愛猫の抜け毛で毛玉ボールを使ってみませんか?

愛猫の抜け毛で毛玉ボールを使ってみませんか?

猫を飼っていると気になるのが抜け毛。換毛期にはさらに抜け毛の量が増えます。そこで必要なのが『ブラッシング』ですね。特に長毛種の猫なら、毎日1~2回ブラッシングしてあげたほうがよいと言われています。ブラッシングして抜けた毛、どうしていますか?ただ捨てるのはなんだかもったいない…そう思い、毛玉ボールを作ってみました。

1015view

猫の毛玉ボールの材料

材料は、ずばり『愛猫の抜け毛』です。

集めた抜け毛

ブラッシングの際に取れた抜け毛をまとめてとっておきましょう。長毛種の猫ちゃんなら、案外すぐに毛玉ボールが作れるくらいの抜け毛が集まりますよ!

毛玉ボールを作る時のポイント

抜け毛を毛玉にする工程で石鹸水を使う作り方もありますが、今回はぬるま湯で丸めることにしました。これなら猫が遊んでいるうちに舐めたり噛んだりしても安心です。石鹸水を使って丸める際は、仕上げにしっかり洗ってあげることをお忘れなく。

猫の毛玉ボールの作り方

1.毛玉ボールのタネを作る

小さく丸めた毛玉

最初から大きなボールを作ろうとしても、うまくいきません。まずは『タネ』を作るような感じで、小さく丸めた毛玉を作りましょう。キレイな丸にならなくても大丈夫、大きくしていくうちに、整ってきます。

2.徐々に大きくしていく

小さな毛玉の『タネ』が出来上がったら、それをくるむようにして毛を足していきます。

毛玉を抜け毛でくるむ様子

抜け毛が固まっていると上手に付かないので、ほぐして薄く柔らかくしてから付けていきましょう。

丸める作業は、手や毛玉をぬるま湯で濡らしながら行うとやり易くなります。しっかり濡れていたほうが、うまく丸まってくれますよ。

丸くなったら、また毛をくるむようにして付け足して濡らしながら丸める…この工程を繰り返し行い、好みの大きさまで毛玉ボールを成長させていきましょう!

3.水分をとり乾燥させる

最後にぎゅっと握って水分を絞ります。このままだとまだ湿っているので、よく乾燥させたら毛玉ボールの出来上がりです。

自分専用おもちゃに大満足!

作った毛玉ボール、気に入ってくれるかな…と心配していましたが、撮影中からすでに遊ぶ気満々です。

毛玉と猫

転がしてあげると走りながら追いかけ、そのあとも自分で転がしたり咥えて投げたりと、夢中になって遊んでくれました!

遊び疲れて休憩中も、毛玉ボールは手放しません!

横たわる猫と毛玉ボール

まとめ

ただ捨てるだけだった抜け毛ですが、ひと手間かけておもちゃにしたら、思った以上に遊んでくれました。自分の匂いがするおもちゃは、仲間の猫とじゃれて遊んでいるような気分になるのでしょうか。

汚れたり壊れたりしても、またすぐに作ってあげられる気軽さが、とても良いと思いました!
出来上がった毛玉ボールは、愛猫の分身のようでなんとも可愛らしいですよ。

スポンサーリンク

人気のキーワード