猫の毛が固まる原因とその予防や対処法

猫の毛が固まる原因とその予防や対処法

猫の毛が固まると本人も気になってグルーミングが過剰になったり可哀相ですよね。では、猫の毛が固まる原因はどのようなことが考えられるのでしょうか。今回は「猫の毛が固まる原因とその予防や対処法」についてご紹介させていただきます。

22216view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

猫の毛が固まる原因

錠剤の薬を飲む猫

猫の毛が固まってしまうことありませんか?

猫の毛が固まってしまうと、「病気ではないだろうか」「フケが目立つようになったな」と心配になってしまうこともあると思います。そこでここでは、猫の毛が固まる原因として考えられることや、病気についてご紹介させていただきます。

猫が高齢になってきたから

猫の毛が固まる原因として、「高齢になってきたから」ということが考えられます。猫は、歳をとってくると様々なところに変化が現れます。

毛もパサついてきてしまったり、つやがなくなってしまう場合があります。また、グルーミングが減り、毛が固まってしまうなどのトラブルがでてきてしまいます。

体調が悪いから

例えば、猫ちゃんで多い腎臓病。毛がパサついてきたり、グルーミングが減ることで毛玉や毛が固まるなどが見られることがあります。

私の愛猫も腎臓病ですが、毛のツヤがなくなりパサパサとし始めたら固まってしまうことが多いです。そのようになると毛が固まるだけでなく、フケが目立ってしまうので、定期的にケアをしなければいけません。

食事が変化したから

猫の体内の栄養は、ふだんの食事から成り立っています。食事は毛並みにも影響があり、偏ったバランスで食事をしていると毛艶に影響したり、毛が固まってしまう原因になります。

毛が固まる前に、食事の改善が必要になってきます。

皮脂によって汚れているから

猫は体質にもよりますが、皮脂が多く分泌されてしまうと汚れによって毛が固まってしまうことがあります。

皮脂によって毛が固まると、毛割れを起こしフケなども目立ってしまいます。日頃からのケアが毛が固まる防止策として大切と言えるでしょう。

服を着せているから

人によっては愛猫さんに服を着せている方もいらっしゃると思います。しかし服の中で蒸れてしまったり、毛が擦れてしまったりすることによって、毛が固まって毛玉などを作ってしまうことがあります。

長毛だから

猫も種類によっては長い被毛の猫がいます。

  • ペルシャ
  • メインクーン
  • ラグドール

などの長毛種は短い毛の猫よりも絡まりやすく、毛が固まってしまうことがよくあります。

猫は、これらのようなことが原因によって毛が固まってしまうのです。汚れが接着剤となってさらに悪化をしてしまい、皮膚炎などの病気になってしまうこともあるので日頃からの予防を心がける必要があります。

そこでつづいては、猫の毛が固まることの予防についてご紹介させていただきます。

猫の毛が固まることの予防

猫の大量の毛玉

では猫の毛が固まって毛玉を作らないよう予防するにはどのようにすれば良いのでしょうか。猫の毛が固まることは皮膚炎などの原因にもなってしまうので日頃から予防をしなければいけません。そこでここでは、猫の毛が固まることの予防方法についてご紹介させていただきます。

栄養バランスを考えた食事にする

猫の食事は毛並みにも大きな影響があるので、偏った食事はよくありません。ですので、高品質なタンパク質やミネラルなどを含んだ食事を心がけましょう。

蒸しタオルで汚れを取る

お風呂でシャンプーをするのも1つの手段なのですが、多くの猫は水嫌いなのでシャンプーは大変ですよね。そのようなときにおすすめなのが「蒸しタオル」です。蒸しタオルで皮脂などの汚れを優しく取り除いあげるとパサパサとした毛の固まりが減り、ツヤがでてきます。

ブラッシング

猫の抜け毛やからまりが原因で毛が固まって毛玉などの原因になります。そのような毛を取り除くためにもブラッシングは日常的に行うようにしましょう。痛がらないように優しくかけてあげてくださいね。

猫の毛が固まってしまった時の対処法

子猫と毛糸

猫の毛が固まることの対処法はどのようにすれば良いのでしょうか。猫の毛が固まってしまうと「どうしよう」「手に終えない」「ハサミで切るべきか?」などと対処法に悩んでしまいますよね。

そこでここでは、猫の毛が固まることの対処法についてご紹介させていただきます。

プロの人に対処してもらう

猫の毛が固まることの対処法としては自分でやらずに「動物病院」や「サロン」で対処してもらうことです。自分でなんとかしようとハサミを使って固まった毛を切ると皮膚を切って怪我をさせてしまったり、皮膚炎を悪化させてしまったりすることがあります。

そのようなことにならないようにするためには、プロの人に対処をしてもらいましょう。動物病院やサロンにお願いをすると綺麗にシャンプーをしてくれたり、上手に固まった毛を取り除いてくれたりします。

まとめ

ブラッシングされている猫

猫の毛が固まってしまうのは様々な原因が考えられます。そのなかには病気などの体調不良が隠れている場合もあります。

毛が固まったりするようであれば日頃からブラッシングや蒸しタオルをして汚れや皮脂を取り除いてあげてくださいね。

スポンサーリンク