシではありません。

毎日の猫のブラッシングに使用するブラシと、猫のもつれた毛をほぐしたり、毛玉を取るためのオプション的なブラシとしてスリッカーブラシは考えてください。

猫のスリッカーブラシの使い方

猫にスリッカーブラシを使う様子

猫のスリッカーブラシの持ち方

親指、人差し指、中指の3本でスリッカーブラシを優しく持ちます。

ペンを持つように思ってください。決してスリッカーブラシを握って猫の肌に強く使用してはいけません。

猫のスリッカーブラシの動かし方

猫の被毛流れに沿ってスリッカーブラシを動かします。逆毛の向きに使用すると猫が痛い思いをします。

猫の皮膚に当たらないように、スリッカーブラシをゆっくりと柔らかく動かします。

猫のスリッカーブラシおすすめ商品

獣毛ブラシおすすめを使えば猫も喜んでくれること間違いが無いでしょう。

長毛種は毛が抜けて、短毛種は抜けないと思ってはいけません。短毛種も同じように被毛が抜けます。スリッカーブラシとは種類が違う、ファーミネーターなど実力のあるブラシもありますが、抜け過ぎに注意が必要なブラシです。

ペティオ (Petio) プレシャンテ ソフトスリッカーブラシ

プレシャンテ ソフトスリッカーブラシ Mサイズ
555円(税込)

商品情報
長毛種の抜け毛・もつれ取りに

ペティオ社のスリッカーブラシは定番です。短毛種と長毛種用とありますが、ソフトタイプを選んでくださいね。

Petacc ペット用スリッカーブラシ

Petacc ペット用 スリッカーブラシ ピンク
1,299円(税込)

商品情報
商品の説明:
ブラシについた毛がワンプッシュんで除去できます

猫の肌に当たる部分に、柔らかなカバーがされたピンブラシのスリッカーブラシです。

Welltop スリッカーブラシ 360°回転可能 中型 小型 長毛・短毛兼用

Welltop スリッカーブラシ
1,299円(税込)

商品情報
取り除いた毛をワンタッチでらくらく除去

マッサージのできるスリッカーブラシです。
スリッカーブラシに特徴的なくの字ではありません。

Moonfi 猫用スリッカーブラシ ノミ取り 猫用

Moonfi ペット用ブラシ
4,000円(税込)

商品情報
【使用簡単】:ブラシ背面のPUSHボタンを押すと、付着した毛髪を一瞬で取り剥がせる

スリッカーブラシ特有の金具ではなくラバーブラシです。ワンプッシュでブラシに絡み付いた猫の毛を取り出す事ができます。

まとめ

スリッカーブラシを使用中の猫

猫にスリッカーブラシを使う時の注意点2つ!

使い方やおすすめ商品までについてお伝え致しました。

猫の毛をブラッシングする時に飼い主としては、たくさん抜けると嬉しくなりますよね。しかしスリッカーブラシも使い方を間違えてしまうと、猫の被毛が抜け過ぎて健康被害を引き起こしてしまいます。

猫が通常のブラッシングを嫌がらないで、スリッカーブラシをたまに使うくらいになれたら良いですね。

 

人気のキーワード