マンチカンとスコティッシュフォールドの違い

マンチカンとスコティッシュフォールドの違い

マンチカンとスコティッシュフォールドの違いと言えば、何が思い浮かびますか?マンチカンと言えば短足、スコティッシュフォールドと言えば垂れ耳ですが、マンチカンとスコティッシュフォールドの違いはそれだけなのでしょうか。マンチカンとスコティッシュフォールドの違いについてまとめました♪

1905view

マンチカンとスコティッシュフォールドの外見の違い

マンチカンの子猫

早速、マンチカンとスコティッシュフォールドの違いについて紹介していきます。まず、違いとして一番分かりやすいのが、マンチカンは短足、スコティッシュフォールドは垂れ耳という特徴ですよね。

しかし、マンチカンにも長足が、スコティッシュフォールドにも立ち耳の猫ちゃんが居ます。寧ろ、マンチカンの短足が生まれる確率は20%程度、スコティッシュフォールドの垂れ耳が生まれる可能性は30%程度とされており、短足、垂れ耳の個体が生まれる確率はそう高くありません。マンチカン、スコティッシュフォールドの最大の特徴と言える短足、垂れ耳は確立されたものではないのです。

また、マンチカンとスコティッシュフォールドは、被毛の色や柄については全ての色柄が認められている為、被毛の色柄で違いを見分ける事は困難です。マンチカンは、体に対して顔が大きい、スコティッシュフォールドは丸顔でマズル部分が膨らんでいる等、それぞれの特徴が全くないという訳ではありませんが、個体差もある為、長足のマンチカンと、立ち耳のスコティッシュフォールドの場合、一見して品種を判断するのは少々難しいかもしれませんね。その為、短足や垂れ耳といった外見的な特徴がない場合は、血統書を確認するという方法が一番確実です。

マンチカンとスコティッシュフォールドの性格の違い

スコティッシュフォールドの子猫

上記では、マンチカンとスコティッシュフォールドの外見的な違いについてご紹介しました。次は、マンチカンとスコティッシュフォールドの違いについて、それぞれの性格に注目して見ていきましょう!

マンチカンの性格

マンチカンの性格は

  • 穏やか
  • 好奇心旺盛
  • 人懐っこい

という3つの特徴が挙げられます。特に好奇心旺盛で活発な子が多く、社交的な為、多頭飼いにも向いているとされています。また、臆病な一面もあるので、大きな音や、しつけの際も決して大きな声を出さないように注意してあげましょう。

スコティッシュフォールドの性格

スコティッシュフォールドの性格は

  • 甘えん坊
  • おっとりマイペース
  • ひょうきん

という3つの特徴が挙げられます。とにかく甘えん坊で人懐っこく、飼い主さんにべったりな子が多いようですね。また、人見知りも少ない事から犬のような猫と表現される事も。少しおっちょこちょいで、ひょうきん者な一面もあるようです。

マンチカンとスコティッシュフォールドの性格については、マンチカンは比較的お留守番が得意ですがスコティッシュフォールドはお留守番が苦手…といった違いもあるようです。もちろん、個体差はありますが、マンチカンは活発で遊び大好き!スコティッシュフォールドはおっとり甘えん坊という感じですね。

マンチカンとスコティッシュフォールドのミックス

スコマンチ

マンチカン特有の可愛らしい短足、スコティッシュフォールド特有の可愛い垂れ耳を両方持ち合わせた「スコマンチ」「垂れ耳マンチ」等と呼ばれる猫達をご存知でしょうか。何も知らずに見かければ、その姿はまさに可愛いのミックス!いいとこ取り!と感じるかもしれません。その名の通り、スコマンチと呼ばれる猫はマンチカンとスコティッシュフォールドのハイブリッドです。とっても可愛いスコマンチの何がいけないのか?まずは、それぞれの交配条件から確認していきましょう。

猫の人工繁殖、つまり交配については、それぞれに最低限のルールが定められています。特に、マンチカンとスコティッシュフォールドについては、短足、垂れ耳はそもそも「奇形」である事から、条件については遺伝疾患が生じないよう、十分に注意する必要があるとされています。

主にマンチカンについては、純血種との交配は認めておらず、雑種との交配が推奨されており、スコティッシュフォールドについては、アメリカンショートヘア、ブリティッシュショートヘアとの交配が推奨されています。また、マンチカンの短足×短足や、スコティッシュフォールドの垂れ耳×垂れ耳は、奇形や遺伝性疾患が生じる確率が格段に上がる為、タブーとされています。

ここまでを考えてみると、短足×垂れ耳のスコマンチという猫が生まれてくる事自体、不思議に思われたのではないでしょうか。純血種との交配を認められていないマンチカンと、アメリカンショートヘア等との交配が推奨されているスコティッシュフォールドのハイブリッドという事は、交配のルールを無視しているという事にもなりますね。

そもそもマンチカンや、スコティッシュフォールドに関しては遺伝疾患が多いという見解から、いくつかの主な血統登録団体に認められていない品種でもあります。どちらの特徴も突然変異で生じたものであり、人が好むからと言って遺伝疾患を無理に生み出す必要はないという見解から、そもそも品種として認めるべきではなく、猫達の健康を守る為にも、繁殖を禁止すべきだという声も挙がっている程です。

もちろんスコマンチというのは、通称であり品種として認められていません。とっても可愛いスコマンチですが、スコマンチを家族として迎える場合は、基本的に禁止されている交配で生まれてきたという事をしっかり頭に置き、様々なリスクを覚悟しておく事が必要ですね。

まとめ

3匹の子猫

マンチカンとスコティッシュフォールドの違いについてご紹介しましたが、確かに最大の特徴である短足や垂れ耳以外で違いを見つけるのは難しそうですね。もちろん、マンチカンやスコティッシュフォールドと暮らしている方であれば、細かい違いにも気付く事が出来るのかもしれませんが…。皆さんも、機会があればマンチカンとスコティッシュフォールドの違いを探してみて下さいね♪

▼マンチカンについて詳しく知りたい方はこちら
マンチカンの特徴や性格とは?値段相場から飼い方まで

▼スコティッシュフォールドについて詳しく知りたい方はこちら
スコティッシュフォールドの性格や特徴、値段から飼い方まで

人気のキーワード