猫を2匹飼うメリット、デメリットお迎えの時期や飼い方まで

猫を2匹飼うメリット、デメリットお迎えの時期や飼い方まで

猫2匹を飼う場合、どのようなメリットやデメリットが発生するのか、どのタイミングで2匹目を迎え入れ。るかといった疑問について、この記事で詳しく解説していきます。最初に猫を飼った時と、猫2匹を飼う時では注意点が微妙に異なるため、これから2匹目の猫を迎え入れる予定がある人は必見ですよ.

5596view

猫を2匹飼うメリット

寄り添い合う猫

猫を飼う人が増えている近年。1匹の猫を飼い始めたのをきっかけに、猫の魅力にとりつかれてさらに新しい、2匹目の猫をお迎えしたいと考える人は少なくありません。猫2匹飼うとなると確かに手間はかかりますが、実は2匹飼うことのメリットもたくさんあるのです。猫を2匹飼うことにどのようなメリットがあるのか、見ていきましょう。

猫が寂しさを感じにくくなる

寂しがり屋な性格の猫は、飼い主さんがいない時間帯、お留守番などが多いと寂しさからストレスをかかえることがあります。そのような猫は、2匹目の猫が増えることによって寂しさを紛らわすことができ、ストレスを感じにくくなるので、猫を2匹飼ってみることもおすすめです。

仕事や学校などで家を空けることが多い人は、今いる猫のストレス解消のために、もう一匹猫をお迎えして2匹飼うことを検討してもよいでしょう。

運動不足解消に繋がる

猫2匹を飼うことは、猫たちの運動不足解消に繋がるといったメリットを持っています。室内飼いの猫は、外飼いの猫や野良猫と比べると、どうしても運動量が不足しがちです。猫を一匹しか飼っていない場合、飼い主さんがかまってあげられる時しか運動をしない猫もいるため、肥満に陥る猫も少なくありません。

しかし、猫2匹が家の中にいれば2匹の猫同士で追いかけっこをしたり、2匹でじゃれ合ったりする可能性が出てくるので、1匹だった時よりも2匹になれば運動量が増えることが考えられます。猫の健康を保つ上で適度に運動することは大事なので、猫の運動不足が心配な場合も、猫2匹を飼うことを検討してみてはいかがでしょうか。

猫同士がじゃれている所を見られる

猫1匹だけでは決して見ることができない姿。それは猫同士でじゃれ合っている姿です。1匹だけでも猫は十分可愛いですが、2匹の猫同士でじゃれ合っている姿は、猫好きさんの心をギュッと鷲掴みにすること間違いなし。猫2匹以上を飼うことによって、可愛い猫たちのじゃれ合いの様子をいつでも見ることができちゃいます。

猫を2匹飼うデメリット

喧嘩をする猫

猫2匹を飼うとなると当然メリットだけでなく、デメリットも出てきます。猫2匹を飼う前に、必ず以下のデメリットについてよく考えた上でアクションを起こしましょう。

相性が悪いと喧嘩に発展する

猫も人間と同じように相性があります。性格的に合う猫もいれば、ちょっと一緒にいるだけですぐに喧嘩に発展する猫もいるのです。相性を無視した状態で猫2匹を飼い始めた結果、相性が悪くて毎日喧嘩ばかりするといった事態を引き起こすこともあります。

そのような事態を避けたいのであれば、トライアルができる猫を2匹目として迎え入れると良いでしょう。保護猫施設などで引き取る猫は、トライアル期間を設けていることも多いです。

費用が余計にかかる

猫2匹を飼うとなると、費用もそれだけ余分にかかります。新入り猫のための猫用トイレや食器、寝床などの初期費用もかかりますし、定期的に必要となる猫砂代や餌代は今までの倍になります。

毎年受けるワクチンの費用や、病院にかかる機会も増えるため、それだけの費用を捻出できるかどうか計算した上で、2匹目を迎え入れるか決めましょう。

2匹目の猫をお迎えするタイミング

キスをする猫

猫2匹を飼うと決めた場合、どのタイミングで2匹目の猫を迎え入れるのがよいのでしょうか。一般的には、先住猫がまだ子猫のうちに2匹目の猫を迎え入れると良いと言われています。というのも、子猫のうちは警戒心もまだ弱いことが多く、他の猫と一緒に成長していくことにより猫の社会勉強にもなるため、他の猫を迎え入れるタイミングとして適しているのです。

