マンチカンの体重について 肥満に気をつけよう

マンチカンの体重について 肥満に気をつけよう

マンチカンはとっても愛らしい猫ですが、見た目とはうらはらに体重に注意が必要な猫種なんです。身近にマンチカンを数匹飼育している人が居るので、性格、特徴~月齢ごとの体重や、新たに迎え入れるときの注意点など、飼い主として気になるポイント、体重に関する事を中心に聞いてみました。

6857view

マンチカンの体重についてお話する前に

見上げるマンチカン

マンチカンの体重についてお話する前に、少しその特徴についてお話しましょう。

マンチカンは猫界のダックスフントと言われているくらい、その短い足が最大の特徴とされています。性格は好奇心が旺盛でとても社交的。なので他のペットとの生活がうまく送れる子が多いようです。その短い足でヨチヨチ歩くだけでなく、実はとっても運動能力が高く、ジャンプ力もすごくてとてもすばしっこいんです。

マンチカンの月齢別平均体重

白っぽいマンチカン

以下にマンチカンの月例別平均体重についてまとめてみました。

  • 生後2か月:1kg
  • 生後3か月:1~1.3kg
  • 生後4か月:1.3~1.5kg
  • 生後5か月:1.5~1.7kg
  • 生後6か月:1.7~2kg
  • 生後7か月:2~2.3kg
  • 生後8か月:2.3~2.6kg
  • 生後9か月:2.6~2.9kg
  • 生後10か月:2.9~3.1kg
  • 生後11か月:3.1~3.2kg
  • 生後12か月:3.2~3.4kg

ちなみに、マンチカンの成猫時の平均体重は2.3~3.6kgと言われています。猫は1才で成猫と呼ばれるようになるのですが、その1才の時の体重がベスト体重だと言われていますので、1才をすぎたら体重をキープするように心がけましょう。

マンチカンの体重増加を防ぐには

白いマンチカン

猫にとって必要なのは上下運動だと言われています。ですから、キャットタワーやキャットウォークを用意し、上下運動がしやすい環境づくりをして体重が増えすぎないようにすることが大切です。

また、マンチカンは太りやすい猫種ですので、フードのあげすぎにも注意が必要です。体重ごとに1日に必要なカロリーが決まっていますので、きちんと計算して正しく与えましょう。

マンチカンの体重と寿命の関係について

マンチカン

一般的な猫の寿命は平均15年。それに比べてマンチカンは、11~13年と言われているので少し短めになっています。

マンチカンの体重が増加し、肥満になってしまうと椎間板ヘルニアをはじめとした様々な病気、症状を発症してしまいます。それにより健康が損なわれ寿命が短くなってしまうのは間違いないでしょう。体重管理をしっかりして、肥満には十分注意しましょう。

また、これからマンチカンを迎える場合は、どんなところに注意して探すと、健康的なマンチカンに出会える確率が上がるのでしょうか?それはズバリ「顔、肛門に汚れが無いか」です。

涙目だと風邪気味の場合があったり、耳が汚れていると耳ダニが居る可能性もあります。肛門が汚れている場合には寄生虫がいる可能性も少なく無いので、二匹目として迎え入れる場合は特に注意が必要ですね。

まとめ

散歩するマンチカン

とても愛らしいマンチカンは体重も多くなく、体が小さくて足も短いですが、とってもパワフルな猫種なんです。人にも他の動物にもなつきやすい為、小さなお子さんがいらっしゃる家庭でも飼育しやすい猫種だと言えます。しかし体重の増えやすいので肥満には注意しなくてはいけません。

大切なペットですから、いつまでも健康でいてほしいですよね。マンチカンにとって必要な環境づくりを心がけ、月齢ごとの体重を参考にして、毎日のフードの量を調節してみてくださいね。

