猫を快適で安全に運動をさせる方法

猫を快適で安全に運動をさせる方法

猫は好奇心が旺盛な動物なので、おもちゃに関心を持つようになります。猫は上下運動が好きな動物なので、キャットタワーなどを設置してあげるのもお勧めです。

1925view

猫を安全に快適に遊ばせる方法

走る猫

猫は基本的には好奇心が旺盛な性質を持っていますし、生後2か月ぐらいになると、狩猟本能が出てくるため、おもちゃや動く物に反応するようになります。子猫の場合は猫じゃらしを目の前で振ってあげたり、ねずみの形状のおもちゃなどを用意しておくと、遊ぶようになります。

猫が毛布を前足で踏んでいたり、甘えた仕草で近づいてくる時は、遊んでほしいサインなので、おもちゃを使って遊んであげると良いでしょう。

ペットショップやホームセンターなどでは、ボールになった形状のおもちゃも販売されているので、関心を持つことが多いです。

ボールに鈴が入っている商品は、動くと音がするので反応しやすいです。誤飲などを防ぐために、羽が付いている商品や、ひもなどは避けたほうが良いでしょう。

ペットショップやホームセンター、インターネット通販などでは、安全性の高い素材で作られたぬいぐるみなども販売されています。後ろ足で蹴って遊べる蹴りぐるみなども、購入しておくと便利です。

自宅にキャットタワーを設置してあげよう

キャットタワー

猫は運動神経が良く、身軽なので階段の上り降りなどの上下運動を好む傾向があります。マンションなどの狭い部屋で生活をしている場合は、階段がないことも多いです。

猫の運動不足を解消するために、箪笥などの家具を運動しやすいように配置替えをしたり、キャットタワーを設置してあげると良いでしょう。

キャットタワーは天井に設置できるタイプや、コンパクトな形状の商品、ハンモックなどが付いている商品もあります。日本製の信頼できる会社の商品は、安全性に優れており、安定感があるので転倒などの怪我を防ぐ効果があります。

多少はお値段が高めでも、安全性が重要なので高品質な素材を使用した商品がお勧めです。子猫の場合は、比較的高さの低い商品を設置してあげると良いでしょう。

麻ひもはホームセンターなどで販売されているので、爪とぎなどで老朽化してきたら、交換をしてあげて下さい。

猫はなるべく深夜は寝かせることが大事

スマホを見る猫

猫は基本的には狩りをする動物ですが、人間に飼いならされていると夜間は眠るようになります。早朝や深夜などに騒いでしまうと、近隣に迷惑を掛けたり、睡眠を妨害されてしまうので、深夜は寝かせる習慣を付けることが大事です。

子猫のうちから、きちんと躾をしておくと、夜間や深夜は騒がないようになるので、毎日のお世話がとても楽になります。

まとめ

遊ぶ猫

基本的には猫は好奇心の強い動物なので、おもちゃに関心を持つようになります。ホームセンターやペットショップでは、ぬいぐるみやボール、ねずみなどの形状のおもちゃが販売されています。

猫の運動不足を解消するためには、運動しやすい家具の配置にしたり、キャットタワーを設置してあげると良いでしょう。子猫のうちから、夜間や深夜は寝かせるように躾をしましょう。

スポンサーリンク