黒色のマンチカンの特徴と種類

黒色のマンチカンの特徴と種類

マンチカンにも、黒猫が存在するのをご存知でしょうか?マンチカンは被毛のカラーバリエーションが豊富で、白、黒、ミケ、シルバー、レッドタビー、ブラウンタッチドタビー、キャリコ…と、様々なカラーが公式に認められています。今回は、その中でも黒色のマンチカンをピックアップしたいと思います。

2884view

黒のマンチカンの特徴

黒猫

マンチカンは、穏やかで人懐っこくとても好奇心旺盛な性格が特徴です。とてもお利口なので、留守番も比較的上手にできると言われていますが、甘えんぼうな一面もありますので、猫だけのお留守番は最低でも1日、さらに帰宅したら思う存分甘えさせてあげてください。

また、猫は被毛の色も性格に影響するとされており、なかでも黒猫は、甘えんぼうで人懐っこく、非常に大人しい子が多いと言われています。飼い主の膝の上に乗るのが大好きな子も多く、その人懐っこさから「黒猫専門の猫カフェ」が登場している程です。しかし、黒猫は警戒心の強さも人一倍強く、神経質な一面もあります。というのも、自然界において黒色というのはやはり目立つ為、上手く隠れられないとすぐに外敵に襲われてしまいます。そのような理由から、より警戒心が強くなったと言われています。

上記のような黒猫の特徴を引き継いだマンチカンは、マンチカンのなかでもより一層甘えんぼうで、人懐っこく好奇心旺盛な子が多いと言えます。また、マンチカンは足が短いわりに運動能力も高く、ジャンプも得意と言われています。飼い主と猫じゃらしで飛んだり跳ねたりして遊ぶのが大好きな猫が多いのも特徴ですね。ただ、前述したように少し神経質な一面もあり、突然の来客、チャイムの音、電話の音など、突発的に何かが起きるのが苦手な子が多いので注意してあげて下さい。

黒のマンチカンが持つ柄の種類

マンチカン子猫

短い足で歩く姿が可愛いマンチカンと言えば、タビー(シマ柄)を想像する人がほとんどだと思います。しかし、マンチカンは多種多様な色や柄が認められている珍しい猫種なのです。そのため、黒色のマンチカンも実際に存在し、柄の種類も豊富です。

  • ブラック
  • ブラックスモーク
  • ブラックホワイト
  • トーティーブラック
  • ブラックスモーク&ホワイト

少し調べただけでも、黒色のマンチカンにはこれだけの柄があります。さらに黒色だけでなく、各色に様々な柄があるので、一口にマンチカンといっても柄や色は相当な数が存在します。これだけの色があるマンチカンですから、あまり黒色のマンチカンが思い浮かばないのも頷けますね。

カラーバリエーションが豊富なのはなぜ?

短足マンチカン

マンチカンの豊富なカラーバリエーションに驚かれた方も多いでしょうが、そもそもどうしてこんなにカラーバリエーションが豊富なのでしょうか?

それは、かつて様々な猫種と交配したことによる影響と、猫種として登録されるとき、決まった色や柄が指定されることがなかったからです。その為、よくテレビなどで出てくる一番馴染みの深いタビー(シマ柄)から、黒、白、ブラウン系、レッド系など様々な色や柄から、短毛種、長毛種まで多種多様なマンチカンが誕生したのです。

黒のマンチカンを購入する方法

探すイメージ

豊富なカラーバリエーションが存在するマンチカンですが、その中でも黒いマンチカンが欲しいとなれば、それなりに時間をかけて探す必要があります。さらに、マンチカンの特徴である短い足も、実はマンチカンなら必ずしも持つ特徴ではなく、マンチカンの30%程にしか短い足の猫は産まれないと言われています。足の長さも極端に短い猫から、気持ち程度に短い猫まで様々です。

実際に足の長い、あるいは足が短いという特徴が分かりにくいマンチカンは、売り物にならないと捨ててしまうような悪徳ブリーダーも存在し、問題となっています。そんな悪徳ブリーダーから猫を購入しないためにも、自分の好みの猫と出会うためにも、ブリーダー選びは慎重に行うことをおすすめします。

個人的には足が長くても短くても、マンチカンは愛嬌がありとても可愛く、初めて猫を飼う人でも飼育しやすいため、とてもおすすめです。特に黒いマンチカンは、性格も穏やかな子がほとんどなので、是非信頼できるブリーダーを見つけ、自分のお気に入りの黒いマンチカンと運命的な出会いを果たしてほしいです。

ちなみに、販売価格は5万~35万と幅が広く、足が長ければ安く、足が短ければ短いほど高い価格で販売されています。

黒猫のマンチカンが「不吉」と言われる由縁

魔女のイメージの黒猫

最近では、黒猫人気が高まってきているのですがやはり「黒猫は不吉」という印象をお持ちの方もいらっしゃいます。では、黒色のマンチカンの場合も同じように「不吉」なのでしょうか?