女性 Keiko

マンチカンは最近よく見かけます。あの短い足で一生懸命歩いている姿は、誰がみても可愛らしく、性格もいいですし人懐っこいので、さらに愛らしいなと思うねこちゃんです。やっぱり、あの丸いフォルムも「赤ちゃん」などのように誰がみてもキュンとする姿のせいか、ついついご飯やおやつをあげてしまうのかな〜と思ってしまいました。私は一緒に暮らしたことはないですが、あの姿でおねだりされたらやっぱりついついあげてしまいそうです。でも、足が短いマンチカンは特にだと思いますが、肥満は関節に負担をかけてしまいますし、「ねこちゃんのダックス」といわれているくらいですから、腰にも影響がでてしまう危険性もありますね。長く一緒に時間を過ごすためには、そのねこちゃんの特徴をしっかりとらえた生活をすることが大切だと改めて思いました。

30代 女性 tonakai

マンチカンのイメージは、手足が短いことがかわいらしいというのもあるのですが、「足が短いことで運動が苦手そう」「体が大きい」「動かない」でした。ですが、その反対の性格ということで驚きました。今まで接したことがあるマンチカンは、猫カフェにいる子だけなんですが、そのマンチカンが体が大きく動かなかったのでそのようなイメージでした。平均体重が2.3kg~3.6kgということですが、猫カフェにいたマンチカンは4kg以上あるように見えました。実際は5kg以上あるそうで、食事や運動でダイエットをしていました。見た目だけでは体重は分からないことと、太りやすい猫種ということから、食事のカロリーなどで体重管理が大切なんだと感じました。

20代 女性 asm

マンチカンの流行りはまだまだ続きそうですね!どこのペットショップにもいるイメージがあります。
以前働いていた病院で、保護猫のマンチカンを買われている方がいました。その子は顔も大きくて伏せている状態だと普通の猫ちゃんサイズだと思ったのですが、想像以上に足が短くて可愛かったです!体重が4キロくらいだったと思います。
とても怖がりさんで、先住猫と上手くやっていけるかなー。といった感じの子でした。
他の患者さんのマンチカンはまだ子猫だったこともあり、とってもやんちゃな子もいました!
マンチカンの魅力の短足は子猫の時がとても可愛いと思います!ヨチヨチ歩きがたまりません!
大人になるとバランスが悪そうに見えますが、それでも身のこなしは軽くさすが猫!という風に感じました。短足好きにはたまらない子ですね。

40代 女性 なかむら25

私は、シャムを母と共に飼っています。

シャム猫と違って、マンチカンはその外見もこんまりしていて可愛いですよね。
子猫のマンチカンが猫じゃらしにじゃれついて、飛び跳ねる姿をテレビなどで見かけると、毬のようだね~と、毎回母と話しています。

猫にとって、足が短い事が得か損かはわかりませんが、個人的には可愛らしくて、「得」な気がします。けれど、確かに腰への負担は気になりますね。
マンチカンに限らず、丸っこい方が可愛い!と感じている私なので、我が家のシャムも、体重が気になるところ。
美味しい食べ物であふれている時代なので、人も猫も体重をキープする事に、苦労しそうです。

たれ耳に、耳ダニ注意もまた大変!
マンチカンに限らずあり得る事なので、体重維持だけでなく、いくらでも居るダニに脅威を覚えてしまいました。
耳掃除の習慣をつけないとダメですね。

20代 女性 UMI

マンチカンは勝手にヨチヨチ歩きの赤ちゃんのようなイメージを持っていたので、案外パワフルで運動が得意ということに驚きました。特にジャンプが得意とは驚きです。と、言っても足が短いので高く飛ぶことは得意ではないですが、なんと木登りが上手とのことです。短い手足を使いスルスルと登っていくそうですよ。キャットタワーもジャンプして、手足を使い高いところまで登れるそうなのでキャットタワーを購入する際は立派なものを買ってあげたくなりますね。適度な運動は猫ちゃんにとっても、ストレス解消になりますし体重管理をするにも必要なものですしね。猫ちゃんは可愛い可愛いとかわいがるだけじゃなく、しっかりと普段の健康管理もみてあげるべきですね。我が家では家猫ちゃん専用のローカロリーのドライフードをあげています。確かペルシャ猫ちゃん専用のキャットフードもあったと思うのでそういったものを有効活用するといいですね。
人気のキーワード