猫の毛が固まる原因とその予防や対処法

猫の毛が固まる原因とその予防や対処法

猫の毛が固まると本人も気になってグルーミングが過剰になったり可哀相ですよね。では、猫の毛が固まる原因はどのようなことが考えられるのでしょうか。今回は「猫の毛が固まる原因とその予防や対処法」についてご紹介させていただきます。

3331view

猫の毛が固まる原因

錠剤の薬を飲む猫

猫の毛が固まってしまうことありませんか?

猫の毛が固まってしまうと、「病気ではないだろうか」「フケが目立つようになったな」と心配になってしまうこともあると思います。そこでここでは、猫の毛が固まる原因として考えられることや、病気についてご紹介させていただきます。

猫が高齢になってきたから

猫の毛が固まる原因として、「高齢になってきたから」ということが考えられます。猫は、歳をとってくると様々なところに変化が現れます。

その中でも多いのが健康トラブルで、今回のように毛が固まってしまうことも、その症状の1つです。猫は、高齢になってくると運動量や食事量も減少してきます。

そうすると体内のタンパク質などが不足してしまい、体の水分量も少なくなるので、毛がパサパサとなり固まるという現象が起こってしまうのです。

腎臓病

猫の毛が固まる際の考えられる病気は「腎臓病」です。「内臓疾患」なども同じように、毛が固まってしまうという症状がありますが、猫の死因の1位でもある腎臓病が、特に毛が固まるようになります。

私の愛猫も腎臓病ですが、毛のツヤがなくなりパサパサとし始めたら固まってしまうことが多いです。そのようになると毛が固まるだけでなく、フケが目立ってしまうので、定期的にケアをしなければいけません。

食事が変化したから

猫の体内の栄養は、ふだんの食事から成り立っています。食事は毛並みにも影響があり、偏ったバランスで食事をしていると毛が固まってしまう原因になります。

毛が固まる前に、食事の改善が必要になってきます。

皮脂によって汚れているから

猫は体質にもよりますが、毛穴から皮脂が多く分泌されてしまうと汚れによって毛が固まってしまうことがあります。

皮脂によって毛が固まると、毛割れを起こしフケなども目立ってしまいます。日頃からのケアが毛が固まる防止策として大切と言えるでしょう。

グルーミングが減ったから

猫はストレスによってグルーミングをしなくなったり、高齢になり筋肉量が減ってグルーミングができない範囲が増えてきたりすると汚れが原因で毛が固まってしまうことがあります。 

服を着せているから

飼い猫は、人によっては服を着せている方もいらっしゃると思います。しかし服の中で蒸れてしまったり、毛が擦れてしまったりすることによって、毛が固まってしまうことがあります。

毛が固まると、その固まりが接着剤となりさらに悪化をしてしまうので注意が必要です。

長毛だから

猫も種類によっては長い被毛の猫がいます。

  • ペルシャ
  • メインクーン
  • ラグドール

などの長毛種は短い毛の猫よりも絡まりやすく、毛が固まってしまうことがよくあります。

猫は、これらのようなことが原因によって毛が固まってしまうのです。汚れが接着剤となってさらに悪化をしてしまい、皮膚炎などの病気になってしまうこともあるので日頃からの予防を心がける必要があります。

そこでつづいては、猫の毛が固まることの予防についてご紹介させていただきます。

猫の毛が固まる予防

猫の大量の毛玉

猫の毛が固まることの予防はどのようにすれば良いのでしょうか。猫の毛が固まることは皮膚炎などの原因にもなってしまうので日頃から予防をしなければいけません。そこでここでは、猫の毛が固まることの予防方法についてご紹介させていただきます。

栄養バランスを考えた食事にする

猫の食事は毛並みにも大きな影響があるので、偏った食事はよくありません。ですので、高品質なタンパク質やミネラルなどを含んだ食事を心がけましょう。糖尿病になってしまうような炭水化物や油分の取りすぎは控えてくださいね。

蒸しタオルで汚れを取る

お風呂でシャンプーをするのも1つの手段なのですが、猫は水嫌いなのでシャンプーは大変ですよね。そのようなときにおすすめなのが「蒸しタオル」です。蒸しタオルで皮脂などの汚れを優しく取り除いあげるとパサパサとした毛の固まりが減り、ツヤがでてきます。

ブラッシング

猫の抜け毛は多いので、それが接着剤になってしまいあちこちの毛が固まってしまうこともあります。そのような毛を取り除くためにもブラッシングは日常的に行うようにしましょう。痛がらないように優しくかけてあげてくださいね。

猫の毛が固まる対処法

子猫と毛糸

猫の毛が固まることの対処法はどのようにすれば良いのでしょうか。猫の毛が固まってしまうと「どうしよう」「手に終えない」「ハサミで切るべきか?」などと対処法に悩んでしまいますよね。

そこでここでは、猫の毛が固まることの対処法についてご紹介させていただきます。

プロの人に対処してもらう

猫の毛が固まることの対処法としては自分でやらずに「動物病院」や「サロン」で対処してもらうことです。自分でなんとかしようとハサミを使って固まった毛を切ると皮膚を切って怪我をさせてしまったり、皮膚炎を悪化させてしまったりすることがあります。

そのようなことにならないようにするためには、プロの人に対処をしてもらいましょう。動物病院やサロンにお願いをすると綺麗にシャンプーをしてくれたり、上手に固まった毛を取り除いてくれたりします。

まとめ

ブラッシングされている猫

猫の毛が固まってしまうのは様々な原因が考えられます。

そのなかでは「腎臓病」の病気が原因で毛がパサパサとなってしまうことによって毛が固まってしまうこともあります。

毛が固まったりするようであれば日頃からブラッシングや蒸しタオルをして汚れや皮脂を取り除いてあげてくださいね。

人気のキーワード