2匹目の猫を飼うための準備

窓辺で寄り添う猫たち

猫2匹を飼うと決めたら、新しい猫がやってくる前に、以下のような準備を前もってしておきましょう。

トイレを増設

猫を2匹飼うことにした場合には、猫用トイレは基本的に猫1匹につき1個用意してあげましょう。先住猫が今まで使っていた猫用トイレは、先住猫のにおいが染み付いています。そこに別の猫が排泄してしまうと、先住猫が嫌がる可能性があるのです。

他の猫のにおいがするトイレを嫌って排泄を我慢してしまうこともあるため、そのようなストレスをなくすためにも、猫2匹を飼うのであればそれぞれ専用のトイレを設置しましょう。

隠れられる場所を作る

猫2匹を飼う場合は、それぞれが隠れられるスペースを作ってあげましょう。最初のうちはお互いに落ち着かなくて、一匹になれる空間を欲しがる可能性があります。

一匹になれる空間があれば、お互いにストレスを軽減できるため、猫用ハウスやからだを隠せるダンボール箱などを用意しましょう。

ケージを用意する

最初に猫を飼った時に購入する人も多いですが、猫用ケージは猫2匹を飼う上で必需品といえます。新しい猫が家にやってきた当日にいきなり家の中に放ってしまうと、先住猫がびっくりする可能性があります。そのため、はじめのうちはお互いを隔離するために猫用ケージをひとつ用意しておきましょう。

2匹目の猫専用の食器を用意する

猫用トイレと同じように、猫用食器も猫1匹につき1つずつ用意してあげましょう。猫2匹を飼っている状態で、同じお皿から餌を食べさせてしまうと餌の取り合いになることがあります。

力の強い猫の方が力の弱い猫の分の餌まで食べつくしてしまう可能性もあるため、そのようなトラブルを避けるためにも猫用食器は別々にしておきましょう。

2匹目の猫をお迎えした初日にする事

ケージに入っている子猫

2匹目の猫を家に連れて帰ってくる初日。先住猫と対面させるドキドキの日でもありますよね。初日は猫2匹とも緊張状態になることが予想できるため、できるだけそっと対面させましょう。

先述したように、2匹目の猫がやってきた初日はケージ越しで対面をさせてください。直接対面してしまうと、お互いにびっくりしてしまって喧嘩になることもあるため、ケージに入れるのは必須です。

また、この時必ず新入り猫の方をケージに入れてください。今まで自由に家の中で行動していた先住猫が、ある日いきなり新入り猫のせいでケージに閉じ込められてしまうと、大きなストレスを感じてしまうため注意しましょう。

猫同士を仲良くするポイント

くっついて眠る猫たち

猫2匹をお互いに仲良くさせるには、無理に近づけすぎないことが重要です。見ず知らずの猫同士が、ある日を境にいきなり同居するのですから、徐々に環境に慣らしてあげましょう。また、若干相性が悪い時は、それぞれの猫を別々の部屋に置いておき隔離することも大切です。

まとめ

階段でくつろぐ猫たち

猫2匹を飼う場合、事前に検討すべき事項や準備すべきことがたくさんあります。先住猫にとって大きなストレスとならないよう、2匹目の猫を迎え入れる時は慎重に考えて、アクションを起こしていくことが重要です。

40代 女性 なつき

我が家は、多頭飼いをしています!
初めは先にオス猫を飼っていましたが、あとからメス猫を保護して飼い始めましたが最初はもちろん別に飼っていました。しかし、ケージ越しにお互いに興味を持ち出して、スリスリをし始めました。
なので、一緒にしてみると仲良く過ごしはじめましたので、メス猫をお嫁さんとして我が家に迎えました。ほどなくして、メス猫は妊娠しまして可愛い子猫ちゃんが4匹生まれました。
いまでは、別々の家庭で飼われていますが、多頭飼いも、猫ちゃん達の気が合えばあまり、問題はおこりませんので、安心してくださいね。