スコティッシュフォールドの大きさはどれぐらい?成猫と子猫でそれぞれ紹介

スコティッシュフォールドの大きさはどれぐらい?成猫と子猫でそれぞれ紹介

丸っこいフォルムに折れ耳がかわいいスコティッシュフォールド。スコティッシュフォールドは、小さめの猫というイメージがありますが、実際スコティッシュフォールドの大きさはどれくらいなのでしょうか? スコティッシュフォールドの子猫と成猫、それぞれの大きさをまとめました。

518view

スコティッシュフォールドの成猫の大きさは?

座ってこちらを見上げるグレーのスコティッシュフォールド

体高

スコティッシュフォールドの成猫の体高は25~27センチほど。オス、メスともに同じくらいの大きさです。

スコティッシュフォールドは、丸顔で、体全体も丸っこいフォルムだからか、小さめの猫と思われることが多いですが、大きさは一般的な他の猫と比べて差がありません。

スコティッシュフォールドの特徴として、オス、メスともに筋肉質でがっしりしています。抱き上げると、どっしりしているのを感じられます。

体長

スコティッシュフォールドの成猫の体長は、オス、メスともに60センチ程度です。大きさは、オスでもメスでもそれほど変わりません。スコティッシュフォールドは、手足や首が短く、ずんぐりとしているのも、かわいらしさの秘密のようです。

体重

スコティッシュフォールドの体重は、オス3~6キロ、メス2.5~5キロほど。体高や体長など、スコティッシュフォールドの成猫の大きさは、性別により差はありませんが、体重は若干オスの方が重くなります。

オスの方がメスよりも頬のあたりも丸みがあり、体全体で見ても肉付きがよいです。あくまでの平均的な体重で、個体差がありますが、猫は1歳の時点での体重がその猫の理想体重といわれます。

スコティッシュフォールドは、運動量が少ないので太りやすい猫といわれています。時々体重をチェックし、大幅な増減がある場合は、獣医さんに相談しましょう。

スコティッシュフォールドの子猫の大きさは?

籠ベッドの中の4匹の子猫たち

体高

スコティッシュフォールドの子猫の体高は、他の一般的な子猫よりやや小さめ。子猫のスコティッシュフォールドは、まだ筋肉質ではなく、小さくて華奢な印象を受けます。

ただ、スコティッシュフォールドは、成長すると筋肉質でがっしりした体格になるので、子猫の頃から足が太い子が多いです。スコティッシュフォールドは、生後8ヶ月頃までが成長期です。他の猫と比べて、成長が早い傾向にあります。

体長

スコティッシュフォールドの子猫の体長は、生後1ヶ月で20センチほど。生後3ヶ月で30センチほどです。成猫になると、3ヶ月の子猫のちょうど2倍の大きさになります。3ヶ月を過ぎた頃から、スコティッシュフォールドの子猫は丸みを帯びた体つきになってきます。

体重

生まれたばかりのスコティッシュフォールドの体重は100グラムほど。生後1ヶ月で500グラム、3ヶ月で1~1.2キロ程度になります。6ヶ月では2.5~4.5キロです。

スコティッシュフォールドの子猫のオスとメスでは、メスの方がやや体重が重いです。それが、6ヶ月を過ぎた頃から逆転し、成猫になるとメスの方が若干軽めになります。

折れ耳が特徴のスコティッシュフォールドですが、生まれて間もない子猫はまだ耳が折れていません。子猫が折れ耳になるのは、生後2~3週間くらいからです。

また、全てのスコティッシュフォールドが折れ耳になるわけではありません。折れ耳になるのは3割程度で、実は立ち耳のスコティッシュフォールドの方が多いのです。一度折れた耳がまた立ってしまうなんてことも。立ち耳か折れ耳かで、スコティッシュフォールドの大きさや体重に差はありません。

スコティッシュフォールドの性格

女性に抱かれるグレーのスコティッシュフォールド

穏やか

スコティッシュフォールドは、とても穏やかな性格をしています。けんかもあまりしないので、他のペットがいたり、先住猫がいても飼いやすいです。子供がいる家庭でもおすすめできる猫です。頭も良いので、しつけも楽ですよ。

甘え上手 

スコティッシュフォールドは飼い主さんが大好き。飼い主さんのそばにいたり、一緒に遊ぶことを好みます。人見知りをしないので、猫を飼うのが初めてという方にもおすすめの猫種です。

スコティッシュフォールドの性格の特徴は、犬のような猫といわれるほど、人懐こいです。その分、寂しがりやです。長時間のお留守番は、あまりさせない方がいいでしょう。

おとなしい

スコティッシュフォールドは、おとなしい性格で鳴くこともあまりありません。そのため、近所迷惑になりにくく、集合住宅でも飼いやすいです。

ただし、あまり活発ではないので、運動不足になりやすい傾向にあります。食事管理をしっかり行い、キャットタワーを置くなどして、肥満にならないよう気をつけましょう。

まとめ

伏せてこちらを見ているスコティッシュフォールド

丸っこいフォルムに、折れ耳がかわいいスコティッシュフォールド。スコティッシュフォールドは、小柄に見えますが、大きさは他の一般的な猫と変わりません。

筋肉質なので、抱えるとがっしりしている印象を受けます。スコティッシュフォールドは、おとなしい性格で人懐こいので、飼いやすい猫です。そんなところも人気の理由なのでしょう。飼いたい猫ランキングででも常に上位です。

ここでご紹介したスコティッシュフォールドの大きさは、あくまでも平均的なもので、もちろん個体差はあります。ただ、運動不足になりがちなスコティッシュフォールドは体重管理が大事。肥満には注意してあげたいですね。

スポンサーリンク