黒猫が不吉と言われるようになった理由

黒猫が不吉といわれるようになったのは、中世ヨーロッパの魔女に由来します。黒猫の姿が、闇に溶け込む魔女のイメージとピッタリだったため、黒猫を魔女のパートナーとして扱う不吉な話や、縁起の悪い話が多く言い伝えられたそうです。

実際に、スタジオジブリ作品の「魔女の宅急便」では、魔女のパートナーとして黒猫が登場しますね。あのアニメを見て黒猫が好きになった人も多いのではないでしょうか。当時のヨーロッパでは、魔女裁判が頻繁に行われ、多くの女性が処刑されました。それと同時に、魔女のパートナーとしてイメージが定着していた黒猫も残虐な殺され方をしたと言われています。

しかし、黒猫は幸運の象徴という言い伝えもあります。現に日本では昔から黒猫は縁起のいい猫とされ、商売繁盛、結核が治る、魔除けや厄よけなどの言い伝えにより、「福猫」として大切に扱われてきました。不吉だという言い伝えもあれば、幸運のシンボルとして大切に扱われることもある黒猫は、それほどミステリアスでどちらの意味でも目を引く猫だったということですね。

まとめ

マンチカン

今回は黒色のマンチカンについてご紹介しました。一口に黒色のマンチカンといっても、豊富な柄が魅力的でどの子がいいか迷いますよね。幸運をもたらすと言われる黒色のマンチカンを是非ご家族に迎えてみてはいかがでしょう?

40代 女性 かえで

 黒のマンチカンはおばさんが飼っています。
捨て猫を拾ったのが出会いだそうです。
マンチカンは珍しかったので、獣医さんに飼い方などを教わったのだそうです。
人懐っこくて、すぐになついてくれたそうで、すでにいてる先住猫にも愛想がよかったそうです。
遊びは紐であそぶのが大好きなので夢中になります。あとわんちゃんのようにボールが好きで、転がすとどこまでも、追いかけていきます。
食事は、カリカリフードにキャベツと鶏の笹身を湯がいたのをのせて食べさせています。おばさんは猫を育てるのが上手なのでいつも勉強になります!
獣医さんによく色々と教えてもらっているのだそうです。
ブラッシングを毎日の日課にしていてマッサージすることでストレス解消をさせているようです。
神経質なところもありますが、音になれてくると今では、そんなに、驚かなくなりました。

40代 女性 まるちゃん

黒色のマンチカンとても可愛いです。子猫の頃に捨てられていたのが、実家の末っ子猫なのですが、はじめはただの黒猫だと思っていました。しかし、1歳でトリミングに行った先のトリマーさんからマンチカンではないですか。と言われて気がつき、新しい獣医さんにも黒色のマンチカンですよと言われましてやっと、確信しました。いいことがおこりそうなそんな気がしました。家族全員で可愛がりました。長男猫と次男猫も末っ子猫のマンチカンちゃんを可愛がってくれました。高齢にはなったものの、今でも仲良し三兄弟です。

20代 女性 うづきまる

黒色のマンチカンは大人しいですが、神経質な性格だということを知り、イメージ通りだと考えられます。
その反面、甘えん坊な一面も兼ね備えているという事で、素直になれない猫ちゃんの性格をそのまま表していると感じられました。

黒色のマンチカンは、神秘的な雰囲気を兼ね備えつつチャーミングな一面も垣間見えるので、飼いたい猫ちゃんの候補の中でもトップです。

黒猫は、不幸を呼ぶとされていますが、こんなに可愛らしい黒猫が不吉な予兆だとは考えられません。
むしろ飼い主にとって癒しを届けてくれる幸福の象徴のような存在であると言えます。

黒猫は他の色の猫と比べると、どの猫種も普及数が少ないように感じられます。
しかし、黒猫には黒猫にしかない魅力があるので、黒い猫のチャームポイントをより多くの飼い主に知ってもらいたいです。
人気のキーワード